2021年12月1日更新

映画『MOTHER マザー』の動画を配信中のサブスクはここ!【無料視聴できる】

映画『MOTHER マザー』の動画を無料配信中のサブスクを紹介!

実際の祖父母殺害事件にヒントを得て制作された映画『MOTHER マザー』。2020年7月に公開され、長澤まさみが「救いようのない母親」を演じたことで大きな話題になりました。

実話がベースの『MOTHER マザー』!実際に起こった事件とは

『MOTHER マザー』は、2014年に実際に起きた「川口祖父母殺害事件」をモチーフにしています。浪費癖のある母親に振り回され、まともな愛情を向けられずに育った17歳の少年が、お金のために祖父母を殺してしまったというこの事件。 彼の生い立ちを記したノンフィクション本『誰もボクを見ていない』を読むと、事件を起こした彼もまた被害者だったことが分かってきます。 本作はあくまでフィクションなので、もちろん実際の事件とは違う点も多いです。しかし、少年が置かれた過酷な環境やそのせいで少しずつ何かが狂っていく過程は痛いほどに伝わってきます。 いわゆる「毒親」の存在や、ネグレクトといった社会問題を真正面から扱い、視聴者に実際の現実問題について改めて深く考えさせる作品です。

『MOTHER マザー』のあらすじ・キャスト

公開日2020年7月3日
ジャンルヒューマンドラマ
再生時間126分

『MOTHER マザー』のあらすじ

シングルマザーの秋子(長澤まさみ)は、息子の周平と堕落したその日暮らしを送っていました。実家に行き金を無心しますが、追い出されてしまいます。そんな中、秋子はホストの遼(阿部サダヲ)と昼間にゲームセンターで出会い、一緒に暮らし始めました。 秋子はまだ小さい周平を部屋に置き去りにして遼と出かけ、何日も帰らないこともしばしば。生活保護のお金も、遊びで使い切ってしまいます。そして2人は、秋子に好意を持っている市役所職員・宇治田(皆川猿時)を罠に嵌めることを思いつきました。 しかし、遼ははずみで宇治田を刺してしまい、一家はラブホテルなどを転々とする逃亡生活を送る羽目になってしまいます。そんなとき、なんと秋子が妊娠して……。

『MOTHER マザー』の主な登場人物&キャスト

三隅秋子役/長澤まさみ

三隅秋子は自堕落な生活を送るシングルマザーで、周平の母親です。昼間からパチンコやゲームセンターへ入り浸り、仕事は基本的にしません。男性とゆきずりの関係を持つこともしばしば。川田遼という男性と出会い、生活はさらに荒んでいきます。 三隅秋子を演じたのは、女優・長澤まさみ。東宝芸能に所属しています。2004年公開の映画『世界の中心で、愛をさけぶ』に出演して広く知られるようになり、近年は2019年公開の『キングダム』や「コンフィデンスマンJP」シリーズなど、人気映画やドラマに数多く出演しています。

三隅周平役/奥平大兼

三隅周平は秋子の息子。幼少期から母秋子の荒れた生活に翻弄され、歪んだ愛情を受け続けてきました。妹の冬華が生まれてからは学校もろくに行かず、家で彼女の面倒を見ています。 三隅周平を演じたのは俳優の奥平大兼。初めてのオーディションが本作で、大抜擢されてこの役を勝ち取りました。幼少期は郡司翔が演じています。

『MOTHER マザー』の見どころ

『MOTHER』
©︎2001-2021 SOCIALWIRE CO.,LTD. All rights reserved.

見どころ①:衝撃的な結末に至るまでの人間模様

映画『MOTHER マザー』では、周平の幼少期から16〜17歳になるまでが描かれています。 母親の秋子は、子どもの面倒を見ない、仕事をしない、男遊びが多いなど世間的に考えるとかなり問題のある母親。そこへさらに性格に問題のあるホスト・遼が加わり、周平の生活は大きく崩れていくのです。 生活が変わっていく中で、周平の心境はどのような変化を遂げていったのでしょうか。その点にスポットを当てると、本作をより深く楽しむことができます。なぜ衝撃的な結末となってしまったのか。そこに至るまでの人間模様に、大きな醍醐味があるのです。

見どころ②:母と子の愛の形

長澤まさみ演じる秋子は、母親失格と言われても仕方ないような生活を送っていますが、それでも周平のことを深く愛しています。周平も、戸惑いながらも母親の愛を根底に感じているのです。2人の絆は倫理や世間的なものから大きく逸れていますが、深い部分でしっかりと結びついています。 この親子関係をどのように捉えるのか。観る人の価値観によって様々な解釈が生まれるでしょう。現代社会における多くの問題を内包しているほか、親子の本質について考えることができる傑作です。

見どころ③:こんな長澤まさみ観たことない!

長澤まさみといえば、もともと清純派な面を前面に押し出されていたこともあり、ピュアでまっすぐなイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。実際、本作までの作品で彼女は、王道ヒロインや健康的なキャラクターを演じることが多かったです。 しかし本作において彼女は、とことん欲望に忠実な秋子という役を通し、女優としての新境地を開きました。秋子は作中、さまざまな男に猫なで声ですり寄ったり、親や知人に金をせびったり、息子を自分の都合で振り回したりと、あらゆる意味でダメ人間っぷりをみせています。 周りときちんとした人間関係を作り上げることができない、そんな秋子という人間の虚しさやかなしさを、長澤まさみは見事に演じ切りました。他ではなかなか見られない、彼女の生々しい演技にぜひ注目してみてください!

『MOTHER マザー』と一緒に観たい!おすすめの類似作品

万引き家族

『万引き家族』
​(C)2018『万引き家族』 製作委員会

「本当の家族とは何か」という問いや貧困という問題に真正面から向き合った作品。児童虐待やネグレクトについても描かれていて、『MOTHER マザー』と共通する部分も多くあります。第71回カンヌ国際映画祭では最高賞にあたるパルム・ドールを受賞しました。 東京の下町で暮らすとある一家は、生活費を稼ぐため万引きを繰り返す生活を送っています。そんなある日、彼らは寒空の下で凍えていた少女を保護し、彼女を娘として育てることになるのですが……。

星の子

『MOTHER マザー』と同じく、大森立嗣が監督を務めた作品。今村夏子による同名小説を原作としていて、宗教と家族という問題が描かれています。 主人公・ちひろの両親は、幼い頃病弱だったちひろを治してくれたという宗教を信仰していました。そんな家庭に何の違和感も抱いていなかったちひろですが、ある日起こった事件がきっかけで、これまでの価値観を大きく揺さぶられることになってしまい……。

『MOTHER マザー』の気になる疑問とQ&A

『MOTHER マザー』を配信しているサービスは?

2021年11月現在、『MOTHER マザー』を配信しているサービスは「Amazonプライム・ビデオ」です。その他、TSUTAYA DISCASなどでもレンタル配信中です。

『MOTHER マザー』はどんな人におすすめ?

社会問題に興味がある人におすすめ。子どもを守るため、周りの大人たちに何ができるのか改めて考えるいい機会になるはずです。長澤まさみや阿部サダヲをはじめとした豪華キャストの演技にも注目してみてください。

映画『MOTHER マザー』の動画は配信中のサブスクを活用して無料視聴しよう!

長澤まさみがキャリア初の毒親を務めた映画『MOTHER マザー』。そのあらすじや見どころ、登場人物キャスト、本作が配信中の動画配信サービスを紹介してきました。 倫理的なタブーに触れつつ、母親と子どもの関係を生々しく描いた衝撃作をぜひ視聴してみましょう。良い悪いではひとくくりに語れない、親子の本質が垣間見えるかもしれません。