2021年10月12日更新

映画『ミッドナイトスワン』の動画を配信中のサブスクはここ!【無料あり】

『ミッドナイトスワン』
©2020Midnight Swan Film Partners

映画『ミッドナイトスワン』の動画を配信中のサブスクはここ!【無料あり】

映画『ミッドナイトスワン』の作品概要

公開年 2020年
再生時間 124分
ジャンル ヒューマンドラマ

映画『ミッドナイトスワン』のあらすじ

主人公の凪沙は、ニューハーフショークラブ「スイートピー」で働くトランスジェンダー。彼女は華やかなステージで踊りながらも、心と身体の葛藤を抱えていました。 そんな彼女が預かることになったのは、実母からネグレクトされた遠い親戚の少女・桜田一果。 子ども嫌いの凪沙は一果に対して厳しく接しますが、日々を共に過ごす中で彼女の苦しみやバレリーナとしての才能を知ります。やがて、凪沙には「母」としての感情が芽生えるのでした。

登場人物&キャスト紹介

凪沙役/草なぎ剛

『ミッドナイトスワン』
©2020Midnight Swan Film Partners

※画像左

主人公・凪沙は地元の広島を離れ、新宿のニューハーフショークラブで働くトランスジェンダー。自身の性を社会に認められず、息苦しさを感じています。ある日、養育費目当てで親戚の娘である桜田一果を預かることになり、やがて本物の「母性」に目覚めるのですが……。 凪沙を演じたのは、俳優の草なぎ剛。俳優以外にも、声優、歌手、YouTuberなどとしてマルチに活躍しています。ドラマ『任侠ヘルパー』、映画『台風家族』など、さまざまな作品に主演として出演してきました。

桜田一果役/服部樹咲

※画像右

桜田一果は、バレリーナになることを夢見る中学生の少女。実の母親から育児放棄され、親戚の凪沙のもとに預けられた後も、密かにバレエ教室に通い続けました。心と身体の性別が食い違う凪沙に最初は戸惑いますが、彼女から注がれる愛情に心を開いていきます。 桜田一果を演じたのは、女優・バレエダンサーの服部樹咲(画像右から2番目)。女優としては本作が初出演ですが、バレリーナとしての実力が役にはまり、オーディションで抜擢されました。

桜田早織役/水川あさみ

※画像左

桜田早織は、一果の実の母親。娘に暴力をふるい、泥酔して近所の人を怒鳴りつけるなど、気性の荒さが目立ちます。ついには育児を放棄し、一果を凪沙に強引に預けてしまうのですが、娘への愛情が全くないわけではなく……。 桜田早織を演じたのは、女優の水川あさみ。代表作には、2002年の映画『仄暗い水の底から』、2008年のドラマ『夢をかなえるゾウ』などがあります。

『ミッドナイトスワン』の見どころは?

見どころ①:十人十色の感想が生まれる重層的なストーリー

映画『ミッドナイトスワン』の見どころは、監督の内田英治が手がけたオリジナルストーリーです。1つ間違えば作品全体をチープにしかねない「血のつながりや性別を超越した愛」が、リアルかつ重層的に描かれています。 本作は現代的で複雑なテーマを扱っているため、観る人によってさまざまな感想が生まれることでしょう。 そんな魅力的なストーリーをゆっくりと味わいという方には、内田監督自ら執筆した小説版『ミッドナイトスワン』がおすすめ。併せてチェックしてみてください。

見どころ②:初挑戦の連続を経験した主演俳優たちの演技

素晴らしいストーリーの魅力を深めるカギを握るのは、メインキャラクターを演じる役者たちの演技です。  主人公・凪沙役の草なぎ剛は、本作で初めてトランスジェンダーの役を務めました。物語が進む中で、面倒ごとでしかなかった一果に慈愛に満ちたほほ笑みを見せるようになる凪沙。草なぎはそんな彼女の変化を巧みに表現し、演技の幅を広げました。 また本作で女優デビューした一果役の服部樹咲は、新人とは思えない演技力を発揮しています。彼女の大きな見せ場であるバレエシーンはもちろん、表情や声の抑揚にも注目してください。

動画配信サービスで映画『ミッドナイトスワン』を無料視聴しよう!

以上、映画『ミッドナイトスワン』の配信状況とあらすじ、キャスト&登場人物、見どころをお伝えしました。 さまざまな愛の形を描いた本作を観たくなった人は、本記事で紹介したサービスを活用しましょう!