2020年12月5日更新

DC映画『ジャスティス・リーグ』の動画を無料で観られる配信サービスを紹介【日本語字幕/吹き替えあり】

『ジャスティス・リーグ』
(c)Warner Bros./Photofest/zetaimage

「DCコミックス」のスーパーヒーローたちが集結し、共通の敵に立ち向かう物語を描いたDC映画『ジャスティス・リーグ』(2017年公開)。本記事では、魅力たっぷりの本作の動画が無料で観られる配信サービスを、映画の見どころと共に紹介していきます。

目次

DC映画『ジャスティス・リーグ』を無料で観られる動画配信サービスってある?

「DCコミックス」に登場するヒーローたちが作品の枠を超えて、共通の脅威に立ち向かう映画『ジャスティス・リーグ』。単なる夢の共演にとどまらない、さまざまな魅力が目白押しの本作は、日本では2017年11月23日に公開されました。 本作は続編である「ジャスティス・リーグ2」の製作も決定しており、2020年11月現在計画が進行中であることを監督のザック・スナイダーが示唆しています。 本記事では、DC映画『ジャスティス・リーグ』を視聴することができる動画配信サービスを紹介していきましょう。

DC映画『ジャスティス・リーグ』の動画を配信中のサービス一覧【日本語字幕/吹き替え】

VODサービス 視聴 見放題・
無料レンタル
有料レンタル
amazon
プライム
ビデオ
今すぐ観る - ◎(吹替/字幕)
U-NEXT 無料で観る ◎(吹替/字幕) -
TELASA 今すぐ観る ◯(吹替) -
TSUTAYA
TV
今すぐ観る - ◯(吹替/字幕)
ビデオ
マーケット
今すぐ観る - ◯(吹替/字幕)
dTV 今すぐ観る - ◯(吹替/字幕)
Netflix - - -
Hulu - - -

※配信状況は12月3日時点のものです。

DCコミック作品の実写版『ジャスティス・リーグ』が配信されているサービスは、Amazonプライムビデオ、U-NEXT、TELASA、TSUTAYA TV、ビデオマーケット、dTVの6つです。 そのうちAmazonプライムビデオとU-NEXTは、『ジャスティス・リーグ』に限らずDC作品の品揃えが豊富!共通の世界観をもつ作品群・DCエクステンデッド・ユニバース(DCEU)の映画全8作が揃っているのです。 TELASA(テラサ)では見放題で観ることができますが、日本語吹き替え版のみとなっています。そのほか、TSUTAYA TV、ビデオマーケット、dTVではそれぞれ有料でレンタルすることが可能です。 次項からはおすすめの配信サービスについて、詳細を紹介していきます。特にDCファンの人には必見のサービスを紹介しているので、チェックしてくださいね!

おすすめはAmazonプライムビデオ!DC映画・DCドラマが豊富

Amazonプライムビデオでは、映画『ジャスティス・リーグ』を高画質で299円で観ることができます。お試し期間を利用すれば、30日(学生は6ヶ月間)無料で登録することができますよ! 本サービスでは『ジャスティス・リーグ』に限らず、DC作品の品揃えが豊富です。共通の世界観をもつ映画作品群・DCエクステンデッド・ユニバース(DCEU)全8作のみならず、DCコミックス原作のドラマ作品群「アローバース」の全5作も揃っており、DCファンにはイチオシの配信サービス! 日本語吹き替え版でも字幕版でも楽しむことができるので、ぜひチェックしてみてください。

U-NEXTでも『ジャスティス・リーグ』の動画を無料で観られる

U-NEXTでは映画『ジャスティス・リーグ』を見放題配信しているので、U-NEXTに登録していれば何度でも作品を楽しむことができます。また無料期間が31日あるので、本作を実質無料で視聴することができますよ。 さらにU-NEXTでは、2013年公開の『マン・オブ・スティール』から始まるDCEU映画全8作に加え、『ARROW / アロー』(2012年)をのぞくDCドラマ作品群「アローバース」4作が配信中。 DCEU・アローバースの全作品揃ったAmazonプライムビデオには敵いませんが、DCファンにもおすすめできるサービスです。 『ジャスティス・リーグ』1作のみ観たいという人は、U-NEXTのお試し期間を利用して無料で観てみてはいかがでしょうか。

映画のあらすじ

自らの命を犠牲にして世界を救ったスーパーマンの勇姿を目の当たりにしたバットマンことブルース・ウェインは、それまでの「自分の正義が全て」という考え方を改め、他の仲間たちをスカウトし、皆で協力して悪を討つことにします。 しかしバットマンのスカウトは、なかなか順調に進みません。様々な過程を経てようやくスーパーヒーローたちがバットマンの下に集結し、彼らは「ジャスティス・リーグ」として大きな脅威に立ち向かうことになりました。 本作で彼らの脅威となるのは、強大な力を秘めた装置「マザーボックス」の奪取を狙うステッペンウルフとその手下パラデーモンの存在。地球を救うため、スーパーヒーローたちが立ち上がるのです。

登場人物&キャスト

スーパーマン/ヘンリー・カヴィル

ヘンリー・カヴィル
©Graham Whitby Boot

DCコミックスの代表的存在といえるスーパーヒーローのスーパーマンは、本作ではとある理由により、ジャスティス・リーグの脅威として登場します。スーパーマンの身に何があったのか、必見ですね。 本作でスーパーマンを演じるのは、DC映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016年)でも同じく彼を演じたヘンリー・カヴィルです。

バットマン/ベン・アフレック

ベン・アフレック
©︎Adriana M. Barraza/WENN.com

スーパーマンと人気を二分する存在のバットマン。本作では「ジャスティス・リーグ」の中心的な存在として活躍し、スーパーヒーローのスカウトに奔走します。 本作でバットマンを演じるのは、本作の前日譚である映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』で同じくバットマン役を担当したベン・アフレックです。

ワンダーウーマン/ガル・ガドット

ガル・ガドット
FayesVision/WENN.com

人間と神の子として生まれ、人間世界に住みながらも超越的な力を持つワンダーウーマン。スーパーマンの死を経てバットマンと協力することを決意し、「ジャスティス・リーグ」に参加します。 本作でワンダーウーマンを演じるのは、DC映画『ワンダーウーマン』(2017年)で主演を務め、ワンダーウーマン役としての評価が定着したガル・ガドットです。

映画の見どころ

ジャスティス・リーグ
Supplied by LMK

映画『ジャスティス・リーグ』の魅力は、なんといっても映像美。監督のザック・スナイダーはCGやVFX(視覚効果)を駆使して仮想世界を作り上げる名手であり、本作でも現実離れしたスーパーヒーローの住む都市の世界観を楽しむことができます。 また本作の「ジャスティス・リーグ」は、マーベルで例えると「アベンジャーズ」にあたる存在です。DCコミックスのヒーローたちが作品の枠を超えて集結し、それぞれのキャラクターが持つ魅力を存分に発揮します。 単体でも恐ろしいほどの力を発揮するヒーローたちが集結すると、いったいどれほどの力が生まれるのでしょうか?スーパーヒーローたちが生み出す激しいアクションとドラマに注目です。

DC映画『ジャスティス・リーグ』を無料で!動画配信サービスで観よう

『ジャスティス・リーグ』DC
(c)Warner Bros./Photofest/zetaimage

この記事では、映画『ジャスティス・リーグ』の様々な魅力について紹介してきました。2020年現在続編の製作も進行中の本作ですが、超人的な力を持つ「ジャスティス・リーグ」の面々の前に、今度はどんな困難が待ち受けているのでしょうか。 続編の公開を楽しみに待ちながら、本作の魅力を動画配信サービスで存分に味わいたいですね。