2020年12月25日更新

12/25配信!『ソウルフル・ワールド』のフル動画を無料視聴する方法 追加料金なし【字幕・日本語吹き替え版】

『ソウルフル・ワールド』
©2020 Disney/Pixar

『ソウルフル・ワールド』は、12月25日よりディズニープラスで独占配信中のアニメーション映画です。今回の記事では、本作の視聴方法や配信料金のほか、あらすじや登場キャラクターについても紹介していきます。

目次

映画『ソウルフル・ワールド』のフル動画が12/25より配信開始!追加料金なしで無料で観られる

ディズニープラスで無料視聴できる!
配信サービス 配信状況 無料期間

12/25~
独占配信

31日間無料

映画『ソウルフル・ワールド』は、ディズニーの公式動画配信サービス・ディズニープラスで12月25日から公開されている作品です。

以前同サービスで配信された実写映画『ムーラン』は、月額料金にプラスして追加料金を払う必要がありましたが、本作は追加料金なしで視聴することができます!さらに初回登録初月は月額料金が無料でサービスを利用できるため、ピクサー新作映画『ソウル・フルワールド』を無料で視聴することができます。

この記事では、本作品の視聴方法とあらすじ、作中に登場するキャラクターについて紹介。視聴前の予習としてぜひチェックしてみてください。

※記事中の金額は全て税込表記となっています。

映画『ソウルフル・ワールド』の動画はディズニープラスで配信!無料で視聴できる【字幕・日本語吹き替え版】

ピクサーの新作映画『ソウルフル・ワールド』のフル動画は、2020年12月25日よりディズニープラスで配信中です。

当初は劇場公開される予定でしたが、新型コロナウイルスの影響により劇場公開は中止。ディズニープラスでの独占配信となりました。

本サービスは初回登録の初月、月額料金が発生しない無料期間があります。この期間中であれば映画『ソウルフル・ワールド』のフル動画を、無料で今すぐ視聴することが可能です。

実写映画『ムーラン』(2020)がディズニープラスで配信された際は、追加料金2,980円を支払う必要がありましたが本作は追加料金なし!そのためまだディズニープラスに入っていない人は無料で、すでに入っている人も月額料金のみで楽しむことができます。

映画館で『ソウルフル・ワールド』を観る方法は?

残念ながら2020年12月現在、映画『ソウルフル・ワールド』の日本での劇場公開は予定されていません。そのため、ディズニープラスが作品を視聴する唯一の手段です。日本だけでなく、ディズニープラスが提供されている約30か国でも、同じ対応がとられます。 ちなみにディズニープラスが利用できない国では、いつものように劇場での公開がおこなわれる予定です。

映画『ソウルフル・ワールド』のあらすじ

中学校で音楽教師として働いているジョー・ガードナーは、プロのジャズピアニストになることを夢見ています。ある日彼は、ニューヨークの伝統あるジャズ・クラブ「ブルーノート」で演奏する機会を得た直後、うっかり足をすべらせてマンホールに転落。人間になる前の魂たちが暮らす「ソウルの世界」にたどり着いてしまいました。 そこでジョーは、人間になれないまま何百年も暮らしている22番という魂に出会います。何としても地上に戻りたい彼は、22番を説得して脱出方法を探すための旅に出ることになりますが……。

登場キャラクター・日本語吹き替え声優一覧

ジョー・ガードナー役/日本語吹き替え声優:浜野謙太

「ソウル」ジョー・ガードナー
©Supplied by LMK/zetaimage

ジョー・ガードナーは、ジャズピアニストを目指す音楽教師です。夢が叶うかと思われた矢先、マンホールに落ちて「ソウルの世界」に迷い込んでしまいます。 ジョーの日本語吹き替え声優を務めるのは、ミュージシャン・俳優の浜野謙太。俳優としては強烈な存在感で話題を集め、映画『婚前特急』では第33回ヨコハマ映画祭・最優秀新人賞を受賞しています。

22番役/日本語吹き替え声優:川栄李奈

「ソウル」22 ジョー・ガードナー
©Supplied by LMK/zetaimage

22番は何百年も魂の姿で過ごし、人間になることを拒否してきたソウルです。ひねくれもので、誰の言葉も素直に聞き入れようとしません。ジョーとの出会いで少しずつ変わっていきますが……。 22番役は、女優の川栄李奈が日本語吹き替えを担当しています。彼女はAKB48の元メンバーで、2015年に卒業してからは女優に転身。劇場アニメ『きみと、波にのれたら』で主人公の向水ひな子役を務めるなど、声優としての活動もしています。

ポール役/日本語吹き替え声優:木村昴

ポールは、ジョーが通っている理容店の客の1人で、ジョーの「宿敵」でもあります。 ポールの日本語吹き替えを演じるのは、声優の木村昴。彼は『ドラえもん』のジャイアン役としてデビューして以来、さまざまな作品に出演し、「ヒプノシスマイク」シリーズで大ブレイクしました。本作では、日本版エンドソングであり劇中歌でもあるラップ曲「ラッピン・セド」の日本語訳と歌も担当しています。

瑛人が吹き替え声優として映画にカメオ出演 楽曲も提供

『ソウルフル・ワールド』には、「香水」で大ブレイクした歌手・瑛人もカメオ出演しています。彼が演じるのは、ニューヨークの地下鉄ホームで弾き語りをする男。作中では「愛に満ちた世界」という、ジョーと22番に影響を与えることになる重要な曲を歌います。 オーディションでこの役に決まった瑛人は、「飛び跳ねるくらい喜びました」と心境を語りました。役柄と同じように、ストリートミュージシャンをしていたことがあるとのエピソードも明かしています。

『ソウルフル・ワールド』の日本語版主題歌を歌うのはJUJU

『ソウルフル・ワールド』の日本語版エンドソングを担当するのは、歌手のJUJU。2006年に発売した自身の楽曲「奇跡を望むなら...」をジャズバージョンにアレンジした「奇跡を望むなら... (ソウルフル・ワールドver.)」を提供しています。 そのほか、木村昴の「ラッピン・セド」、瑛人が歌う劇中歌「愛に満ちた世界」など、音楽面での魅力もたっぷり。劇中で使用されるジャズもたまらなく素敵です。

映画『ソウルフル・ワールド』のフル動画はディズニープラスで配信中!今すぐ無料で観よう

今回の記事では、映画『ソウルフル・ワールド』の動画視聴方法、あらすじ、キャラクターなどについて紹介してきました。「魂」をテーマにした、生きる意味について考えさせられる作品です。劇中で使用される音楽はどれも素敵で、ノリノリで観ることができます。 公式動画配信サービス・ディズニープラスを使って、いち早く&無料で作品を楽しみましょう!