2021年10月14日更新

映画『街の上で』の動画を配信中のサブスクはここ!【無料あり】

街の上で
©『街の上で』フィルムパートナーズ

映画『街の上で』の動画を配信中のサブスクはここ!

映画『街の上で』のあらすじ

主人公の荒川青は、下北沢にある古着屋で働く青年。彼はひとりで行動することが多く、古本屋に足を運んだり飲み屋でひとり呑みをしたり、時折ライブを見に行ったりと、平和で穏やかな日々を送っていました。彼の生活圏や行動範囲はとても狭く、下北沢の外へ出ることがありません。 そんなある日、青はとある美大生から「自主映画に出演してほしい」という依頼をされます。 映画出演という非日常的な出来事が降って湧いてきてから、出演後にかけての何かが変わったようで変わっていないかもしれない青の日常が描かれる物語です。美大生の映画監督、古書店の店員をはじめとして、青が数日間に出会ったさまざまな女性たちの姿も描かれます。

「サブカルチャーの街」下北沢のリアルな雰囲気が描かれる

『街の上で』は、下北沢という街のリアルな雰囲気が描かれた作品です。演劇や映画、音楽、古着などが盛んな「サブカルチャーの街」に対する憧れと、実際にそこで生活する者たちの日常の両方が、監督の実体験に基づいて巧みに描かれています。 実在するお店もちらほら登場するので、下北沢を知る人は思わずニヤリとしてしまうのではないでしょうか。 また、主人公・青の等身大の日常が描かれているのも魅力のひとつです。登場人物同士のやり取りもリアルで、彼らが醸しだすどこか気だるげでゆるい雰囲気が癖になります。出演者たちが見せる絶妙な演技にもぜひ注目してみてください! 鑑賞後には、登場人物全員のことが愛おしく思えてくるはずです。

今泉力哉監督作品『愛がなんだ』もおすすめ!

愛がなんだ
(C)2019「愛がなんだ」製作委員会

『愛がなんだ』は、角田光代の同名小説を実写化した今泉力哉監督作品。ダメ男・田中マモル(成田凌)にぞっこんな女性・山田テルコ(岸井ゆきの)の暴走気味の恋をテーマにした恋愛映画です。 主人公のテルコがマモルに執着している様子がリアルでSNSを中心に口コミが広がり、話題になりました。

動画配信サービスで映画『街の上で』を視聴しよう!

本記事では、今泉力哉監督の最新映画『街の上で』のあらすじや見どころについて紹介してきました。気になった人は、ぜひ記事内で紹介したサービスをチェックしてみてくださいね!