2021年10月21日更新

Kindle Unlimited完全解説!料金・どんな作品が読めるのか・評判・デメリットまで総まとめ

Kindle Unlimitedは、月額制の電子書籍読み放題サービスです。毎月の利用料を支払うことで、対象となっている電子書籍を読み放題で楽しむことができます。 料金は月額980円(税込)と、一般的な読み放題サービスと比較すると少々割高ですが、読み放題となっている書籍の数はなんと200万冊にものぼります。 ジャンルに関しても小説や漫画などの娯楽系作品からビジネス書や実用書、果ては楽譜のスコアまで、非常に幅広く取り揃えられており、とにかく本をよく読むという人にはこれ以上ないサービスだといえるでしょう。 本記事ではKindle Unlimitedの料金やラインナップからメリット・デメリット、実際のユーザーの口コミまで総まとめ。自分に合うかどうか考える参考にしてみてください!

Kindle Unlimitedがおすすめな人

  • 毎月2冊以上本を読む人
  • ビジネス書を読みたい人
  • 英語や資格の勉強に使えるサービスを探している人
  • 様々なジャンルの本を読む人

Prime Readingとの違いは?

Amazonがもう1つ展開している電子書籍読み放題サービスに、Prime Reading(プライムリーディング)というものがあります。 Prime ReadingはAmazon Primeの会員特典の1つで、Kindle Unlimitedとは別のサービスです。 2つのサービスの最も大きな違いは読み放題対象の書籍数。Kindle Unlimitedが200万冊読み放題な一方で、Prime Readingは1,000冊程度と非常に少ないラインナップです。そのため書籍の読み放題だけが目的ならKindle Unlimitedの方がおすすめです。

Kindle Unlimitedの特徴【月額料金・作品ラインナップ】

月額料金

Kindle Unlimitedの月額料金は980円(税込)。その他の入会費や年会費、退会費用などの手数料は一切かかりません。 初回登録時は30日間の無料お試し期間が設けられており、自分に合うかどうか実際に使ってみて試すことができます。30日以内に解約すればもちろん料金は発生しません。

作品ラインナップ

Kindle Unlimitedで取り扱っている書籍の数は200万冊以上と膨大で、文字通り本の山と言ってもいいほどです。

小説・評論 40,000冊以上
漫画 50,000冊以上
ビジネス 30,000冊以上
雑誌 10,000冊以上
ラノベ 10,000冊以上
BL 9,000冊以上
TL 8,000冊以上
写真集 10,000冊以上

小説・評論は4万冊以上、漫画は5万冊以上と、娯楽系の本がそろっているのはもちろん、ビジネスマンにとって欠かせないビジネス書に関しても2万冊以上。ビジネス書が豊富な読み放題サービスは他にあまりないため、仕事に役立てたい人はKindle Unlimited一択です。 思想や金融、歴史、社会などのカテゴリ別に見ても1万冊以上を揃えているジャンルがほとんどで、偏りなく充実しています。更に、写真集や楽譜・スコアなどについても1,000冊を越えるラインナップ。 どんなジャンルでも網羅しているので、誰であってもオススメできるラインナップです。

Kindle Unlimitedを使って感じたメリット

ここからは使って感じたKindle Unlimitedのメリットを紹介します。 以下の6点が挙げられます。

Kindle Unlimitedのメリット

  1. コスパ最高!2冊読めば元を取れる
  2. 普段読まない本でも挑戦しやすい
  3. 解約も簡単にできるので気楽
  4. ダウンロードすればオフラインで読める
  5. 6台まで端末が登録できる
  6. 30日間の無料体験があるので安心

メリット1:コスパ最高!2冊読めば元を取れる

Kindle Unlimitedの最大のメリットは読み放題だからこそのコスパの良さ! 書店で本を買う場合、大抵の本は500円以上かかるなかで、Kindle Unlimitedは月額980円(税込)。ラインナップの中の本を月に2冊読んだだけで、十分に月額料金分の元は取れます。 特に、ハードカバーの作品やビジネス書など、本来購入すれば1,000円を越えるような書籍も珍しくありません。そうした本に関しては、1冊読むだけでも実際に購入するよりお得に読むことが可能です。

メリット2:普段読まない本でも挑戦しやすい

Kindle Unlimitedのラインナップは非常に幅広く、これまで読んだことのなかった種類の本に触れる機会を得ることもできます。 本屋で気になる本を見つけても、お金や置き場所の都合で諦めてしまうことも多いですよね。しかし、電子書籍、かつ読み放題であるKindle Unlimitedならそうした余計な心配もいらずにすぐに手に取って読むことができます。 新しいジャンルの本にも気楽に手が伸ばせるようになるので、見識を広げるのに一役買ってくれますよ。

メリット3:解約も簡単にできるので気楽

解約するにあたって面倒な手続きが少ないため、気軽に解約できる点もKindle Unlimitedの大きなメリット。 後述する無料期間もあるので、まずはお試しで入ってみて、サービスに合わなかったら利用をやめる、というフットワークの軽い使い方をすることができます。 また、本を読む時間がある月にだけ契約してその翌月には解約、というように、必要に応じて登録と解約を繰り返すこともできるので、ライフスタイルに合う形で活用していけるのも嬉しいポイントです。

メリット4:ダウンロードすればオフラインで読める

Kindle Unlimitedにはダウンロード機能が備わっており、あらかじめWi-Fi環境でダウンロードすることで通信量の消費を抑えられます。 また、電波が悪い場所で逐一ページを読み込もうとすると時間がかかってしまうため、先にダウンロードしておいたほうがスムーズに読書を楽しむことができます。どちらもメリットは大きいため、ぜひとも活用したい機能ですね。 ただし、一度にダウンロードしておけるのは10冊までとなっています。読んだ後はデータを削除して、新しい本をダウンロードするのを忘れないようにしましょう。

メリット5:6台まで端末が登録できる

Kindle Unlimitedでは、1つのアカウントにつき6台まで端末を登録することができます。1人では少々持て余す数ですが、家族全員で利用するような場合には非常に有用な機能です。 子供向けの本や主婦向けのライフスタイル誌、サラリーマンのためのビジネス書など多くのジャンルが揃っているKindle Unlimitedだからこそ、家族それぞれが別の端末を使用できるかは重要なポイント。家族での利用にはもってこいのサービスとなっています。

メリット6:30日間の無料体験があるので安心

Kindle Unlimitedでは、登録した日から30日間の間は無料体験期間となっています。 実質1ヶ月分を無料で利用できるため、まずはこちらに登録だけして読みたい本を読み漁るだけでも十分楽しむことができます。また、この無料体験期間で実際にサービス内容に触れることで、自分がこのサービスに合っているかどうかを確認することが可能です。 さらに先程述べたように解約は簡単なため、「自分には合ってない」「読みたい本がない」という場合には無料期間中にやめてしまえばお金を払う必要はありません。自分がサービスを十分に扱えるかどうか悩んでいる人であっても、ひとまず登録だけしてみるという選択肢があるのは嬉しいですね。

Kindle Unlimitedの使って感じたデメリット

次に使って感じたKindle Unlimitedのデメリットを紹介します。 以下の5点が挙げられます。

Kindle Unlimitedのデメリット

  1. 最新作や人気漫画は少ない
  2. 突然配信終了することも……。
  3. 途中までしか配信していない作品もある
  4. 履歴を削除できない
  5. 利用しなかった月も料金が発生する

デメリット1:最新作や人気漫画は少ない

Kindle Unlimitedには最新作の追加が遅い印象があるほか、漫画作品では有名なものや人気作品が比較的少ないというデメリットがあります。話題になっているから読んでみようと思い、ラインナップを覗いても並んでいなかった、ということは幅広い蔵書を抱えるKindle Unlimitedといえども十分にありえます。 「あの有名作家の最新作をいち早く読みたい」「最近人気のあの漫画を読みたい……」という時には、Kindleで有料で購入するか、Kindleよりお得に購入できる別の電子書籍サービスを使うのが良いでしょう。 40%ポイントバックのあるU-NEXTや、最大50%ポイント還元のまんが王国を使うと、有料作品もお得に購入できますよ。

デメリット2:突然配信終了することも……。

Kindle Unlimitedに限らず、電子書籍読み放題サービスでは本の作者や出版社の都合などで配信が突然終了してしまう可能性があります。 一度終了してしまうと再配信されることも少ないため、なかなか読めなくなってしまうという点では、手元においておける実際の書籍の方が優れているといえるかもしれません。 ただ、こうした作品であっても、配信終了前にあらかじめダウンロードしておくとその後も継続して読むことができます。もしダウンロードした本が後から配信終了になったというような場合には、キャッシュクリアなどで端末内にある書籍のデータを消してしまわないよう気を付けましょう。

デメリット3:途中までしか配信していない作品も

一部の作品では、「シリーズものだが途中以降の作品が扱われていない」という場合や、「上巻だけ配信されていて続きはまだ配信されていない」というケースがあります。 漫画や小説がせっかく面白くなってきたところだったのに読めなくなったり、理論と実践に分かれている参考書が片方しか読めなかったり、というような状況では、読書体験も満足いかないものになってしまいますよね。 どうしても読みたい本がある場合は、膨大なラインナップだからといって油断はせずにちゃんと続きが揃っているか確認しながら読むようにしましょう。

デメリット4:履歴を削除できない

Kindle Unlimitedでは、それまでの読書履歴や検索履歴を消去することができません。 家族で利用する場合や、友人とシェアして使う場合は、履歴を見られてしまう可能性があるため少し気になるかもしれません。

デメリット5:利用しなかった月も料金が発生する

kindle Unlimitedでは登録をしている限り、980円(税込)の月額料金は毎月払わなければいけません。 これは読んだ冊数などにはいっさい影響しないため、1冊も読んでいない場合は何もせずにただお金を払っただけになり、逆に損をしてしまうなんてことも。 上でも言ったように月に2冊読めば十分に元は取れますが、それほど読まない、あるいは忙しくて読まないという人の場合は一度解約して、また時間がある時や読書したくなった時に再登録する、といったような使い方の方がおすすめです。

Kindle Unlimitedのユーザーからの評判・口コミ

ここからは実際にKindle Unlimitedを契約しているユーザーの評判・口コミを紹介します。 良い口コミ、悪い口コミに分けてまとめています。是非参考にしてください!

良い評判・口コミ

まずは良い評判・口コミから見ていきましょう。

Kindle Unlimitedの良い評判・口コミをまとめたものが以下です。

Kindle Unlimitedの良い評判・口コミ

  • 月に2.3冊で元を取れる
  • ビジネス書を読むのに使える
  • 技術書を多読するのに便利
  • 旅行雑誌が多い
  • 英語の勉強に使える
  • 解約が簡単にできる

月に2〜3冊で元が取れる料金設定や、ビジネス書や、技術書、旅行雑誌などのラインナップの豊富さに関する評価が多く見られました。 また英語の教材も多く、Kindle Unlimitedを使って勉強している人もいるようです。

悪い評判・口コミ

Kindle Unlimitedの悪い評判・口コミをまとめると以下のようになります。

Kindle Unlimitedの悪い評判・口コミ

  • 全巻読める漫画が少ない
  • 漫画のラインナップが微妙
  • 他のサービスに比べて雑誌の配信が遅い場合も
  • 配信が突然終了する
  • 検索機能がいまいち

特に漫画のラインナップに関する評判が多く、「意外と少ない」「途中までしか読めないものが多い」と多くのユーザーが感じているようです。 また雑誌の配信が遅いことや、配信が突然終了してしまうことへの不満も見られました。

Kindle Unlimitedを他の読み放題サービスと比較

「他の読み放題サービスと比べるとどっちがいいの?」という疑問を持っている人も多いでしょう。以下の表はKindle Unlimitedと他の読み放題サービスを比較したものです。

無料で漫画が読めるおすすめサイト
サービス名 料金(税込) 読み放題作品数 特徴
Kindle Unlimited 980円 2,000,000 作品数は圧倒的No.1!
ビジネス書に強み
コミックシーモア
読み放題
780円〜 91,000 BL/TL作品に強み
BOOK WALKER 836円 20,000 漫画・ラノベに強み
ブック放題 550円 30,000 「るるぶ」が95冊以上
dマガジン 418円 5,000 スポーツ系の雑誌が多い
楽天マガジン 440円 700 女性誌の取り扱いが豊富

※ここまでの情報は10月21日時点のものです。

Kindle Unlimitedは月額料金は少し高い水準にあります。しかしひと目見て分かる通り、圧倒的な作品数を備えていることを考えれば妥当な料金と言えるでしょう。 それぞれの読み放題サービスで得意なジャンルがありますが、偏りなくすべてのジャンルを楽しみたいならKindle Unlimitedが無難と言えます。しかし、デメリットでも説明したように漫画は少なくなっているので、漫画を楽しみたい人はBOOK WALKERがおすすめです。

Kindle Unlimitedがおすすめな人・おすすめでない人

ここまで見てきたメリット・デメリットや評判をもとに、Kindle Unlimitedがおすすめな人とおすすめでない人を見ていきましょう。

おすすめな人

Kindle Unlimitedは以下に当てはまる人におすすめです。

Kindle Unlimitedがおすすめな人

  • 毎月2冊以上本を読む人
  • ビジネス書を読みたい人
  • 英語や資格の勉強に使えるサービスを探している人
  • 様々なジャンルの本を読む人

多くの書籍は紙で買うと500円以上かかるので、月額料金が980円(税込)のKindle Unlimitedは毎月2冊以上本を読む人であれば元を取れるサービスとなっています。 中でもビジネス書や英語・資格の教本、技術書などは他のサービスに比べて非常に充実しているため、これらに興味がある人は、30日間の無料トライアルを試してみてもいいかもしれません。 また漫画以外のジャンルはバランス良く揃っているので、幅広くいろいろな本を読みたい人にもおすすめです。

おすすめでない人

以下に当てはまる人にはKindle Unlimitedは合わないかもしれません。

Kindle Unlimitedがおすすめでない人

  • 普段あまり本を読まない人
  • 漫画やラノベを読みたい人
  • 有料作品もお得に読みたい人

月に2冊も読む時間がない、という人はKindle Unlimitedは割高に感じる可能性が高いです。それでも電子書籍で楽しみたいという人はKindleで個別購入するのが良いでしょう。 漫画やラノベは全体的に少ないため、これらを楽しみたい人は別の読み放題サービスを検討するのが良いでしょう。BOOK WALKERはマンガ・ラノベが豊富に揃った読み放題サービスを展開しており、おすすめです。 またKindleは有料作品の購入に使える割引システムが少ないため、ときには有料作品も楽しみたいという人は少し高くついてしまいます。有料作品を購入する場合は40%ポイントバックのあるU-NEXTや、最大50%ポイント還元のまんが王国の方がおすすめです。

Kindle Unlimitedに関するよくある疑問を解説【prime会員じゃなくてもいい?】

フリー画像、疑問符、質問

Q1:Amazon Prime会員じゃなくても使える?

Kindle UnlimitedはAmazon Primeとは別個の独立したサービスであるため、Prime会員になる必要はありません。無料で開設することができるAmazonのアカウントさえ用意すれば、誰でも登録することができます。 Kindle Unlimitedの月額料金である980円(税込)を支払うだけで、読み放題サービスにおけるすべてのラインナップ・機能を利用できますよ。

Q2:Amazon Prime会員は無料なの?

Amazon Prime会員であっても、Kindle Unlimitedを利用するためには登録をして別個に料金を支払う必要があります。一方で、Amazonが提供しているもう1つの読み放題サービスであるPrime Readingは、Prime会員ならだれでも無料で利用可能です。 Prime会員の場合はまずPrime Readingを利用してみて、どうしてもそちらで物足りなくなった場合に追加でKindle Unlimitedにも登録してみるといいかもしれませんね。

Q3:一度読んだ本をまた読むことはできる?

Kindle Unlimitedでは、特定の本を読む回数に上限はありません。読み放題サービスに加入している限り、好きな本や読みたい本を何度でも繰り返し好きな時に読むことができます。 またダウンロードした本もデータを消去しない限り端末の中に残り続けるので、一度ダウンロードしてしまえば通信量なども気にしないまま何度も読み返せるようになっています。 さらにしおり機能などを使いこなせば、読み返す時の目印にしておくことでより便利に再読ができますよ。

Q4:Kindle端末は買ったほうがいいの?

Kindle Unlimitedは、利用するだけならKindle以外の端末でも問題なく可能です。iPhoneやAndroidでも、App StoreやGoogle Play Storeで配信している専用のアプリをダウンロードすることで読書を楽しめますし、ダウンロード機能などの機能も利用することができます。 しかし、Kindle Unlimitedを使用するのであれば、電子書籍専用に作られたKindle端末があると便利です。Kindle端末は長時間見ても目に優しい画面を採用しているので、疲れを気にせず集中して読むことができます。 また、Kindle端末は電子書籍専用の端末のため、連絡や予定確認など他の用途のためにいちいちバッテリーを気にする必要もありません。外出時に長時間読書することが多いなら、専用のKindle端末を用意したいところですね。

おすすめのKindle端末は
こちらの記事をチェック

Kindle Unlimitedの登録方法

Kindle Unlimitedに登録する方法はとても簡単です。 まずはKindle Unlimitedのページにアクセスします。ここでは読み放題で読める本の代表をピックアップしてあるほか、無料体験についての説明などもされているため、よくチェックしておきましょう。 確認が済んだら、ページ内にある「30日間の無料体験を始める」というボタンをクリック。 すると、支払い方法を選択する画面に移ります。「クレジットカードまたはデビットカード」、「携帯決済」のどちらか好きな方法を選びましょう。なお、既にAmazonでこれらの支払方法を使用したことがある場合、この画面がスキップされることもあります。 支払方法を選択したら、その時点でKindle Unlimitedの登録は終了です。読み放題が利用できるようになっているので、好きな本を選んで試してみてください。ちなみに、Amazonアカウントに登録してあるメールアドレスには登録完了のメールが届くので、そちらも忘れずに確認しておきましょう。

Kindle Unlimitedの解約方法

Kindle Unlimitedの解約方法自体は非常に単純です。間違った場所をクリックしないようにだけ気を付ければ、すぐに登録を解除することができます。 まず、Kindle Unlimitedに登録しているAmazonアカウントにサインインして、「Kindle Unlimited 会員登録を管理」というページにアクセスします。 表示される画面の中で、PCなら左側、スマホ・タブレットなら上から3番目に表示される「メンバーシップを管理」という欄を確認します。その中に「Kindle Unlimited会員登録をキャンセル」という項があるので、そちらをクリックしましょう。 確認画面が表示されるので、「会員登録をキャンセル」をもう一度クリック。これで画面が遷移すれば、解約手続きは終了となります。なお、解約した後も、次の請求日となっていた日までは読み放題サービスを利用し続けることができます。 心残りがないように、最後に読んでおきたい作品などがあれば忘れずに読んでおきましょう。

Kindle Unlimitedは料金が安くてコスパ最高!

Kindle Unlimitedがおすすめな人

  • 毎月2冊以上本を読む人
  • ビジネス書を読みたい人
  • 英語や資格の勉強に使えるサービスを探している人
  • 様々なジャンルの本を読む人

とにかく圧倒的なラインナップを揃えており、料金に対するコスパは読み放題サービスの中でも最高レベルといえるKindle Unlimited。読書に便利な機能も多く揃っており、定期的に本を読む人にはこれ以上ない破格のサービスです。 普段本を読む人はもちろん、そうでない人もまずはお試しで無料体験に入ってみて、読み放題を楽しんでみるのはいかがでしょうか。