2021年12月23日更新

『過呼吸』の動画を配信中のサブスクはここ!【韓国発の短編BL作品アニメ】

過呼吸

『過呼吸』は、韓国人の漫画家でありアニメーターのプンパンキュによるアニメ作品です。韓国では珍しいBLのアニメ作品で、TwitterなどのSNSを通して日本でも話題となりました。2019年には日本語吹き替え版も制作されています。

アニメ『過呼吸』の動画をフルで配信中のサービス一覧【吹替あり】

アニメ『過呼吸』のあらすじや登場人物・声優を紹介

原題原題:과호흡 英題:hyperventilation
公開年2019年
ジャンルBL,恋愛
話数全6話
製作国/言語韓国/韓国語(日本語吹き替え有)

高校の同窓会に出席していたイ・ミョンは、ハン・ソンホが既婚者でありながら女性関係の会話をしている様子を見て席を立ちます。外に出てタバコを吸っていると、ソンホも出てきてタバコをねだられます。そして「タバコを吸うこと以外は変わっていない」という言葉をミョンに向けます。 高校時代のミョンは気胸に苦しんでいました。ある日の自習中、ミョンの咳が止まらなくなり、委員長であったソンホは保健室へ連れていきます。しかし先生はおらず、ミョンは過呼吸となって倒れてしまいました。 過呼吸を止めるために口を覆ったソンホの手のひらには、ミョンの大量のよだれが付きます。その日からミョンとソンホはお互いを意識するようになりました。 高校時代を思い出す2人は、路地裏でキスをします。そして、ソンホはミョンをホテルへと連れていき……。

登場人物とキャストを紹介

イ・ミョン役/佐和真中

イ・ミョンは気胸で運動を控えていたこともあり、色白で華奢な男性です。中性的で整った顔立ちをしており、大人しい性格であることが見て取れます。現在はプロの囲碁棋士として生活しています。高校時代からハン・ソンホに片思いを続けていました。 イ・ミョン役を演じたのは、声優の佐和真中です。ドラマCDやアダルトゲームを中心に活動しています。2020年に配信されたアニメ『俺の指で乱れろ。〜閉店後二人きりのサロンで…〜』などにも出演しています。

ハン・ソンホ役/柊三太

ハン・ソンホは、イ・ミョンとは対照的な外見をしています。背は高く筋肉質で、太目の眉毛で精悍な顔立ちです。常に堂々としており、包容力のある雰囲気が見て取れます。大企業に勤めていますが、外交官になることを目標にしています。高校時代に過呼吸となったイ・ミョンの世話をしてから、彼のことが気になっていました。 ハン・ソンホ役を演じたのは、声優の柊三太です。ドラマCDやアダルトゲームを中心に活動しています。

アニメ『過呼吸』の見どころ・この作品が流行っている理由

絵柄が繊細で美しい

『過呼吸』の大きな見どころの1つは、美しく繊細なアニメーションです。人物や背景は柔らかく繊細な線で描かれており、色合いもパステルカラーを中心に淡い色彩で統一されています。それが本作の雰囲気に絶妙にマッチしており、物語の儚さや切なさをより一層引き立てています。 本作は、日本語吹き替えどころか日本語訳すらない状態でも多くの日本人ファンを獲得していました。それが頷ける、美しく綺麗な絵柄が特徴の作品となっています。

韓国の兵役が2人の恋愛の切なさを際立たせる

想いを確かめ合った2人ですが、韓国の兵役制度が2人の仲を邪魔します。韓国には徴兵の文化がありますが、社会制度であるため拒否することは難しいです。 気持ちとは関係なく、社会制度という抗いがたいものに引き裂かれる2人の男性。『過呼吸』では、どうしようもない2人の寂しさと切なさが描かれています。 兵役によって引き離されてしまう展開は、日本のBL作品では見られないものです。そのため日本人の目には、徴兵制に邪魔される2人の切なさはより際立つと言えます。

短編アニメーションとは思えない濃密さ

『過呼吸』は15分の短編アニメーション作品です。しかし、メインキャラクターである2人の人物像の深掘りや、どうして想い合うことになったのかという過去についても丁寧に描かれています。 ベッドシーンについても力が入れられており、行為だけでなく2人がイチャイチャするようなシーンも充実しています。 15分という短時間でサクッと見られるのに高い満足感が得られることから、韓国や日本で非常に高い評価を得ています。

『過呼吸』の気になる疑問とQ&A

『過呼吸』を配信しているサービスは?

2021年12月現在、『過呼吸』を配信しているサービスは「U-NEXT」です。

『過呼吸』はどんな人におすすめ?

『過呼吸』は、兵役によって引き裂かれてしまう2人を、繊細で美しいアニメーションと共に描いたBL作品。日本のBL作品とは一風変わった、韓国発のBL作品を観たい人におすすめです。

アニメ『過呼吸』は動画配信サービスで全話無料で観よう!