広瀬すずがかわいい!おすすめ出演映画・ドラマを徹底紹介!【「先生!」『ラプラスの魔女』他】

2017年11月10日更新

広瀬すずはその愛される顔立ちによって多くのドラマや映画、CMに出演し始めています。『海街diary』でも見事にメインキャストの座を射止め、今後も話題作への出演が多く決まっています。今回はそんな広瀬すずのことをご紹介いたします。

2017年も大活躍の広瀬すず!おすすめ出演映画、ドラマを紹介

広瀬すずは1998年6月19日生まの女優。静岡県静岡市清水区出身です。

2012年に雑誌「Seventeen」モデルとして活動を開始し、2013年のドラマ『幽かな彼女』から女優としても活動しています。

映画『海街dairy』や『怒り』での演技が絶賛された彼女の、これまでの出演作や今後の出演予定などをまとめてご紹介いたします。

広瀬すずの姉は広瀬アリス!姉妹でモデルデビュー

清潔感のあるルックスと『学校のカイダン』やゼクシィのCMで着々とファンを増やす広瀬すずのデビューのきっかけは、姉である広瀬アリスの所属事務所に声をかけられたことです。

2012年8月に開催された雑誌「Seventeen」の専属モデルオーディションで6,515人の応募者の中からラストの4人選ばれ専属モデルになりました。

姉の広瀬アリスとは同じ舞台で活躍していますが、仲は良いようですね。ちなみに二人にはお兄さんもいるそう。3人兄弟です。

映画『ちはやふる』で初単独主演を務める!

本作はかるたで全国1位を目指すという青春ストーリーです。かるたというと、着物を着てお正月にやる優雅な遊びというイメージがあるかもしれませんが、原作漫画『ちはやふる』はそんなイメージを一気に覆しました。百人一首は知力と体力を駆使したスポーツであり、戦いです。

広瀬が演じるのは主人公・綾瀬千早。これまではショートの印象が強かった広瀬ですが、今作ではロングでの出演となります。さらに着物も着ているようで、ファンは必見の作品といえるでしょう。

共演には野村周平、真剣佑、松岡茉優、森永悠希、上白石萌音と期待の若手が集結。監督は『タイヨウのうた』『ガチ☆ボーイ』『カノジョは嘘を愛しすぎてる』の小泉徳宏。非常に打率の高い監督なので、本作にも期待が高まります。

映画『ちはやふる』は上の句、下の句の二部作となっており、上の句は2016年3月19日、下の句は2016年4月29日に公開され大ヒットを飛ばしました。

広瀬すず主演で続編『ちはやふる 結び』公開が決定!

そして本作は続編の公開が決定しています!後編の初日舞台挨拶の際にサプライズで続編製作決定がキャスト陣に伝えられ、感動のあまり舞台で泣き崩れたというのは有名なエピソードですね。

キャストの年齢的にこの続編『ちはやふる 結び』の最終作となるとのこと。彼女のちはやを見ることができるのが最後になってしまうのは悲しいですが、公開が今から楽しみですね。

公開日などの続報が待たれます。

映画『海街diary』では美人四姉妹の末っ子に抜擢!

吉田秋生の少女漫画『海街diary』の実写映画化。幸田四姉妹を中心に描かれる鎌倉を舞台にした優しく静かな物語です。

広瀬すずの演じる浅野すずは、香田姉妹の四女ですが、母親の違う異母妹にあたります。仙台で暮らしていた彼女は、父の葬儀で姉である幸、佳乃、千佳と初めて対面し、姉妹に迎えられます。13歳という年齢には不似合いなしっかり者ですが、年相応の明るく無邪気な面ももっています。

長女綾瀬はるか、次女長澤まさみ、三女夏帆という実力と人気を兼ね備えた日本を代表する若手女優と姉妹役で共演することになった広瀬すず。

浅野すずは、姉妹とはいいつつも、母が違うということに対する負い目を感じているという難しい役柄でした。ある理由で自分を許すことができない彼女が、自分を許し、三姉妹との距離を少しずつ縮めていく過程を丁寧に演じていました。

『そして父になる』や『歩いても 歩いても』の是枝裕和監督の作る世界観は絶妙なバランスで成り立っており、少しの不純物でも混入すれば壊れそうな危うさが魅力です。

そんな是枝裕和監督が求める演技を見事こなすことが出来る女優として広瀬すずが選ばれたというのは彼女にとって大変に有意義な経験となったことでしょう。

上手すぎるサッカーシーンが話題に!

浅野すずの特技はサッカー。仙台時代には「青葉JFC」というジュニアサッカーの強豪チームに所属し、レギュラーとして活躍していました。

すずはボールをまるで自分の手足のように操り、男子たちを華麗に翻弄。インターネット上では広瀬すずのサッカープレイを「中村俊輔を彷彿とさせる」「サッカー未経験者の動きではない」と絶賛する声も。

幼いころからサッカーをやっていたというならまだしも、サッカー未経験だというから驚きです。それも、特に練習を積んでのぞんだわけではないということで、天性の運動神経を感じさせます。過去には、全国高校サッカーの10代目応援マネージャーに就任した経験もあります。

しかし本当に得意なのはバスケなんだとか。小学校中学校とバスケをずっとやっていたようで、テレビ番組でスリーポイントシュートを披露したこともありました。

映画『怒り』では豪華俳優陣と共演し新境地へ

原作は吉田修一・監督李相日の最新作『怒り』は2010年公開の『悪人』以来の組み合わせとなるこの作品。

主役にハリウッド俳優の渡辺謙の他、森山未來、松山ケンイチなどそうそうたる豪華キャストが出演した本作で、物語のキーパーソンともいえる重要な人物・小宮山泉を演じた広瀬。

若手女優とは思えない、感情を爆発させた演技と、切ない表情をみせ、観客たちを魅了しました。

1年前に起きた猟奇的殺人事件、現場に「怒」の血文字をのこしたこの事件、犯人は顔を整形して逃亡し未解決のまま時間が過ぎてゆきました。ある時千葉、東京、沖縄に3人の男が現れ話は進行することになります。

広瀬演じる小宮山泉は、沖縄に転校してきた高校生として登場します。後に事件の重要な人物田中慎吾(森山未來)に出会い巻き込まれていきます。

シリアスな演技に挑戦した彼女の、今後の新しい女優としての展開が期待されています。

2017年以降に公開される映画も話題作が続々!

2017年注目のアニメ映画に声優で参戦!【8月18日公開】

岩井俊二原作の劇場版アニメ『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』。想いを寄せ合う2人を中心に描かれる奇跡のラブストーリーです。 総監督は『化物語』や『魔法少女まどか☆マギカ』なども手掛けた新房昭之。声の出演には今をときめく若手俳優の菅田将暉と広瀬すずが抜擢されました。 広瀬すずが声を担当するのは主人公の及川なずな。クラスのマドンナ的存在で、クラスメイトの島田典道に想いを寄せる中学一年生です。花火大会を前に転校することになったなずなは、典道に駆け落ちを持ちかけます。駆け落ちは実行できなかったものの、時間が巻き戻るという不思議な出来事から2人の恋に奇跡が起きます。

『海街diary』タッグ再び!是枝監督作品に出演【9月9日公開】

2017年9月公開の心理サスペンス映画『三度目の殺人』。映画『そして父になる』で世界に感動を与えた監督・是枝裕和と俳優・福山雅治が再びタッグを組み制作された作品です。豪華キャスト陣と、実力あるスタッフが作り上げた作品としても話題を呼んでいます。 殺人の罪で死刑を免れないとされている容疑者・三隅を担当することになった弁護士・重盛。しかし、犯行に疑問を感じた重盛は、事件に隠された事実を探り始めます。 本作で被害者の娘・山中咲江を演じた広瀬すず。事件の真相にたどり着くためのキーパーソンとして登場します。

生田斗真と胸キュン恋愛映画でW主演!【10月28日公開】

川原和音の『先生!』を原作とした実写映画作品。 主人公・伊藤貢作を演じるのは生田斗真。広瀬すずは、先生に恋してしまう少女・島田響を演じます。学園ラブストーリーの『先生!』は2017年10月28日に公開されます。

2018年には東野圭吾原作映画に出演

2018年公開の映画『ラプラスの魔女』は、東野圭吾の小説を原作としたサスペンス作品。櫻井翔が主演を務めるほか、広瀬すずや福士蒼太といった人気若手俳優も出演。話題の役者が顔を揃えることからも話題を呼んでいます。 原作は、東野圭吾デビュー30周年を記念した作品で、累計発行部数は28万部を超えました。事故死と断定されるも不可解な謎が付き纏う3つの事件。そして、事故の原因となる自然現象を言い当てる謎の女が登場することから物語が展開していきます。 自然現象を言い当てるという頭脳を持った謎の女・羽原円華を演じた広瀬すず。物語の中で欠かせない重要人物として登場します。

広瀬すずのその他主なの出演映画

『謝罪の王様』(2013年)

2013年9月28日に公開された映画『謝罪の王様』で映画初出演。宮藤官九郎が脚本を書き、阿部サダヲが主演を務めました。

当時、広瀬すずはほとんど無名だったため、出演シーンはあまり多くありませんでした。

『バケモノの子』(2015年)

2015年7月11日に公開された細田守監督アニメ『バケモノの子』ではヒロインの楓の声を担当しました。

『四月は君の嘘』(2016年)

アニメ化もされた人気漫画の実写映画『四月は君の嘘』には山崎賢人と共に主演しました。

本作で広瀬すずが演じるのは、天才ヴァイオリニスト・宮園かをり。本作の撮影にむけて、ヴァイオリンを猛練習し、見事な演奏シーンを披露しています。

共演には山崎賢人のほかに石井杏奈、中川大志が決定しています。中川大志は、シーブリーズのCMで共演していたことが記憶に新しいですね。

『チアダン』(2017年)

映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』は実話を題材にした女子高生の青春映画。

広瀬すずは女子高生チアダンスチームの一員、友永ひかりを演じています。LAでロケを決行し、同年代女優との共演も話題になりました。

広瀬すずの出演ドラマ一覧

『幽かな彼女』(2013年)

2013年4月から6月にかけてフジテレビで放送されたドラマ『幽かな彼女』で広瀬すずは女優デビューしました。本作で広瀬は、モデルに憧れる少女、柚木明日香を演じました。

『TAKE FIVE〜俺たちは愛を盗めるか〜』(2013年)

2013年4月から6月にかけてTBSで放送された『TAKE FIVE〜俺たちは愛を盗めるか〜』では、松雪泰子演じる笹原瑠衣の少女期を演じました。

『激流〜私を憶えていますか?〜』(2013年)

2013年6月から8月にかけてNHKで放送されたドラマ『激流〜私を憶えていますか?〜』では、国仲涼子演じる御堂原貴子の中学時代を演じました。

『ビター・ブラッド〜最悪で最強の親子刑事〜』(2014年)

2014年4月から6月にかけてフジテレビで放送された『ビター・ブラッド〜最悪で最強の親子刑事〜』に、佐藤健演じる佐原夏輝の妹佐原忍役で出演しました。

『おやじの背中』(2014年)

2014年の7月から9月にかけてTBSで放送された一話完結型オムニバスドラマ『おやじの背中』の第3話「なごり雪」に出演しました。本作で広瀬すずは主役の西田敏行演じる小泉金次郎の孫小泉しのぶを演じ、特にラストの演技が絶賛されました。

『東京にオリンピックを呼んだ男』(2014年)

2014年10月11日に放送されたフジテレビのスペシャルドラマ『東京にオリンピックを呼んだ男』では大沢たかお演じる主人公フレッド和田勇の次女和田メリーまりこを演じました。

放送日前日には、自身のTwitterで宣伝も。このように自身で宣伝活動をしているところも、様々な作品に引っ張りだこになっている一因かもしれません。

『学校のカイダン』(2015年)

そんな彼女の可愛さの虜になる人は後を絶えません。

生徒会長を押し付けられた地味な女子高生が天才スピーチライターの助言で周囲を変えていくドラマ『学校のカイダン』では神木隆之介との濃厚なキスシーンに全国から悲鳴があがりました。

美少女美少年のツンデレ恋愛模様を演じた広瀬すず。彼女の女優としての目標は、役柄によってコロコロ変わることができる女優とのことです。すでに目標を達成しているかのようにも思えますが、まだまだ女優として成長していきそうですね!

ドラマ『怪盗 山猫』(2016年)

2016年1月期の亀梨和也主演連続ドラマ『怪盗 山猫』では天才女子高生ハッカー高杉真央役で出演しました。『学校のカイダン』以来ちょうど1年ぶりの連続ドラマ出演となりました。

広瀬すずの活躍から目が離せない!

CM・ドラマ・映画など多くのメディアに出演しブレイクし、勢いが衰えることのない広瀬すず。若手女優から、シリアスな役までこなす実力派・演技派ともいえる女優に成長しています。

日本を引っ張っていく女優の一人になるのではないでしょうか?今後の活躍からも目が離せません!