中国舞台の映画が激増中……?急激な成長を遂げつつある中国映画業界の今に迫る

2017年7月6日更新

最近増えてきた中国が舞台の映画。そこにはいったいどんな裏があるのでしょうか。そしてハリウッドの狙いはなにか。中国映画産業のこれからはどうなるのか。この記事ではそれを紹介します。

これからの映画の鍵は中国が握る!?

中国映画 ハリウッド

引用: ciatr.jp

ここ五年間の映画市場において日本の映画産業は横這いが続いていますが中国は成長の一途を辿っています。2010年には14億7000万ドルでしたがその二年後には27億ドルとおよそ二倍になっています。これは世界二位の興行収入であり、2014年には57億ドルと5年で三倍以上の急成長を遂げています。中国のスクリーン数は2万3600にも及び、まだまだ伸びる余地を見せています。

今、ヒット映画をマーケティングする上で中国は欠かせない存在となっています。大ヒット映画は中国でも必ず受けているからであり、巨大産業になったアメコミ映画やヒーローモノはあまり振るわない日本と違い絶大な支持を得ています。

深まっていくハリウッドと中国映画界の連携!!

中国映画 ハリウッド ビンビン

ハリウッドと中国映画市場の急接近は売り上げやマーケティングだけではありません。『X‐MEN:フューチャー&パスト』では中国女優ファン・ビンビンが出演し、『バトルシップ』には中国が重要な存在となっていました。『レッド・ドーン』でも初めは中国軍が敵となるはずでしたがマーケティングを考慮し、朝鮮に変更しています。

こういったことはハリウッドではさして珍しい訳でもなく、かつては日本が敵国だった時は日本軍が悪役として登場することが多かったのですが、日米関係が強化されると日本が敵になることはかなり少なくなりました。ハリウッドは中国だけを特別視するというよりも映画の覇権として貪欲ということなようです。

しかし中国映画業界にはまだまだ問題が!?

中国映画 ハリウッド 特殊撮影

一見すると順風満帆に思える中国映画業界ですが、問題はまだまだ山積みです。まずひとつは中国産映画の知名度です。『グリーン・デスティニー』や『ヒーロー』、『レッドクリフ』と成功を収めた中国映画はありますが後に続く作品が不足しているのが現状です。

そういった状況を打破するためにフランスで開催された第1回クリスタル・ルージュ中国映画国際映画祭では中国映画業界は『劇外人生』に『以降の以降』や『シングルマザー』といった大作ではない低予算大衆向けヒューマンドラマを送り出し、中国映画のテーマ性の幅広さをアピールしています。

加えて今では欠かせない技術となった特殊撮影に関しては、中国国内の技術力は乏しい状況です。ほぼ全てのアクションシーンの舞台を合成させて俳優には想像力を持たせて演技させるというこの手法は、アクションには不可欠ですが中国映画の特殊撮影はほとんどが外国の制作チームが担っています。

市場は拡大しても映画産業はまだまだ発展途上といった所の中国映画産業。これからどんな作品を送り出してくれるのか、成長はどこまで続くか気になるところです。