2017年7月6日更新

映画デートは結局ありなの?なしなの?それぞれのメリットデメリット

デートの場所として選ばれる定番はやはり映画館。メリットがとても多く成功しやすいとも言われることがほとんどですが、実は意外な落とし穴もあるのです。ここでは映画デートのメリット、デメリットについてまとめてみました。

映画デートのメリットは?

一番はやはり積極的な会話を必要としない点が挙げられます。 2時間前後は映画の上映に集中するわけですから、長い時間近距離にいられて、なおかつ会話を必要としないのは大きなメリットと言えます。 鑑賞後は映画の感想などで会話を弾ませることもできますので、互いをよく知らない二人の初デートとしても選ばれることが多いようです。

また、誘いやすいということも大きな理由の一つとして挙げられるでしょう。 映画が好きだという人は性別問わず多いそうです。映画を観るということに重点を置いて、デートという意識を前に出さずとも二人きりで一緒に出掛けやすいということもあるようです。

映画デートのデメリットは?

良いことばかりのように見える映画デートですが、デメリットにはどんなことが挙げられるのでしょうか。

映画デートにおける会話のメリットが、逆にデメリットになってしまう可能性があるようです。映画の感想から別の話題へと派生させて会話を盛り上げられるテクニックがあればデートの成功にも繋がりますが、会話が苦手な場合、映画の感想について話すことがなくなってしまえば、そこから沈黙が続いてしまいます。

また、デートの成功には感情の共有がポイントになるそうです。映画上映中は他の来場者の迷惑になるので会話は控えなければなりません。感情が揺さぶられたときに会話ができないことは、かえってデメリットになってしまう可能性があるようです。

映画の評価=デート相手の評価!?

一人で、また友人と一緒に観る分にはどんなジャンルを選ぼうが、気に入ろうが気に入るまいが、どんな作品を選んでも自由です。 ですが、デートとなればそうはいきません。相手との関係を考えながら、気遣いを忘れずに作品を選ぶ必要が出てきます。

もし相手が気に入らない作品を選んでしまった場合、あなたの印象よりも作品の印象が先行してしまう可能性があります。また、作品のせいでテンションが下がって台無しになったなんていうことだってあり得るのです。これは作品にとってもデートする二人にとっても不幸なことです。

デメリットをメリットに変えるには?

恋人と観たい映画のジャンルについて、1位は男性が「恋愛」、女性が「アクション」という結果もあるようです。また、男性は「何を観るか」、女性は「誰と観るか」が重要だとも言われているようです。

やはりデート成功の秘訣は作品選びにあるのかも知れません。

また、映画がデートのメインではありますが、上映前後のプランを立てたり、映画以外の部分で細やかな気遣いを見せることで、万が一失敗したとしても、あなた自身の魅力を相手に十分伝えることができます。

まとめ

映画デートのメリットとデメリットについて見えてきたでしょうか。

デートの場所に映画館を選んでも、違う場所を選んでも、デートを成功させるのはあなた自身です。どんな場所であっても、相手への思いやりが一番大切なことなのかも知れません。