2015年夏に放送開始のおすすめアニメまとめ!今夏は豊作の予感?

2017年7月6日更新

2015年の夏に放送される話題のアニメ。懐かしいあのアニメから、現在も連載中の人気コミックまで、注目作が目白押しですね。絶対にはまること間違いなしの、今季夏放送のオススメアニメをご紹介したいと思います。

六花の勇者

闇の底から来た魔神に対して、選ばれた伝説の6人の勇者たちとそこに紛れ込んだ1人の敵が疑心暗鬼のなか世界を救うために戦いを挑む山形石雄さん原作のライトノベルのアニメ化。

ただ単に魔神を倒しに行くだけでなく、敵か味方かわからない謎が謎を呼ぶストーリーが人気。監督には『狼と香辛料』『まゆおう魔王勇者』の高橋丈夫、シリーズ構成・脚本は『境界線上のホライゾン』の浦畑達彦が担当しています。

監獄学園

15巻まで発売されている平本アキラさんが描くコミックが累計400万分以上の売り上げを誇る人気の学園コメディ漫画。かなりきわどいシーンも多く、アニメでどう描かれるか期待されています。

タイトルからはイメージしにくいですが、かなり質の高いギャク漫画。共学化したばかりで男子生徒のほとんどいない高校に入学した男子高校生が覗きの罪で、懲罰棟に入れられそこから脱獄をするというストーリーです。

赤髪の白雪姫

あきづき空太の同名コミックが原作。生まれつき赤い髪を持つ少女と隣国の王子とでおりなすファンタジー。『花咲くいろは』『絶縁のテンペスト』を手掛けてきた安藤真裕監督が描きます。

オーバーロード

WEB小説からアニメ化になったのがこの作品。1000万PVを超え、現在も「小説家になろう」で連載され大ヒット記録中。圧倒的なスケール感で魅せるこの作品の主人公は、なんと骸骨の姿をしている大魔法使い。

映像不可能といわれたこの作品を、伊藤尚住監督のもと、シリーズ構成・脚本に『ソードアート・オンライン』『魔法科高校の劣等生』の菅原雪絵、キャラクターデザインは『HUNTER×HUNTER』の吉松孝博を集結し挑みます。

うしおととら

1990年代に人気を博した、藤田和日郎の原作をアニメ化。累計3000万部を超えるベストセラーで、このアニメに合わせて『うしおととら完全版』も刊行予定。

妖怪退治の武器を手にしたうしおと、その武器を奪い取ろうとする妖怪・とらがタッグを組んで多くの戦いに挑んでいく名作。

かなり前の作品なので、このアニメ化に喜びの声も大きいですね。

干物妹!うまるちゃん

原作は外面のいい、グータラな妹を主人公にした、「週刊ヤングジャンプ」連載中のギャグマンガ。有名作品などのパロディが小ネタとして多く散りばめられているので、どうアニメ化するのか楽しみな作品。

ワカコ酒

お酒を飲むのが好きなら見ておくべきアニメ。「月刊コミックゼノン」に連載中の同名コミック原作で飲兵衛のワカコが一人酒を楽しむ姿を描くグルメ漫画。 食とそれに合うお酒に幸せな時間を見出す「ぷしゅー」の感嘆の声オーディションまで行ったそうです。

この夏も、ギャクからファンタジーまで、様々なアニメが放送される予定。 いまから待ちきれないですね。