2017年7月6日更新

映画一家の新星!ジア・コッポラの『パロアルト・ストーリー』とは?【あらすじ・キャスト】

『ゴッドファーザー』『地獄の黙示録』などの名作を生み出したフランシス・フォード・コッポラの孫であるジア・コッポラのデビュー作『パロアルト・ストーリー』。世界の映画祭で上映され、反響を呼んでいますが、一体どんな作品なのでしょうか。

若者の葛藤や苦悩を描き出している青春映画

monotojp 若者の思春期を描く。恋に友情に、繊細かつ瑞々しいタッチで描いた青春恋愛映画。

フランシス・フォード・コッポラの孫、そしてソフィア・コッポラの姪であるジア・コッポラによる監督作品。

進路に悩み、将来の夢を描けずにここ最近うまく行かない事ばかりの優等生・エイプリル。そんな中で所属するサッカーチームのコーチと関係を結んでしまう。同級生に惹かれる一方で大人の男性との間で気持ちが揺れるエイプリル。彼女の同級生で、ある事件がきっかけで失っていた自信を取り戻した内向的なアーティストのテディはエイプリルに思いを寄せる。テディの親友フレッドは、孤独な少女エミリーと関係を結ぶも別れてしまう。

恋だけでなく、進路や夢などについても思い悩む若者たちの姿を描く青春群像劇となっています。

原作は 人気俳優ジェームズ・ブランコの短編小説

原作は、人気俳優であるジェームズ・ブランコが、パロアルトというカルフォルニア州の都市を舞台に綴った短編小説です。原作ではいつくものストーリーやキャラクターが交差しますが、映画では大軸を「エイプリル」の短編として、その中で他の短編に登場するキャラクターも交えて、ストーリーを一つに融合させています。

また、パロアルトはジェームズ・ブランコの故郷であり、彼自身も主人公と関係を持つサッカーコーチ役として、映画に出演しています。

等身大の青春映画

本作を、現代のティーン青春映画によく見られる「25歳くらいの俳優陣がかっこよく着飾った映画」にはしたくなかったというジア・コッポラ。その為本作は自然とリアルを追求したキャスティングとなっています。

エマ・ロバーツ(エイプリル役)

ジュリア・ロバーツの姪であるエマ・ロバーツは本作で主演を見事に演じきりました。

ジャック・キルマー(テディ役)

女優と俳優の間に生まれ、アートと音楽を学ぶ現在大学生のジャック・キルマーは、本作が俳優デビュー作です。

ナット・ウルフ(フレッド役)

サントラにも注目!

ジア・コッポラは『ロスト・イン・トランスレーション』などで知られるソフィア・コッポラの姪に当たります。ソフィア・コッポラの映画のサントラはこれまで注目されてきましたが、ジア・コッポラの作品の音楽センスも、負けていません。

本作でジア・コッポラはブラッドオレンジとして活躍するイギリス人の作曲家で作詞家でもあるデヴ・ハインズにオリジナル曲をオファー。ハインズは荒編集版を見て快く承諾したと言います。

監督デビュー作で各国映画祭でも高評価!

パロアルト・ストーリーはジア・コッポラの監督デビュー作であるにも関わらず、ベネチア国際映画祭、トロント国際映画祭やトライベッカ映画祭などの、世界の大きな映画祭で上映されています。

多くの大人が忘れてしまっている、夢を追い求めて挑戦する若者のエネルギッシュで純粋な姿を、この映画を通じて思い出してみても良いかもしれません。