『しあわせはどこにある』海外感想評価まとめ【ネタバレ注意】

2017年7月6日更新

本当の幸せについて興味がある人必見!精神科医が現代人のために執筆した小説が、『Shall we Dance?』監督の最新映画『しあわせはどこにある』となり、6月13日(土)から公開されます。いち早く本作を観た人たちの声を、海外からご紹介いたします。ネタバレ注意です!

トップクラスの俳優・スタッフ陣!

この映画をとても楽しみながら観ました。演技も制作もすべて一流! サイモン・ペッグの演技はとても成熟してるし、ロザムンド・パイクは完璧に役をこなしてた。
引用:www.imdb.com
最後のシーンはかなり強烈で、完全に予想外の結末でした。 トニ・コレットは映画の最後で強いインパクトを与え、ヘクター医師と観客たちに考える材料を与えてくれます。
引用:www.imdb.com
俳優人の演技がすばらしかった!ビジュアルも素敵だし、遊び心満載だし、成熟した作品。
引用:www.imdb.com

期待せずに観たら…良かった!

しあわせはどこにある

実はこの映画に関してはあまり知らなかったの。なんとなく良さそうだなぁと思って、期待せずに観たらすごく良かった! おもしろくて、ジンときて、ハッとさせられる瞬間がいっぱいあって…。
引用:www.imdb.com

繰り返し観て、自分なりの幸せを追求したい!

しあわせは、どこにある2

サイモン・ペッグの役は、とても優れた精神科医。 彼は「しあわせはどこにある?」という哲学的な問いを自らに投げかけ、その答えを探し求めに行きます。 この映画は観れば観るほど何かしら発見があるし、観客も自分なりの答えを探す旅になるんじゃないかしら?
引用:www.imdb.com
何が幸せに導くもので、何が不幸せに導くものなのか、自然に分かってくる感じ。 繰り返しじっくりと観たい映画です。
引用:www.imdb.com

似ている作品は…

アメリ

サイモン・ペッグの演技を見てると、なぜか『アメリ』を思い出しました。 2つの作品は全然違うんですけどね。
引用:www.imdb.com

食べて、祈って、恋をして

最近の映画だと、『食べて、祈って、恋をして』(Eat Pray Love)や、『LIFE!』(The Secret Life of Walter Mitty)なんかと似てるかな?
引用:www.imdb.com

感傷的な失敗作?!

しあわせは、どこにある3

この映画は俳優陣を生かしきれてないね。 ヘクター医師は明らかに幸せそうに見えないし、脇を固める俳優たちの個性も光ってない。 単にヘクター医師の生活にスポットをあて、幸せについて一般と違う考え方を紹介しただけ。
引用:www.imdb.com
観る人によっては「素敵なストーリーね」ってなる場合もあるんだろうけど、ボクはただ感傷的な失敗作にしか映らなかったよ。
引用:www.imdb.com
コメディ要素はあまり機能してなかったね。特に目新しさやオリジナリティーもなかったな。
引用:www.imdb.com

幸せへの追求をしたい人は必ず観るべし!

しあわせは、どこにある4

この映画はカテゴリー分けしにくいです。言葉やシーンなどは成熟した大人向けですが、(幸せとは?)について考えたい人なら、必ず観て良かったと思うはずです。
引用:www.imdb.com
この映画で好きなセリフです。「幸福の追求においては、何か秘訣が見つかるのでなく、幸福への気づきがあるのです」
引用:www.imdb.com
「幸せって?」を追求していくんだけど、決して説教じみてなくてすごく楽しい。
引用:www.imdb.com
主人公は世界を旅してるうちに、新たな幸せの定義を発見する。 それは決して目新しいものではないんだけど…。 「何が人を幸せにするのか」に興味がある人は、絶対に一見の価値ありです!
引用:www.imdb.com