努力の天才、アインシュタインの名言まとめ

2017年7月6日更新

アインシュタインの理論を検証する技術が100年たっても追い付かないほど素晴らしいのですが、本人は自らを天才とは思っていなかったようです。そんな彼の言葉は、とっても身近でありながら、心を打つ物ばかり。ぜひ注目してみてください。

天才物理学者、アルバート・アインシュタイン

e382a2e382a4e383b3e382b7e383a5e382bfe382a4e383b3e38080efbc92

アインシュタインといえば天才の代名詞ともいえるほど、様々な功績を残し、人類にとってもかけがえのない人ですね。

彼が残した数多くの論文は、ノーベル賞級のものばかりで、たった一年で5つの画期的な論文を発表したこともあります。

そんな彼の名言をまとめてみました。

天才は努力する凡才のことである。

jpg

引用: fxmatome.net

生まれ持っての才能だとか、天性だけで努力もせずに天才ができるわけでありません。もしも天才があるというのなら、それは地道に努力ができることなのです。

神の前において我々は平等に賢く、平等に愚かである。

img_2

人間には人より優れているところがあるかもしれないが、同じように人より劣っている部分も必ず持っていて、誰かが特別ということはないという名言。

挫折を経験したことがない者は、何も新しいことに挑戦したことがないということだ。

17824301

天才といわれる人たちにとって、挫折や失敗は恥ずかしいことではありません。挫折や失敗は挑戦したことがある証。一番恥ずかしいのは、チャレンジすることをやめることなのです。

私はそれほど賢くありません。ただ、人より長く一つのことと付き合ってきただけなのです。

syuchu_top

アインシュタインが物理学に興味を持ったのは幼少期からで、わずか9歳でピタゴラスの定理を自力で証明した過去があります。わき目もふらず物理学と向き合うことで、誰もたどり着けない心理にたどり着いたのでしょう。

何かを学ぶためには、自分で体験する以上にいい方法はない。

130829regular_exercise-thumb-640×360-63919

はしり方を本で勉強するのではなく、まず自分で一歩踏み出すほうが、より多くのことを理解し学ぶことができるという言葉。

6歳の子供に説明できてなければ、理解したとは言えない。

shutterstock_143450008

引用: itmama.jp

物事を理解するためには、学んだあと細かく噛み砕きわかりやすくシンプルな答えに変換できないと身にはならないという名言。

普通といわれる人生を送る人間なんて、一人としていやしない。いたらお目にかかりたいものだ。

93f1db19db6bbdb6e14b36b7bf77559f

引用: dream-d.net

この世に普通なんてものはないのです。すべてが特別で、すべてが個性。

この世は危険なところだ。悪いことをする人がいるためでなく、それを見ながら、何もしない人がいるためだ。

2013112001

行動を起こすことではなく、何もしないことが怖いと思わせる名言。

昨日から学び、今日のために生き、明日のために希望を持ちなさい。大事なことは、疑問を持つことをやめないことだ。

content_879097bab2558a83eb5d813d5913b88e0b6c3b4c

引用: readyfor.jp

大きな壁にぶつかった時など、過去から反省点を見つけ出し、なぜできなかったのかという疑問を持ち続け、きっと壁を乗り越えられるという未来への希望を持つことで前へ進むことができるという名言。

アインシュタインの名言で多いのは、「あきらめないこと」、「やめないこと」、「継続していくこと」ですね。簡単そうでなかなかできないですが、夢をあきらめそうになったときには思い出してほしいと思います。