2017年10月3日更新

チャン・グンソク出演のおすすめ映画5選!

チャン・グンソク

甘いマスクとワイルドな男らしい発言で日本の女性にファンが多いチャン・グンソク。日本では2006年に公開された「着信アリFinal」に出演したことがきっかけで、その顔が知られるようになりました。この記事ではそんな彼のおすすめ映画を紹介します。

目次

チャン・グンソクとは

チャン・グンソクは1987年生まれの韓国俳優です。歌手、モデルとしても活躍しています。

1993年に子ども服のモデルとしてデビュー。きっかけは、偶然家に来た映画俳優に勧められたからとのこと。父親の事業が失敗したことで、一時、子供の下着モデルをして生活費を稼いでいたこともあるそうです。

1997年に『幸福も売ります』でテレビデビューを果たし、2001年BOAと共演したSKテレコム「ティング」のテレビCMで注目を集めます。2004年にはラジオ番組『チャン・グンソクのヤングストリート』で韓国最年少DJになり、2005年にはテレビ番組で司会をつとめるなど、順調にキャリアを積んでいきます。 2006年のドラマ『ファン・ジニ』のキム・ウノ役でさらに知名度を上げ、2009年のドラマ『美男ですね』で人気を不動のものにします。日本での人気も『美男ですね』で急上昇しました。 好物がウナギであることから、親しみをこめて「うなぎ」とも呼ばれるチャン・グンソクの出演映画の中からおすすめ作品を厳選してご紹介します。

言葉を話さないチャン・グンソクの存在感【2006年】

310310ryo 小さい頃観た「学校の怪談」レベルに退化。CG、演出、脚本… 1→3の間に制作サイドに内紛、あるいはラリったか?と思うぐらい物凄い劣化ぶり。そして前作のカタコト日本語を反省して、チャン・グンソクには言葉を話させないという逆転の発想。もう出さなきゃよかったんじゃ? ていうか何故舞台は外国縛り? そして黒木メイサは女子高生よりかは女子大生のが似合うだろ!
a__ryn シリーズの解決編。R18+ 麻生学監督作品。

舞台は韓国。変化し続ける死の連鎖。今度は死のメールを'転送すれば、死なない'。 わたしの代わりに死んでくれる?友だちを自分の代わりに犠牲にするか、転送せずに死ぬか。わたしだったら...。 死に方がやっぱり今まででいちばんエグい。こんな修学旅行ぜったい嫌だ。 堀北真希ちゃんこういう役もハマっちゃうんだね。 いままで続いた死の連鎖が終わる。でもなんか終え方にインパクトがなかったかなあーと...。すごいことなんたけどね、実際はね。 今後、また死の連鎖が始まらないことを願います。

シリーズ作品の第3作目として2006年に公開された。韓国に修学旅行へフェリーで出港した高校生たち。楽しそうにはしゃいでいたが、中には…。

まだ本格的にブレイクする前のチャン・グンソクが見られます【2006年】

(INDYさん /Amazonより) レビューを見たらあまり期待できない感じだったけれど… まあグンソク君の幼さの残る姿を見るだけでもいいか~みたいな感じで鑑賞。 これが重くなくて青春している感じで…途中で泣けて…ハッピーエンドで… 見合わって面白かった!!って言えました。 歌はもちろん!!演技もこのころからこんなに力があったんだと改めて グンソク君の演技者としての凄さを感じました。 聞くところによると,いろいろな事情から3年間かかって完成したとか 成長期のグンソク君の変化が確かにわかります。

高校生の切ない恋の三角関係を描くラブストーリー。

韓国の徴兵制度を題材に、離ればなれになった4組のカップルの恋の行方を綴るラブコメディ。【2007年】

(nappunsaramさん /Amazonより) 韓国の諺に“コムシヌル コックロ シンタ”(ゴム靴を逆に履く)というのがありますが、これは恋人の男性が軍隊に行っている間に、その彼女が別の男と浮気してしまう状況を指す言葉として使われています。 本作は、この状況を4組のカップルの姿を通して描いた、オムニバス形式のラブコメです。因みに原題の“キダリダ ミチョ”は、「待っているうちに狂う」という意味です。(中略)

現在徴兵制度のない日本にとって、韓国の男性の徴兵に対する思いを理解することは難しいのですが、近年の韓国社会において、日常生活の中で徴兵制度が落とす影の部分を上手く描いていると思います。 北京オリンピックで日本の野球チームは、徴兵免除をちらつかされた韓国野球チームに完敗しましたが、その背景をこの映画で垣間見ることができます。

オムニバス映画よりも20話程度のドラマでやって欲しかった題材で、韓国社会に関心を持つ方には、楽しく見られる韓国理解の好教材として是非お勧めしたい作品です。

銀行をリストラされた中年男に、大学時代のバンド仲間で唯一音楽活動を続けていた男の訃報が届く。それを機に元メンバーとロックバンドを再結成しようとするが…。【2007年】

Yukie_Ozawa 辛いことが多い人生 楽しいことだけではない人生 でも、1人で生きてる訳ではない人生

だからこそ、つまずいた時に 誰かが助けてくれたり支えてくれたり ありがとって思う感じは 年取っても同じ♡ 青春はいくつになっても出来る笑

チャン・グンソクとキム・ハヌル。韓国を代表する美男美女の共演【2011年】

Yukie_Ozawa チャングンソクはモモ役にピッタリ! 甘えたり、拗ねたり…ペットにしたい笑

ウニ役の女優さんは、 これまた長身で足長な綺麗なお姉さんで♡

エンディングが韓国っぽかった

nao_tiara グンちゃんは可愛い。ほんとに可愛い。 こんなペットいたらきっと癒される。 きっと早くおうちに帰りたくなる。けど、感情移入できないのはあたしがペット気質だから

日本の漫画を原作に2011年に公開された。新聞社に勤める彼女はキャリアウーマンとしてその名が知られていたが、恋愛は不器用な繊細な女性で…。