©Admedia, Inc/AdMedia/Sipa USA/Newscom/Zeta Image

ローガン・ラーマンが好青年となって活躍中!身長や彼女は?

2017年7月6日更新

名作『バタフライ・エフェクト』など複数の作品に「天才子役」として出演したのち、現在も『ノア 約束の船』などで活躍し続けている俳優、ローガン・ラーマン。今回は彼のプライベートや今までの功績などについてまとめました!

ローガン・ラーマン、爽やか好青年の素顔とは?!

見るからに優しそうで品のあるルックスのローガン・ラーマンは1992年1月19日生まれアメリカ出身の俳優です。彼の一族は、ロサンゼルスで矯正器具を扱う会社を経営していて、実はローガンは御曹司ということになるのです!

身長は?

175cmと、俳優さんたちの中ではやや低めですね。

彼女は?

過去にあまり熱愛などの情報がなかったローガン。現在も確定とは言えませんが、一応彼女と目されているのが女優のアリシア・フォン・リットベルクです。2人は2014年の映画『フューリー』で恋人同士を演じたことからこういう話が出たのだと思われます。今後の展開に注目しましょう!

大ヒット作『バタフライ・エフェクト』の少年役で一躍有名に!

彼はキャリアの最初の方を「天才子役」として活躍し、それでいて大人となった今でも活躍し続けているのですが、子役時代の代表作として知られているのが『バタフライ・エフェクト』です。過去に戻る能力をもったエヴァンが自身のせいで人生を狂わせてしまった幼馴染・ケイリーを救おうと奮闘する物語。

ローガン・ラーマンは主人公エヴァンの子ども時代を演じ存在感を残しました。

また15才の時に出演した西部劇映画『3時10分、決断の時』も主な作品として数えられます。

成長を遂げ、イケメン俳優へ。

子役時代を卒業してからも、ローガンの俳優としての人気は衰えることなく、2010年に映画『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』、翌年には映画『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』で主演を務めています。

自分がポセイドンと人間のあいだに生まれた子だと聞かされた高校生の主人公・パーシー(ローガン・ラーマン)の冒険を描いたファンタジー映画『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』は、2013年に続編『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々/魔の海』も公開されています。

ローガン・ラーマンがエマ・ワトソンと青春映画で共演

クラスでも全く目立たず退屈な日々を過ごしていた主人公の少年・チャーリー(ローガン・ラーマン)が自由奔放なサム(エマ・ワトソン)と出会い、はじめての友情や恋を経験していく様子をリアルに描いた青春映画です。

ローガン演じるチャーリーとエマ演じるサムとの切なくも愛おしい関係性に多くの観客が心打たれた人気作品です。

ブラピも絶賛!『フューリー』で難役を演じたローガン

2014年公開のブラッド・ピット主演で第二次世界大戦を描いた映画『フューリー』では、ナチスドイツに最後の攻勢を試みていたアメリカ軍部隊のノーマン・“マシン”・エリソン を演じたローガン・ラーマン。

主演だけでなく本作の製作指揮を務めたブラッド・ピットもタフな現場での彼の熱演を高く評価していました。

ローガン・ラーマンの次回作は社会派人間ドラマ

数々の映画で主演を務め、ますます活躍が期待されるローガン・ラーマン。そんな彼の最新作が『Indignation(原題)』。1951年のアメリカを舞台にユダヤ人学生が差別や高まる社会不安に戸惑いながら生きていく姿を描いた作品です。2016年1月にアメリカ公開されましたが、日本公開については未定です。

今後も演技の幅をますます広げていくであろうローガン・ラーマンの成長に大注目です!