ディズニー最新作『ベイマックス』が漫画化!異例の映画公開前にストーリー解禁!

2017年7月6日更新
12月20日日本劇場公開を予定している『ベイマックス』ですが、ディズニーアニメーション初の連載漫画化が発表されました。ベイマックスの顔は日本の鈴をモデルにデザインされたり、作中の架空の街「サンフランシスキョー」の中には数々のカタカナ・漢字の看板などが登場するなど、非常に日本に馴染みの深い『ベイマックス』。公式サイトによると、本作を手掛けたドン・ホール監督は「日本にインスパイアされた『ベイマックス』を、【マンガ】を通して世界に伝えたかった」と、製作当初からの念願だったことを語ったそうです。
そして漫画版『ベイマックス』は週刊少年マガジンで人気を博した『ファイ・ブレイン 最期のパズル』の作画担当・上野春生が手がけます。映画本編の前日譚である「エピソード0」が「週刊少年マガジン36・37合併号」(8/6発売)にて掲載、「マガジンSPECIAL9号」(8/20~)にて新連載がスタートします。見逃せません!