2017年7月6日更新

ハンニバルのレクター博士以上にヤバイ博士15人 【グロ注意】

『羊たちの沈黙』『ハンニバル』などに登場するハンニバル・レクター博士はもちろん恐ろしい人食い殺人鬼ですが、カリスマ性や品格があります。異常さや残酷さでは彼を上回るマッドドクターが存在します。今回はレクター博士以上にヤバイ博士15人 を紹介します。

1.ドクター・セバスチャン・ケイン 『インビジブル』

hollowman

天才科学者セバスチャン・ケインは生物を透明にする薬の開発に成功します。しかし安全性が確認されなかったため、人体実験の許可が下りませんでした。業を煮やしたセバスチャンは自らその薬を使用して透明人間になります。

元々、エゴイスティックで野心に溢れていたケインは薬の副作用によってさらに凶暴化してしまい、マッドサイエンティストへと堕ちていきます。その後はレイプや暴力など悪に手を染め、同僚たちに襲い掛かりました。

2.ドクター・ヘンリー・プライド『Dr Black, Mr Hyde』

猟奇的な黒人医師ヘンリー・プライドは特別な若返り効果のある血清を使用する被験者を探していました。しかし被験者が見つからず、自分自身で実験することを決断します。血清を使用してしばらくすると、ヘンリー・プライドは動物のような白人男性へ変貌を遂げてしまいます。

黒人ギャングたちが変わり果てたプライドの姿を馬鹿にしたことがきっかけで街はカオス状態へ陥ります。始めにプライドはギャングのボスを窓ガラスへと投げつけると、銃で撃たれて倒れるまで人々に襲い掛かりました。

3.ドクター・ドゥーム 『ファンタスティック・フォー』

fantastic four

ラトベリアの君主でありファンタスティック・フォーのヴィランのドクター・ドゥームは若い頃に起こした事故の傷を隠すために、全身鎧をまとい、仮面で顔を覆っています。ドクター・ドゥームは身体的能力や超能力に頼るよりもむしろ、天才的な頭脳を駆使して人々を恐怖に陥れます。

4.ドクター・マイヤーシュルツ 『マニアック』(1934)

maniac

マッドドクター・マイヤーシュルツにとってお金、名声、尊敬、そんなものは彼にはどうでもいいものです。彼は死者を生き返らせるという野望に完全にとりつかれた人物です。

しかし、マイヤーシュルツは研究所の助手ドン・マクスウェルに殺されてしまいます。マクスウェルは罪を隠すためにマイヤーシュルツになりすまし、ドクターとして彼の研究を引き継ぎます。

5.ドクター・フー・マンチュー 『ナチ親衛隊の狼女』(『グラインドハウス』の内の1本)

グラインドハウス

ドクター・フー・マンチューは西欧人や西欧支配体制に対して強い反感を持った中国人です。マンチューは殺人スプレー、毒の唇を持つ女性暗殺者などを使い世界征服を企てます。

『ナチ親衛隊の狼女』は『グラインドハウス』の実在しない映画予告編の1本のため、この作品の中でフー・マンチューの計画の結末は語られていません。

6.ドクター・オーロフ  『The Awful Dr Orloff』 

the awful dr orlof

ドクター・オーロフは心優しい、娘思いの父親でした。しかし、娘が火事で大火傷を負ったことで変わってしまいます。

ナイトクラブから美しい女性を誘拐し、女性の皮膚を剥ぎ取って娘に移植しようと試みます。モンスターのような男モーフォがオーロフの計画をアシスタントとして支えていました。

7.ドクター・エリック・ヴォルノフ『怪物の花嫁』

bride of the doctor

エリック・ヴォルノフは50年代B級映画の典型的な科学者で、ロボと呼ばれるモンスターのような手下を従え、街外れに建つ城に住み、地下にタコを飼っています。ヴォルノフの野望は人間から巨人の人種を創り、世界征服することでした。

8.ドクター・エヴァン・レンデル『Dr.ギグルス』

dr,giggles

1957年ムーアハイという小さな町で、エヴァン・レンデル医師の患者が次々に失踪する不可解な事件が起こります。エヴァン・レンデルと息子が妻を生き返らせようと患者の心臓を取り出していたことが発覚、それを知った町の人たちはエヴァンを石で殺します。

しかし、息子は姿を消していました。精神病院から抜け出したエヴァン・レンデルJrは自身を医者だと信じ込み、次々に人々を切り刻んでいきます。彼が浮かべる笑みが人々を凍りつかせていたことからドクターギグルスというニックネームが付けられました。

9.ドクター・ストレンジラヴ『博士の異常な愛情』

博士の異常な愛情

アメリカ大統領の科学顧問としてドイツから帰化したドクター・ストレンジラヴは回りが見えなくなることがよくあります。そのため大統領のことを総統と呼び間違えるなど奇行が目立つ人物です。

核爆弾による人類絶滅を回避するためにドクター・ストレンジラヴはとんでもない計画を提示します。それは選抜された頭の良い男性と、性的魅力のある女性を地下へと避難させ、男性一人に対して、10人の女性を割り当てるという計画でした。

10.ドクター・モロー『モロー博士の島』

81uzxxMuSmL._SL1500_

学会から追放された科学者、ドクター・モローは南太平洋の孤島で動物から人間を作る生体実験をしていました。モローは犬、ヒョウなどから知能を持った生物を次々と生み出し、孤島は奇妙な人間動物で溢れる王国のようになっていました。

11.ドクター・アントン・ファイブス『怪人ドクターファイブス』

怪人ドクターファイブス

ドクターファイブスは妻の命を救うことの出来なかった医者や関係者に復讐を決意します。コウモリ、蜂、カエル、ねずみなど、エジプト10の呪いに関連させて次々と関係者を殺害していきます。9人を殺し、復讐を達成するために彼がターゲットとして選んだのは手術を失敗した医者の息子でした。

12.ドクター・ローカ 『Mad Doctor Of Blood Island』

Mad Doctor Of Blood Island

ドクター・ローカはフィリピンの孤島で人間を緑色のモンスターへ変える人体実験を行っていました。生み出されたモンスターは島の若い女性を次々に拉致し、それを邪魔しようとするものは容赦なく殺すほど凶暴でした。

13.ドクター・ハンプ 『The Curious Dr Humpp』

51PynHG3loL

ブラジルに住むドクター・ハンプはビンに入った喋る脳みそを所有しています。脳みそはハンプに言いました“SEXで世界征服したい”するとハンプはモンスターを生み出し、年頃のカップルを拉致させます。ハンプはカップルがSEXしている姿を見終わると、彼らの体液を抜き取って自身の体内へと取り込みました。

14.ドクター・カール・ヒル『ZOMBIO/死霊のしたたり』

re-animator

ドクター・ヒルにとって死とは始まりに過ぎません。ヒルの生徒の一人が死んだ細胞を再生させる研究に成功します。ヒルはその研究を奪おうと試みますが、逆に研究の被験者とされてしまいます。ドクター・ヒルはその生徒に復讐するためゾンビを生み出します。

15.ドクター・ヨーゼフ・ハイター『ムカデ人間』

71XnFdubNNL._SL1500_

天才医師のヨーゼフ・ハイターはとんでもない趣味を持つ人物です。彼は異常な欲望を満たすために3人の観光客を誘拐します。そして、3人の消化器官を1つにするために3人の口と肛門を繋げる手術をしてムカデ人間を作り出しました。その後ヨーゼフはムカデ人間をペットとして飼っています。