堤真一が社会派ドラマに挑戦!『リスクの神様』【あらすじ・キャスト】まとめ

2017年7月6日更新

フジテレビ系列で放送される新ドラマ『リスクの神様』。企業のリスク管理をテーマに、実力派俳優たちが勢ぞろいしました。ドラマの内容と出演者についてまとめてみました!

2015年の夏スタート!『リスクの神様』

リスクの神様

毎週水曜の10時にスタートするフジテレビのドラマ『リスクの神様』

“企業のリスク管理”という今までにあまりなかった視点でのドラマ作りに、他人事ではないものを感じる人も多いのではないでしょうか。

『エイプリルフールズ』を作った石川淳一監督の演出で送る作品に、社会派の中にも笑いどころのある独特のドラマになる期待が膨らみますね。

気になるストーリーは?

buisness-in-toronto

偽装や隠ぺいなどの不祥事から企業や個人、家族を守る危機管理専門家たちが活躍する硬派な本格社会派ドラマ。

「リスクの神様」と噂される伝説の危機管理専門家を堤真一が、出世争いに敗れてキャリアウーマンを戸田恵梨香がそれぞれ演じます。

主人公:西行寺智 / 堤真一

3fb56323

弁護士資格を持ち、大手弁護士事務所で企業トラブルに対応している目的のためなら手段を択ばない男。どんな権力にも臆さずに立ち向かっていく主人公を演じるのが、堤真一。

映画『クライマーズ・ハイ』で第32回日本アカデミー賞・優秀主演男優賞、舞台『ピアノ』『キル』では、第32回紀伊國屋演劇賞・個人賞、ドラマ『やまとなでしこ』では、第55回日本放送映画藝術大賞部門・優秀主演男優賞など、それぞれのジャンルで高い演技力を評価されている日本を代表する俳優ですね。

およそ8年ぶりとなるフジテレビ連続ドラマの出演となります。本人は、『SP』以来の民放ドラマの主演を演じるにあたって体力が一番心配なのだとか。

ヒロイン:神狩かおり / 戸田恵梨香

20150316_toda_02

西行寺が危機対策室長として雇われた会社の総合職に就いている女性。東大卒で、契約をとるためなら何でもするといわれるほどのバリバリのキャリアウーマン。

その気の強さから、トラブルが絶えない女性を演じるのが、戸田恵梨香。デビュー以降、『LIAR GAME』シリーズや『SPEC』シリーズなどミステリー系作品で着実にステップアップし、大人の雰囲気も兼ね備えてきた人気女優です。

4月に映画『エイプリルフールズ』5月に映画『駆け込み女と駆け出し男』6月には映画『予告犯』、ドラマ『予告犯-THEPAIN-』など大活躍ですね。

危機管理コンサルティング助手:結城実 / 森田剛

moritagou

出典: newbo.jp

西行寺の右腕として活躍する青年で、10年近く一緒に仕事をそてきた仲間。明るく軽そうな雰囲気もあるけれど、どんな困難でもさらっとこなしてしまう腕を持つ男。

そんな結城実を演じるのは8年ぶりの連続ドラマ出演となる森田剛。数多くの舞台にも立ち、主演をはって実力を上げてきた彼の演技力にも期待が膨らみますね。 news_20150608_04_01

そのほかにも、古田新太、志賀廣太郎、山口紗弥加、満島真之介、吉田幸太郎、小日向文世と一癖も二癖もある実力派俳優ばかり。どんな俳優同士のぶつかり合いが起こるのかも魅力の一つなので、ぜひ注目して下さい。