『ジュラシック・ワールド』クリス・プラットにいたずら!恐竜を怖がる姿がかわいすぎる

2017年7月18日更新

北米OP興収歴代一位を達成した『ジュラシック・ワールド』主演のクリス・プラットに本物そっくりの恐竜が襲いかかってくるドッキリが仕掛けられた映像が公開され、話題となっています。今回はそのドッキリ映像をcinemablend.comよりお届けします。今をときめく大人気ハリウッド俳優のリアクションに注目しながらご覧ください!

ドッキリを仕掛けたのはあの集団だった!

今回クリスにドッキリを敢行したのは、数々のドッキリ映像をネット上に公開しているイタズラ集団「SA Wardega」。

ポーランド出身のSA Wardegaはこれまでにさまざまなおもしろドッキリ映像をyoutubeにアップし、話題となっています。

特に有名な作品は、ニセモノの巨大グモが一般市民に襲いかかる動画で、巨大なタランチュラの着ぐるみを着た犬の名演技と非常によくできた小道具を使って、通りかった人々をビビらせるというもの。

この動画をyoutubeにアップしたところ、9カ月間で1億4300万回もの視聴回数をたたきあげました。

クリスのキュートなリアクションにご注目 (0:55あたり)

そんなSA Wardegaの新たなターゲットになったのが、『LEGO ムービー』『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』『ジュラシック・ワールド』と主演作が三作連続で全米No.1ヒットを記録している、大人気ハリウッド俳優クリス・プラット

仕事の移動中何も知らない彼を、パッと見は本物そっくりの恐竜の着ぐるみを着たSA Wardegaが突如襲いかかるというものです。

『ジュラシック・ワールド』では、遺伝子操作により凶暴化したインドミナス・レックスと戦うヒーローを演じた彼が、実際どのようなリアクションを取っているのか楽しめる映像となっています。

驚きのあまり、思わずピー用語をすべらせてしまったクリスですが、なんとかクールに接しようと努めている姿に親近感が感じられます。

この動画が超ヒットになったのは、公開される数日前に『ジュラシック・ワールド』が北米オープニング興行収入一位を獲得したことも関係あるかもしれませんね。

恐竜ドッキリの被害者は他にもいた!

6月初めに、SA Wardegaはジュラシック・ワールドをテーマにしたドッキリを一般人にも行っていました。

恐竜の出現に思わずたじろいだり、恐怖のあまりその場から慌てて逃げ出す一般人の様子を公開しています。

このような過激なドッキリが出来るのもアメリカだからでしょうか?日本ではまず見られない光景ですね。