一度は観ておきたい名作恋愛映画10選【洋画編】

2017年7月13日更新
映画はよく観ているのだけど、実は名作と呼ばれる映画をまだ観ていなかったりしませんか?観ておきたいけども何から観ればいいのかわからない、そんなあなたにおすすめの名作洋画恋愛映画をまとめました。ベタなラブストーリーが多いもののさすがは名作!観ていて飽きるどころかその世界にぐいぐいと惹きこんでくれます。ぜひご覧ください!

約1500人が命を落とした豪華客船タイタニック号の海難事故を舞台にラブストーリーを描き出したスペクタクル・ロマン超大作

Naoko_Kanehira 高校の頃、映画館で鑑賞。映画館を出ても涙が止まらず、友達の前で恥ずかしい思いをしたw 「人は音楽があると少しは心が落ち着くはずだ」と、一度解散した楽士隊が再び集まり演奏を再開するシーンには、泣き過ぎて嗚咽モノw この楽士隊の話も実話であり、演奏した楽士隊全員がやはり救われなかったという事実も胸が痛い。 熱い青年役のレオ様は流石の好演。誠実・不誠実に限らず、熱い役どころがレオ様はハマりますね。 以下、ネタバレだったらごめんなさい。 最後、現代のローズが隠し持っていたエメラルドを海に沈めるシーンがキュートで大好き。ローズが幸せな結婚をしたであろう設定にも好感が持てました。

ヨーロッパの各国を親善旅行中のある小国の王女アン(オードリー・ヘプバーン)は日ごろの生活に疲れ、夜中、街に勝手に繰り出した。そこで出会った新聞記者と恋におち…

shiorinoguchi 素晴らしかった……白黒映画苦手だと思ってたけど、誇張でなく、オードリーが車から降りて走っていくシーンで白黒だって思い出した。あんなに色鮮やかな白黒映画が存在すると思わなかった。美しく愛らしい彼女のいるローマは、自分の目が捉えたローマよりずっとずっと魅力的に見える。 主演2人の表情の変化だけで語られるラストシーンは確かに名シーンだし、ストーリーとしても無駄がなく直球で、現代人の感情を揺さぶる力をまだ持ってる。 名作。

少年少女の淡い恋心を描いたラブ・ストーリーの傑作。厳格な教えを説く教師たちや過干渉な親たちと、それらに従うことなくそれぞれの目的や楽しみを見つけようとする子供たちの姿が描かれている

skr_icj #eiga #movie 子どもの純粋な恋物語にはまり中。 好きという気持ちもきっとよくわからないし、「結婚」という言葉をすぐ口に出す年代。ただ異性へふくらむ好奇心と、それを隠してからかいつつも、やっぱり気にする様子が可愛らしい。 彼らは本気なのに、大人たちからはなかなか相手にされない。そこで一致団結するのだが、子どもたちひとりひとりが純粋で本当に真っ直ぐだからつい応援したくなる。 また、挿入歌も泣きそうになるくらい温かい。終わり方もかなり好きな感じだったなあ。 悪意が一欠片もない映画は観ていて穏やかになるけど、もうこの頃の気持ちには戻れないとわかっているからこそ、ちょっぴり切ない気持ちにもなった。

事件に巻き込まれて殺された男が幽霊となっても愛する人を守ろうとする姿を描くファンタジックなラブ・ストーリー

Naura_Tanaka 大人のロマンスを子供ながらに初めて理解した映画。 こうゆう恋愛が本物なんだって大人になったら私もこうして人を愛するんだって思った!

世界一有名な美人女優のアナ(ジュリア・ロバーツ)が、ロケをしている最中に街で出会った本屋のウィリアム(ヒュー・グラント)と恋に落ちる

gallivant55 今まで出会った恋愛映画の最上級作品。これを超える作品には今のところまだ出会えてない。

高嶺の花、やっぱり口説くには勇気も度胸もいる。

でも、そこをちゃっかりスマートに口説いてくれるのは、ヒューしかいないと思う。

身分違いの純愛を貫く若き恋人同士の情熱的な愛を描き上げたロマンチックラブストーリー

kaho 観て損はしない作品 涙が止まりませんでした

南部の大富豪の娘の絶世の美女スカーレット・オハラは、名家の御曹司アシュレーに思いを寄せていたが、彼が別の女性と結婚するといううわさを聞き、嫉妬からとんでもない行動を取る…

Minamizaki_Masayasu 名作であり大作!3時間40分だけど、全く飽きなくずーーっと見てた。スカーレットは、とにかく、今、今できる事をする。躊躇しない。前へ進む。激動の時代を生き抜いた人なんだね。 君を想う気持ちは誰にも負けない。私は涙を流さない。餓えにも負けない。私は気づいたの、あなた無しでは生きていけない。メラニーの優しさ

ショービジネス界のトップスターと、その世界でも屈指の実力を持つボディガードとの恋を描くラヴ・ストーリー

hika8nino 名作だね。ケビン・コスナーに惚れちゃう。

両手がハサミの人造人間が街で巻き起こす騒動と、彼と少女との切ない恋模様を描写したSFフアンタジー

ash182_ 個人的なジョニー・デップ祭。初めて見た。ちょっと泣いてしまった。ジョニーさん、変な役多いなぁ、と思いながら見ていたはずなのにいつのまにかのめり込んでいた。あのぎこちない笑いとかすごい。はまり役だったんだろう。ていうか、若い。とても若いですわよ! 私の知ってるジョニー・デップはもっといい感じのおじさまのイメージだったので、すごく新鮮でした。 いろんなものを傷つけてしまう、人に触ることができない。それが一体どういうものなのかは体感していなくても、そんなに寂しいことってないと思う。人は見た目で決まると言う。確かにそうだと思うこともあるし、第一印象って重要だと思うけど、私たちは、本質を理解しようとしなくてはならないのかもしれない。

仕事一筋の男と自由奔放な女の偶然から始まった恋愛が、ユーモアと共に恋の哀切さを伝える

LAmetaler 病気を題材とした恋愛映画は数あれど、 ひと味違うな、という印象でした。 キアヌ・リーブス演じるネルソンは気丈で、 とても強い人間ですね。 特にクリスマスプレゼントを渡すシーンは 最高でした。 切ない恋愛映画が観たい人にはオススメです。