2017年7月6日更新

映画『マレフィセント』の感想評価まとめ

悪役の魔女が主人公という異色のディズニー映画『マレフィセント』の感想や評価、評判やレビューをまとめてご紹介します。

悪役視点の異色のディズニー映画『マレフィセント』

『眠れる森の美女』の主人公・オーロラ姫に呪いをかけた悪役・マレフィセント。彼女はなぜ、そんな行動に出たのか?そこには悲しい過去がありました。悪役の視点からおとぎ話を描いた異色のディズニー・ファンタジーとして話題を集めたこの作品。

主人公を人気女優アンジェリーナ・ジョリーが演じたことでも注目を集めた2014年公開の映画『マレフィセント』の感想や評価を見ていきましょう。

原作『眠れる森の美女』とは別物として楽しめる!との評価

ディズニーアニメとは結末も話も違う。でもそこがよかった!映像がきれいで、世界観がでてる。
つの?がどうやって付いてるのか、結構な時間気になってしまったのは内緒。原作と同じとこもあれば全然違うとこもあって、ディズニーファンには逆に観て欲しい。
眠れる森の美女とは色々違ったけど、これはこれでアリだな!(結末は合わせてほしかったかも)ステファン王の描き方が浅く、小物感があったのが残念でした。マレフィセントと国王の物語なんだから、そのへんはもうちょい丁寧にやってほしかったねえ。終わり方が慌ただしかったのももったいない。とはいえアンジー演じるマレフィセントは期待以上でした!アナ雪より好きかも。

とにかくアンジーが美しい!圧倒的な存在感

アンジーの目の演技、笑い方ひとつひとつに見惚れた。CGももちろんすごいけど、アンジーの存在感でそれどころじゃない(笑)
面白かった! 良いのか悪いのか、アンジェリーナジョリーがアンジェリーナジョリー過ぎて(謎)、アンジェリーナジョリーの映画だった。泣くシーン、激烈怒るシーン、見守るシーン、それほど彼女が凄いなって思ったということ!
この役、アンジーだからできた映画だと思う。 かっこいいし愛情深い生き方が表情に出る。 ファンタジー系の映画になると戦を描きがちだけど、物理的ではなく、冷戦みたいに表現しても面白かったんじゃないかな。

さすがディズニー!という世界観。映像美に称賛の声

映像がとても綺麗、迫力あったし。 世界観も大好物だったし、引き込まれる。 原作とは少し違うけど、 わたしはこっちの方が好きだなー。
映像がとても綺麗で驚かされた。 マレフィセントは邪悪なイメージしか 今までなかったがこの映画を見て 今までのイメージが全て覆された感じ。 ディズニーの実写映画ではトップ

悪役が主人公だけど、あたたかいストーリーに感動。悪役だけど好きになる!

いわゆる「眠れる森の美女」では悪役の魔女の話だけど、こんなにも切なくて悲しい、あたたかい話にもなる。ひたすら、“美女”の父、王様が嫌なやつすぎるけど、それもその人サイドの話を作ったら違った見え方するんだろうなーなんて考えたら、もうなんか、悪って何…_| ̄|○笑

憎しみを越えるのも、一時の過ちを越えるのも、やっぱり真実の愛、なのかね。

私の好きなアクションとディズニーが合わさって最高でした!アンジーの瞳の綺麗さにぐっときたり、終わり方も良かったけど、真実の愛に関してはぐさりと。笑。悪役も好きになるね!
とても良かった。眠れる森の美女の、魔女のお話。だけど、悪役って言いたくないくらい人格者なのに悪者になっていく過程とか凄くわかりやすかった。 母と見に行ったのだけど、母は2回目なのに、凄く泣いていた。親になったらわかる気持ちなのかもしれない。 ディズニー映画だけど、どちらかというとお母さんにオススメなのかな。

さすがディズニーです。

『マレフィセント』はアナ雪に似てる?!ディズニーの“脱王子様”傾向

映像はさすがdisneyです。 ただ、話の展開がアナ雪をみた後だったので読めてしまったのが残念。
最近のディズニーはこういう感じのが増えてるのかな?アナ雪と何となく方向性が似ているような。映像も綺麗でテンポもいいのですが、終始暗いので眠くなりました。
映像が綺麗だった★ 想像していたストーリーと違っていて面白かった!王子様が必ず救うとは限らないのが最近のディズニー作品で、現代向きに制作されてると思った。
アナ雪から見ていて思うのですが、ディズニー作品の「愛」の方向は今後「家族愛」とか「友愛」に傾いていくんですかね。ベイ・マックスもそんな雰囲気がありましたし。 純粋なプリンセスは今後はあまり出てこないのかもしれませんね。 私個人としてはヴィランズは好きなので、他のヴィランズの映画も作ってもらえると面白いのに、と思っています(笑)