2017年7月6日更新

『トイ・ストーリー3』にまさかのトトロ出演!?

『トイ・ストーリー』シリーズといえば、アメリカはピクサーの大ヒットアニメーション映画ですが、なんと『トイ・ストーリー3』では日本が誇るスタジオジブリのトトロが登場しているのです。今回は、『トイ・ストーリー3』にトトロが登場することになった理由について紹介させていただきます。

トトロが登場する『トイ・ストーリー3』の予告編

上の予告編では、確かにトトロが登場しています。どうしてトトロが『トイ・ストーリー3』に出演しているのでしょうか?

宮崎駿に衝撃を受けたジョン・ラセター

『となりのトトロ』

ジョン・ラセターは大学卒業後、ディズニーで働き始めます。ディズニーは子供向けのアニメを製作するという方針をとっていましたが、ジョン・ラセターは全ての世代に訴えるアニメを作るべきだと考えていました。

1981年、日本のアニメ製作会社トムス・エンタテイメントがジョン・ラセターを訪問し、宮崎駿監督作品『ルパン三世 カリオストロの城』を上映します。ジョン・ラセターはその時のことについて、下記のようなコメントをしています。

「僕は完全にぶっ飛んだ」「とても大きな衝撃を受けたよ。今まで見たアニメ作品のなかで、これこそが全ての世代の人々を楽しませるというヴィジョンをもつ作品だ、と感じた。この世で僕だけがその思いを持つ人間じゃないと思わせてくれた」「これが自分の作りたいものだ、前に進もうという思いで満たされた」

1987年11月11日、ジョン・ラセターと宮崎駿は対面します。その時、宮崎駿は『となりのトトロ』の原画を送り、ジョン・ラセターは今でもスタジオに飾っているそうです。

ジョン・ラセターは宮崎駿の作品を世界中に届けたいと考え、『千と千尋の神隠し』の翻訳にも協力しています。

トトロ登場の経緯

『となりのトトロ』

ピクサーとジブリという会社ぐるみで20年来の付き合いがあるジョン・ラセターと宮崎駿。ジョン・ラセターがトトロをおもちゃとして登場させることを打診したところ、宮崎駿が快諾し、トトロの登場が実現したそうです。

トトロが登場しているシーンはひとつではありません。『トイ・ストーリー3』を鑑賞する際は、注意してみていると、また違った楽しみ方ができるかもしれません。