2017年7月6日更新

まさかあのキティちゃんが映画化!制作費は200億?!

screencrush.comによると、日本のあの人気キャラクター、「キティちゃん」がアメリカで映画化されるそうです。ストーリーやキャストなど具体的な話は一切未定ですが、唯一報道されているのは巨額の制作費。その詳細を含め、映画化にまつわる噂やエピソードをまとめていきます。

40年間の活躍から遂に映画化!

2014年、40周年を迎えた世界中で愛されているハロー・キティ。レディ・ガガ始めセレブリティたちもファンということからその人気ぶりが窺えます。

またアメリカに子会社、サンリオメディア&ピクチャーズ・エンターテインメントを設立したことも記憶に新しいはずです。その子会社がキティちゃんの映画化を発表し、全世界で注目されています。

制作費は驚きの額!

その話題の的は何と言っても制作費。米deadlineが報じたところによると、日本に円にしておよそ200億円と噂されているのです。 ここには広告費なども含みますが、それにしてもさすがは世界のハロー・キティといったところです。

また、将来的にはキキララやマイメロディなど他のキャラクターの映画化も計画されているようです。

キティちゃんはネコではない?

先日、キティちゃんは擬人化されたキャラクターであってネコではないというニュースが世界中を仰天させました。

どう見てもネコに見える…と混乱するファンも少なくないようですが、映画ではその謎も明らかになるかもしれません。公開は2019年とまだまだ先ですが、いまから待ち遠しいですね!