2017年7月6日更新

熊本を舞台にした日本・タイ合作映画『アリエル王子と監視人』【あらすじ・キャスト】

日本とタイの国際共同制作映画『アリエル王子と監視人』(英題:『Hand in the Glove』)が2015年7月11日(土)に公開されました。今回は、映画のあらすじ、キャストをご紹介します。

日本とタイで共同製作された、映画の予告編をどうぞ

ルベール王国のアリエル王子(チャーノン・リクンスラガーン)は、休暇を過ごすため、付き人のクリスとともに、熊本を訪れました。アリエルの父の古い友人ヒデが総支配人を務める熊本のホテルで、日々の王位継承者というプレッシャーから解放されて自由を満喫するための、お忍びの休暇です。

アリエルは到着してすぐにホテルから抜け出そうとするのですが、クリスに見つかりホテルの部屋に連れ戻されます。

自由を楽しみたいアリエルの気持ちを感じとり、クリスは、監視人という名目でアリエルに公認のデート相手を探すよう、総支配人のヒデに依頼するのです。

そして、ヒデが探してきたのは、日々に流されて生きるリサという女性でした・・・。

メガホンをとったのは28歳の期待の新人 稲葉雄介監督

2010年のデビュー作『君とママとカウボーイ』では、韓国のシネマデジタルソウル国際映画祭など、国内外の映画祭で話題を呼びました。

主演アリエル王子/チャーノン・リクンスラガーン

チャーノン・リクンスラガーンは、タイの人気のバンド「August Band」のメンバーで、出演映画『The Love of Siam』もタイで大ヒットしています。

監視人\リサ/伊藤恵美子

伊藤恵美子は、映画「子宮に沈める」で難役を演じきった主演の女優です。

他にも、タイの人気女優セリーナ・ウィースマン、篠井英介、忍成修吾など、役者スタッフともにタイと日本の最強タッグを組んでいます。

カンヌ国際映画祭のパビリオンを会場では『くまモンデー』が開催されました

2015年5月22日に行われた、カンヌ国際映画祭では、映画と舞台となった熊本のPRのためご当地ゆるキャラ「くまモン」も出演し、カンヌを大いに賑わせました。

この映画は、全編熊本でのロケで撮影されているので、ストーリーとともに熊本の風景も見どころです。心が温かくなる映画『アリエル王子と監視人』は、7月11日(土)公開です。ぜひご覧ください。