今週映画館で観たいおすすめ映画5選!(7月14日〜)

2017年7月6日更新

今週映画館行くならこの作品を!毎週火曜更新!Ciatrスタッフによる上映中の話題作・今週末公開の新作から厳選したおすすめ映画5選です!口コミ・予告をチェックしよう!

7.18(土)公開:主人公は頭の中の感情たち!?海外でもヒット中のピクサー最新作!

【あらすじ】アメリカの田舎町に住む11歳の少女ライリー。彼女の頭の中ではヨロコビ、イカリ、ムカムカ、ビビリ、カナシミという5つの「感情」が住んでいる。ライリーは父親の仕事のせいで大都会サンフランシスコに引っ越しすることになった。彼女を守るためにぶつかり合う感情たちは、果たして彼女を幸せにすることができるのだろうか?

7.18(土)公開:久利生検事がスクリーンに帰ってきた。

【あらすじ】ネウストリア公国大使館の近くで起こった交通事故。久利生公平検事(木村拓哉)と麻木千佳事務官(北川景子)は、事故を追う内に雨宮舞子(松たか子)が担当する事件と絡んでいることを知る。久利生は単なる交通事故ではないと感じ、大使館に話を聞こうと試みるが断られ、さらに外務省からの圧力を受けることになるが..

7.18(土)公開:チャップリン遺体誘拐事件をベースにした感動のフランス映画。

【あらすじ】1977年12月25日。世界の喜劇王チャーリー・チャップリン死去。 スイス・レマン湖畔。お調子者のエディの親友オスマンは、娘がまだ小さく妻は入院中。医療費が払えなくなるほど貧しい生活を送っていた。そんな時テレビから“喜劇王チャップリン死去”という衝撃のニュースが。エディは埋葬されたチャップリンの柩を盗み身代金で生活を立て直そうと、弱気のオスマンを巻き込んで決死の犯行へ。 ところが、詰めの甘い計画は次々にボロを出すばかりか、ツキのなさにも見舞われて崩壊寸前。あきらめかけた時、追詰められたオスマンが最後の賭けに出た。人生どん底の2人に救いの手は差し伸べられるのか――。

7.18(土)公開:ラクダと共に旅に出よう。実話を描いたロードムービー。

【あらすじ】砂埃が舞うオーストラリア中央部の町アリス・スプリングス。うまくいかない人生に変化を求め、家族や友だちから離れて、たったひとり都会からこの町にやってきた24歳の女性ロビン。彼女がこの地を訪れた目的は、とてつもなく広大な西部の砂漠地帯を踏破し、インド洋を目指す冒険の旅に出ること。町のパブで働きながら、牧場でラクダの調教を学び、旅の準備を整えたロビンは、荷物持ちとなる4頭のラクダと、いつも心の支えになってくれる愛犬を引き連れて、いよいよ町を出発。圧倒的な大自然のなかを、自らの足でしっかりと大地を踏みしめて一歩ずつ前進していく。やがてこの波乱に満ちた旅の道程で、ロビンは一生の宝物になるような出会いと経験を重ねていくのだった…。

7.18(土)公開:人間をセイウチにしちゃいました。

【あらすじ】Podcastを運営するブライトンは取材のためカナダを訪れる。そこで、元船乗りの老人から航海の話をしたいということを聞き、ネタになると思ったブライトンは彼の家を訪ねることに。車椅子に乗ったハワード老人はブライトンに話をするが、テーブルの紅茶に口をつけると、それには睡眠薬が含まれていて..