坂口健太郎の素顔に迫る【月9ドラマ『いつ恋』朝ドラ『とと姉ちゃん』に出演】

2017年5月15日更新 18497view

塩顔男子という新しいジャンルを生んだとして注目された、坂口健太郎。モデルとしてキャリアをスタートさせた彼ですが、映画『ヒロイン失格』やドラマ『コウノドリ』でも注目を集め、2016年上半期の朝ドラ『とと姉ちゃん』にも出演するなど俳優としても活躍中です。そんな彼の出演作から気になるプライベートまで、まとめてみました。

人気急上昇中の俳優・坂口健太郎とは。塩顔男子ブームの火付け役!

最近よく目にする、坂口健太郎。身長は183cmとすらりとしたスタイルと、素朴ながら人を惹きつける顔が魅力的ですね。そんな彼のキャリアや素顔をまとめてみました!

坂口健太郎のプロフィール

彼は1991年7月11日生まれの東京都出身です。日本の俳優やモデルとして活躍しています。19歳のときに『MEN'S NON-NO モデルオーディション』に合格し、モデルデビュー。現在も「メンズノンノ」の専属モデルを務めています。

映画『ヒロイン失格』『俺物語!!』などに出演し、朝ドラ『とと姉ちゃん』への出演も決まるなど、俳優としても人気急上昇中です。

塩顔男子ブームの火付け役?人気急上昇中の坂口健太郎

切れ長の目でさっぱりした顔立ち。くしゃっとした笑顔が愛くるしい塩顔男子。

坂口健太郎はそんな昨今の塩顔ブームの火付け役とも言われています。たしかに目がなくなっちゃう笑顔が可愛いですよね!

高校時代はバレーボール部に所属していたというスポーツマンの一面を持ちながら、趣味は読書で村上龍や司馬遼太郎の作品を好み、雑誌でもお気に入りの本を紹介するほどの読書家です。

ドラマ『コウノドリ』に出演中!2016年春からの朝ドラ『とと姉ちゃん』にも出演決定!

映画『ヒロイン失格』『俺物語!!』などに出演し、モデルだけでなく俳優としても活躍の場を広げています。綾野剛主演で産婦人科を舞台にしたドラマ『コウノドリ』に出演。2016年4月より放送のNHK朝の連続テレビ小説『とと姉ちゃん』への出演も決まっています。

人気モデルとしてのスタート

「メンズノンノ」でモデルデビュー!

2010年、当時19歳だった坂口健太郎は、不動の人気を誇るファッション誌「メンズノンノ」で第25回メンズノンノモデルオーディションに合格したことをきっかけに、モデル活動をスタートさせました。

専属モデルにして大抜擢!雑誌『メンズノンノ』20年ぶりの単独表紙!

専属モデルとしては20年ぶりに同誌の表紙を飾ったことでも大きな話題を呼び、さらに注目を集めることになります。その涼しげな顔立ちから、塩顔男子、または塩顔イケメンなどと呼ばれイケメンのニューカマーとして人気を獲得しました。公式Twitterではプライベート写真や撮影現場のオフショットも公開しています。

趣味は読書。特技はバレーボール!

坂口健太郎は読書家としても知られています。。母の影響が強いそうで、歴史小説や北方謙三など渋めの本がもともと好みなようです。また読書の経験が演技のスタンスにも影響しているそう。

昔小さな劇団に入ってた母親がかなりの読書好きで、僕に『この本の○○が健ちゃんに似てるよ』とか頻繁に言ってくるんです。だから、本を読む時に自然と自分を投影するようになったりして、今思えば、そういうことが影響してるのかもしれない。
引用:www.wani.co.jp

好きな作家は北方謙三、村上龍、司馬遼太郎、恩田陸など、比較的幅広いジャンルを読む様です。

そして特技はバレーボール。高校時代は選手として活躍しており、文学も運動もと、そのオールマイティーさが魅力です。

モテ男には恋はつきもの?彼女の存在は?

世間でその名を知られるようになればなるほど、プライベートも話題に取り上げられることも多くなります。坂口も例外でなく、熱愛報道が飛び出しました。

そのお相手は、モデルで女優の波瑠で、モデル同士ということもあり共通点も多く意気投合したと言われています。また、坂口はメンズノンノの専属モデルあり、一方波留は女性ファッション誌のノンノの専属モデルとして活躍、発行元が同じ集英社だということも大きいかったのかもしれません。

これまでは、同じくモデル、女優として活躍している菊池亜希子が年上の彼女ではないかとも言われてましたが、ここに来て波瑠という説も浮上してきました。

恋の行方は一体どのように進んでいくのか気になりますね。

俳優としても大活躍!映画やドラマにも多数出演

2014年から俳優としても活躍している彼は『シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸』でスクリーン・デビュー。以後『娚の一生』『予告犯』『海街diary』と話題作に立て続けに出演しています。

映画『シャンティ デイズ 365日』では瞬役でスクリーンデビュー

道端ジェシカ、門脇麦がW主演を努めるハートフルムービー映画『シャンティ デイズ 365日』では、道端ジェシカ演じるKUMIの行きつけのバーの従業員、瞬役を演じました。

本作がスクリーンデビューとなりましたが、坂口健太郎はそこまで緊張はしなかった様で、映画でも違和感無く、ナチュラルな演技を見せています。

映画『娚の一生』では、榮倉奈々演じるつぐみの弟、信夫に抜擢

二度目の映画出演作は、榮倉奈々の足にキスをする豊川悦司のポスターが印象的な映画『娚の一生』です。

坂口健太郎が演じたのは榮倉奈々演じるつぐみの弟、信夫役です。

映画『予告犯』では市川学役を好演

ネット犯罪の対策部署である「サイバー犯罪対策課」と、通称“シンブンシ”と呼ばれる、独自の方法で制裁を加える犯罪グループとの戦いを描いた筒井哲也のマンガが原作の映画『予告犯』。本作で坂口健太郎は、サイバー犯罪対策課の刑事で活躍する刑事、市川学を演じています。

映画『海街diary』では藤井朋章役で出演

映画『海街diary』では、長澤まさみ演じる次女、佳乃の年下の恋人である藤井朋章役を演じました。

映画の中での出演シーンは多くないものの、「4姉妹の次女、佳乃が好きになる男性」という観点では重要な役どころです。どこか影のあるミステリアスな雰囲気をまとわせられる俳優としてベストなキャスティングだったと、監督である是枝裕和はコメントしました。

映画『at Home アットホーム』では長男の森山淳役に

2015年8月22日公開の『at Home アットホーム』では、犯罪で生計を立てる寄せ集め家族の長男に抜擢。竹野内豊、松雪泰子、黒島結菜らと共演しています。

映画『ヒロイン失格』ではヒロインを好きになる弘光康祐役に抜擢される

2015年9月19日公開『ヒロイン失格』では桐谷美鈴との共演も話題に。山崎賢人演じる寺坂利太を思い続けるヒロインはとりに告白する学校一のモテ男、弘光康祐を演じます。

映画『残穢 - 住んではいけない部屋』

小野不由美の傑作小説を実写映画化した2016年1月30日公開の『残穢 - 住んではいけない部屋』にも出演。竹内結子、橋本愛、佐々木蔵之介ら豪華キャストと共演しています。

実写映画『俺物語!!』に坂口健太郎が砂川誠(すながわまこと)役で出演!

「別冊マーガレット」にて好評連載中の『俺物語!!』が待望の実写化となり、そのキャスティングが話題を呼びました。主人公の剛田猛男は身長2メートル、推定体重120キロという大男で、彼に扮するのは鈴木亮平、ヒロインの大和凛子には永野芽郁が大抜擢されています。

そして、猛男の親友・砂川誠に選ばれたのが坂口健太郎です。原作ファンからはコミックのイメージから離れているというとの声も少なくはありません。ですが、単なるイケメンではない、クールな雰囲気を抱きつつも内面からにじみ出る奥ゆかさというものは、坂口健太郎しか出せなかったと、『俺物語!!』のプロデューサーである佐藤貴博からは太鼓判。そんな坂口健太郎演じる誠に期待は高まるばかりです。映画『俺物語』は2015年10月31日に公開です。

完成披露試写会では、永野芽郁に鈴木亮平と砂川誠として告白対決!

完成披露試写会では、「漢気告白対決」なるものが行われました。内容は、大和凛子役の永野芽郁に「卒業後の教室に二人きり」という設定のもと、坂口健太郎と鈴木亮平、どちらが魅力的な告白ができるか対決するというもの。

「好きだ」と、照れながら告白した坂口健太郎に対し、鈴木亮平は「好きだああああ!」と剛田猛男らしく告白。

結果は、圧倒的に鈴木亮平の勝利で終わりました。

TBS系連続ドラマ『コウノドリ』ではみんなから愛される新米医師、白川領役に

2015年10月から放送が開始されるTBS系の連続ドラマ『コウノドリ』。主演は綾野剛で、産婦人科医でありながらも天才ピアニストというミステリアスな役柄です。

このドラマで坂口健太郎は新米の新生児科の研修医、白川領を演じます。新生児科というのは、低体重や病気等で生まれて間もない状態で母親のお腹から出てきた赤ちゃんを診る、体力的にも精神的にも負担の大きな場所です。そのような予断を許さない過酷な状況の中での新米外科という役どころは、映画『ヒロイン失格』等ではみれなかった坂口健太郎の演技がみれるかもしれません。

月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』に出演

2016年1月から始まる月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』に中條晴太役で出演します。

『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』は、『東京ラブストーリー』『Mother』『最高の離婚』などの名作を生み出してきた坂元裕二が脚本をつとめ、有村架純高良健吾が主演するこのドラマは、地方から出てきた若者たちが東京でもがきながら生きていくのを描いたラブストーリー。

北海道で暮らす音(有村架純)と、福島から上京して東京でくらす練(高良健吾)。決して交わることのないふたりに恋が芽生えるところから物語ははじまります。

坂口健太郎が演じる中條晴太はルックスを武器に東京で自由奔放にサバイブしているという役どころのようです。

共演には、NHK朝ドラ『とと姉ちゃん』にヒロインとして出演が決定している高畑充希、AAAのメンバーでもある西島隆弘、今勢いのある若手女優・森川葵。坂口健太郎は『とと姉ちゃん』の出演も決定しています。高畑充希とのコンビにも注目ですね。

過去に『ヒロイン失格』の舞台挨拶では、自分の恋愛観を語っていました。「愛されるよりも愛したい」という坂口健太郎。本作でどのような坂口健太郎が見れるのでしょうか。

NHK朝ドラ『とと姉ちゃん』に星野武蔵役で出演!

2016年4月より放送開始のNHK朝ドラ『とと姉ちゃん』に主演の高畑充希をはじめ、西島秀俊、向井理など今をときめく人気俳優との共演に注目です。

亡き父に代わって家族を守るたくましい女性の姿を描くドラマ『とと姉ちゃん』

戦前、戦後を家族を守るためにたくましく生きていく「とと姉ちゃん」という愛称で親しまれるヒロイン・小橋常子の成長を描いた物語。家族のドラマであるとともに、「女性のための雑誌」を創刊するために奮闘する常子の挑戦にもスポットを当てています。

長い間多くの読者に親しまれている『暮しの手帖』の創刊までのストーリーをモチーフにしています。

主演はドラマ『ごちそうさん』でも好演をみせ、映画『植物図鑑』でも主演を務めた注目の若手女優・高畑充希です。

坂口健太郎は青春時代の常子を支える青年を演じる

坂口健太郎が演じるのは、若き常子を支える植物学者志望の大学生・星野武蔵です。

坂口健太郎の活躍が止まらない!

ドラマ『重版出来』

2016年4月より毎週火曜夜9時から放送されたドラマ『重版出来』に小泉純役で出演しました。週刊誌の編集部を中心に展開される本作は、黒木華演じる黒沢心が主人公。坂口が演じる小泉純は出版社の営業という役どころ。仕事に意欲が湧かない小泉ですが、黒沢と一緒に働く中で刺激を受けて……という展開です。

映画『64-ロクヨン- 前編/後編』

2016年5月7日に公開された『64-ロクヨン- 前編/後編』。7日間しか存在いない昭和64年に起きた、未解決・少女誘拐殺人事件。通称「ロクヨン」に佐藤浩市演じる主人公・三上義信が挑みます。

本作は『半落ち』や『クライマーズ・ハイ』などの傑作を世に送り出してきた小説家・横山秀夫が7年ぶりに発表した作品。2012年の「週刊文春ミステリーベスト10」第1位、2013年「このミステリーがすごい!」第1位など、高く評価された作品です。

2015年4月よりNHK「土曜ドラマ」にて主演・ピエール瀧でテレビドラマ化しました。映画は2部作で、前編は2016年5月7日、後編は2016年6月11日に公開されました。

映画『高台家の人々』

2016年6月4日公開の映画『高台家の人々』に岸本浩平役で出演。岸本浩平は水原希子演じる高台家の長女茂子の友人。おそらくふたりのやりとりが映画でも描かれるだろうことが予想されます。

映画『オケ老人!』

2016年11月に公開された『オケ老人!』。原作は錦戸亮主演で話題を呼んだ『ちょんまげぷりん』の著者・荒木源。

若手人気女優として知られる杏の、初・主演映画となります。杏演じる高校教師・小山千鶴が、ひょんなことから老人たちで構成されたオーケストラをリードしていくストーリーです。なんと杏は忙しいスケジュールの合間を縫って、2、3年で習得する基本的な弓の扱いなどの基礎を、わずか一か月で習得したそうです。

坂口健太郎は千鶴の同僚で後輩の英語教師・坂下として、本作に出演します。

塩顔男子として人気上昇中の坂口ですが、ルックスだけではなく、俳優としてのポテンシャルの高さも見せてくれると期待が高まりますね。春からの『とと姉ちゃん』も見逃せません!