園子温監督映画『TOKYO TRIBE』がぶっ飛んでる!

2017年7月6日更新
『ヒミズ』『愛のむきだし』などで知られる鬼才・園子温監督の最新作『TOKYO TRIBE』が8月30日に公開されます。予告篇もかなり激しめです!園監督独特の暴力とエロスがラップミュージックに乗って展開される異色の作品になっているようです。今回は気になる映画『TOKYO TRIBE』の情報をまとめました。

トーキョーを舞台に繰り広げられるトライブ(族)たちのバトル!

『ヒミズ』『愛のむきだし』園子温監督最新作は世界初“バトル・ラップ・ミュージカル”!

TOKYO TRIBE

『ヒミズ』『愛のむきだし』など常に日本映画界に新しい風を吹き込む鬼才・園子温の最新作は“バトル・ラップ・ミュージカル”!累計250万部の大人気コミック『TOKYO TRIBE2』の実写映画化に挑みました。近未来“トーキョー”の街を支配する様々なトライブ(族)。ある事件をきっかけにトライブ間のバランスが崩れ、壮絶なトライブのバトルへと発展していく。ラップ・ミュージックにノリながらのトライブたちの命がけのバトル!ミュージシャン・俳優に関わらず、ほぼ全員がラップに挑戦しています!園監督が描く異色の“ミュージカル映画”です。

竹内力や叶美香も!個性派豪華キャストがバトルを盛り上げる!

TOKYO TRIBE2

引用: www.qetic.jp

主人公のひとり・メラ役には、現在NHK朝の連続テレビ小説『花子とアン』での好演が話題の鈴木亮平。もうひとりの主人公・海(カイ)役には一般オーディションを勝ち抜いたヒップホップ・ミュージシャンのYOUNG DAISが抜擢されました。その二人を取り巻くキャラクターにも豪華俳優陣が名を連ねます。メラが率いるトライブ“ブクロWU-RONZ”のメンバーには、竹内力・窪塚洋介・中川翔子・叶美香など個性的な面々が。海が率いるトライブ“ムサシノSARU”のメンバーには、佐藤隆太・市川由衣。そしてストーリー・テラーMC SHOWを染谷将太が演じます。

新人俳優の発掘に定評のある園監督。ヒロインには19歳・清野菜名を抜擢!

TOKYO TRIBE3

引用: twitter.com

満島ひかりや吉高由里子など、今日の有名俳優をまだ無名のころにいち早く起用し、自身の映画で育て上げることに定評のある園監督。近年では2012年『ヒミズ』をきっかけに、染谷将太・二階堂ふみがブレイクしました。そんな園監督が今回ヒロインに起用したのは清野菜名。抜群の運動神経を生かしたアクションにも挑戦。「根性が据わっていて、スター性もある」と園監督もその才能を評価しています。

MC漢、D.Oといった一流ヒップホップ・アーティストが本人役で出演!

TOKYO TRIBE4

本作はラップ・ミュージカル!ということで、、MC漢、D.O、アナーキーなどといった日本のヒップホップ界を代表するアーティストが本人役で多数出演しています。 また主題歌には製作陣からの熱烈なラブコールに応え、AIが参加。映画に出演している3人のラッパー、YOUNG DAIS・Y’S・サイモンと共に映画を盛り上げます!

『"SONO"映画に出たいか?!』前代未聞のYouTube公開オーディションを開催!

「プロ・アマ関係なく、本気な奴が頂点に立つ!」という考えのもと、革新的な“YouTube公開オーディション”を開催し、そこで選出された面々も出演しています。 オーディションの際に配信された園監督のメッセージがこちら。

トロント映画祭に正式出品

本作品はアカデミー賞の前哨戦ともいわれる北米最大級の映画祭“トロント映画祭”に出品が決まりました。2012年度は『希望の国』で最優秀アジア映画賞を、2013年度は『地獄でなぜ悪い』で観客賞を受賞しています。 ヨーロッパでもセールスが展開され、続々と海外配給が決定しているというこの作品。海外からはどんな反応があるのか、とても楽しみですね!