殺人をSNSで中継..?新世代サスペンスホラー『チェイン CHAIN』まとめ

2017年7月6日更新
SNSに潜む闇を描いたサスペンスホラー『チェイン CHAIN』は2014年8月9日(土)より先行公開する渋谷UPLINKを始め全国劇場公開予定。あらすじ・予告・見どころをチェックしましょう!

SNSが普及した新世代のサスペンスホラー

【あらすじ】 冬の新潟。県立長岡育進館高校に勤める教師・藤崎亜耶乃(菅井玲)は、担任クラスの生徒・小田島奈津美(高橋明日香)の死にショックを受けていた。小田島奈津美は何者かに惨殺され、その殺害シーンが、SNS「フリーダム」を通じてネット中継されたのだ。殺人実況中継。一方、新潟県警のベテラン刑事・桜井(渡辺裕之)も、独自の視点からこの事件の特異性に気づき、捜査を進めていた。死んだはずの小田島奈津美から届いたメール。第二の殺人につながる奇妙な連鎖。そして、ネットで実況中継される殺戮シーンに群がるSNSの利用者たち。亜耶乃は、そして桜井は、事件の真相にたどりつくことができるのか? -公式サイトより-

『着信アリ』の携帯電話同様、現代に広く普及したSNSも恐怖の対象に..

チェイン CHAIN

引用:cha.in.net
現代人の必需品・携帯電話が恐怖の対象に変えられた『着信アリ』シリーズ。映画1作目は2004年に公開されており、ちょうど社会人はもちろん学生まで誰しもが一台持ち始めた時代。誰もがFACEBOOKやTWITTERなどSNSを利用しているこの時代に『チェイン CHAIN』が公開される。架空のSNS「フリーダム」でPCやスマホ越しに実況されると生々しさがエンターテイメントに変わる殺害シーン、匿名ゆえに普段言えないことを平然と言ってのけ増幅される加虐性。現代社会に欠かせないSNSにいつの間にか内包されていた恐怖がそこに。

淅瀝たる冬に包まれた新潟を震撼させた猟奇殺人事件を描くサスペンス。

チェイン CHAIN

「女性だけが狙われた連続猟奇殺人事件」「殺害シーンのネット中継」「増加するフォロワーと無責任な書き込み」「最初の被害者である女子高生が抱える闇」「死者からおくられてくるメール」これら全ての謎をつなげ真相へ辿りつくことは出来るのか..?