異常なまでに狂いすぎな映画『Mr.タスク』の舞台裏写真!

2017年7月6日更新

人間がセイウチに!?どう考えても異常としか考えられない問題作、『Mr.タスク』がいよいよ公開されました。気になるけど観る勇気がない…そんな方のためにmoviepilotで公開された撮影風景をご紹介します。この写真で観に行きたいと思った方は是非映画館へ足を運んでみては?

狂った老人のイカレた計画とは!?

映画『Mr.タスク』のタスク(Tusk)とは“牙”を意味します。この映画の主役、ウォレスはある老人に監禁されます。そこでウォレスが聞かされた驚くべき計画とは、彼をセイウチにするというものでした…。

上半身も下半身も全く動かせない状態!?

ミスター・タスク

なんとも奇妙なストーリーですが、その撮影風景も不思議。奇妙な老人、ハワードに捕まってしまうウォレスを演じたジャスティン・ロングは上半身に何かを塗りたくられ腕と胴体がくっついて固定されています。下半身にもシートのようなものがテープで巻き付けられており、この映画で彼はどうなってしまうのかより一層興味をかき立てられます。

血みどろのショットは何を意味するのか…?

ミスター・タスク

さらに公開されたこの写真で、彼は全身血だらけになっています。『ムカデ人間』の人体実験のような手術を彷彿させる1ショットですが、ウォレスは実際にセイウチにさせられてしまったのでしょうか…。ちなみにセイウチは英語でWalrus(ウォーラス)と書きますが、ウォレス(Wallace)と発音や綴りが似ているのも気になるところですね。

実は豪華なキャスト!

Mr.タスク

公開された写真が強烈でビックリした方も多いかと思いますが、この映画のキャスト陣にも注目したいところ。主役ウォレスの親友、テディには『シックス・センス』で一斉を風靡したハーレイ・ジョエル・オスメント、ウォレスの恋人役にセクシー女優として注目を浴びているジェネシス・ロドリゲスが出演しています。さらにはジョニー・デップと彼の娘、リリー=ローズも親子で共演を果たしており、彼らを観るために劇場へ足を運ぶのも価値あり。

ただし映画のグロさに最後まで観ていられるかはあなた次第です…。