『ハンナ・モンタナ』のマイリーサイラスの脇毛がピンクになっていた!

2017年7月6日更新

『シークレットアイドル・ハンナ・モンタナ』で、一躍人気者になったマイリー・サイラスがインスタグラムで投稿した写真が話題になりました!

マイリー・サイラスの脇に注目!

miley-cyrus-dyes-armpits-pink-lead

最近、過激化が進行している歌手のマイリー・サイラス。なんと脇毛をピンクにカラーリングした姿をインスタグラムにアップ。公開された写真に賛否両論が集まっています。

ポルノ女優でもそんなことはしないといったコメントから、そのクレイジーさも大好きだとコメントするファンもいるようで意見は様々。さらに、脇だけでなくちらっと見えているアンダーヘアもピンクになっているというから驚きです。

脇毛のカラーリングは流行っているの?

レディー・ガガ 脇毛

日本の中では、脇毛は処理して当たりまえ。つるりとした肌が美しいとされていますが、アメリカのセレブやハリウッド女優では脇毛をはやしている人は結構いるのです。

脇毛があることが美しくないという考え方を変えるためにとアメリカのシアトルで働く美容院が投稿したブログから徐々に人気が生まれた脇毛のカラーリング。

ちなみにこの画像のレディー・ガガの脇毛は偽物です。

マイリー・サイラスが大人気なった『シークレットアイドル・ハンナ・モンタナ』

芸能家族の中で育ったマイリー・サイラスの人気作品といえば、『シークレットアイドル・ハンナ・モンタナ』ですね。

ディズニードラマで、初回には全米で500万人が観た国民的ドラマです。その瑞々しい演技に驚異的なかわいさを兼ね備え、主役に大抜擢されたマイリー・サイラスは、日本でも大人気になりました。

マイリーの父親役は、実の父親ビリー・レイ・サイラスで、その息の合った演技も好評でした。

ティーンアイドルの頂点から、ぶっ飛びキャラへ変更!

54f700aaac7b40ecf474cadcfec2716b7

マイリー・サイラスが変貌し始めたのは、髪をいきなりバッサリとショートカットにした20歳の頃。ディズニーらしいアイドル歌手から、過激なステージパフォーマンスをするPOPアーティストへ路線変更が、大きな話題となりました。

タバコではなく、大麻を推奨したコメントを残したり、オランダでは実際にステージ上で大麻をすってみたり、ポルノ要素をふんだんに含まれたステージを行ったりと、勢いは止まりませんでした。

男性だけや女性だけといった不平等を嫌うマイリー・サイラスは、脇毛がないことが一番だという考え方を変えたかったのかもしれませんね。

今回の公開で、ピックアップされたマイリー・サイラス。今までになかった発想の「脇のカラーリング」をレディー・ガガに続き行ったことで、もしかしたらカラフルに染めたワキが、2015年流行するかもしれません。