2017年7月6日更新

アマンダ・セイフライドに払われた給料が男性共演者と比べてあまりにも低すぎる

Daziram/Future Image/WENN.com

現在、ハリウッドでは男女間における賃金の格差問題の議論が過熱、たくさんの女優たちが不平等な現状を明かしています。その中の一人が『赤ずきん』などで有名なアマンダ・サイフレッド。彼女もまた不当な扱いをハリウッドから受けたことを表明しています。

ハリウッドで過熱している議論とは!?

『6才のボクが、大人になるまで。』でアカデミー助演女優賞を受賞したパトリシア・アークエット。彼女のスピーチは多くのハリウッド女優の共感を集めました。彼女はスピーチで男女間におけるハリウッドでの賃金格差を是正すべきだと高らかに主張したのです。

大女優メリル・ストリープがそのスピーチに歓喜する姿がとても印象的でした。彼女のリアクションからも、どれだけこの問題が根深いものなのか分かります。

これをきっかけに、現在ハリウッドでは議論が過熱しています。

大物女優2人も参戦!?

ハンガー・ゲーム』シリーズなどで有名なジェニファー・ローレンス、『モンスター』『マッドマックス 怒りのデス・ロード』などで有名なシャーリーズ・セロンもまたハリウッドでは男女間における賃金格差があることを明らかにしています。彼女たちは知名度の低い男性共演者よりも少ないギャラを提示されたことがあるそうです。

2人に加え、また一人の大人気若手女優がハリウッドで受けた不公平な待遇や経験を明かしています。その女優がアマンダ・サイフリッド。

アマンダ・セイフライド

アマンダ・セイフライド(アマンダ・サイフリッドとも)は、1985年12月3日生まれの現在29歳のアメリカ人女優、『マンマ・ミーア!』『赤ずきん』『TIME/タイム』などに出演。2015年10月31日日本公開予定のピーターパン実写映画『PAN』メアリー役にもキャスティングされています。

同じくらいの知名度の男性俳優よりも馬鹿らしい程少ないギャラを提示された体験を明かしています。(共演者が誰なのかは言及せず。)

“数年前、人生で最も大きなプロジェクトに参加した時、私のギャラは男性共演者の10%程度でした。私たちは同じくらいのキャリアだったのに。”

男性共演者を推測!?

アマンダは過去に多くの大作に出演しているため、共演者を特定することは難しいでしょう。映画『レ・ミゼラブル』マリウス役のエディ・レッドメインか、『マンマ・ミーア!』で共演したドミニク・クーパーかもしれません。

エディ・レッドメイン

ドミニク・クーパー

断固たる決意!?

アマンダ・セイフライドの知名度は抜群です。もし出演時間が同じなら男性共演者よりも少ないギャラで出演しなくてはならない理由がどこにあるのでしょう?それに男性共演者の10%ではあまりに不公平。

アマンダはインタビューでこうも語っています。

“どれだけギャラが支払われるかが問題じゃなくて、どれだけ公平かということです。”

議論の核心はまさにこのこと。ハリウッドスターであろうがなかろうが仕事をした分だけ対価が支払われるべきです。もしも、同じレベルの男優と女優が主演を務め、同じ時間仕事をしたなら、同じ額が支払われるべきです。

アマンダ・セイフライドや他のハリウッド女優たちはこれからも戦っていくことを表明、もしも不平等が続けばハリウッドから去る覚悟があると言います。

魅力的な女優がハリウッドを去ってしまうのは、映画業界にとって大きな損失です。格差問題が解決されることを祈ります。