ピクサー映画から学ぶ厳しい現実に対する教訓8つ

2017年7月6日更新

『トイ・ストーリー』『ファインディング・ニモ』『カールじいさんの空飛ぶ家』など質の高いオトナから子どもまで楽しめる作品を提供し続けているピクサー。今回はwww.cracked.comよりピクサー映画から学ぶ厳しい現実に対する教訓8つを紹介します。

1.信じているもの全てが幻!?『トイ・ストーリー』

トイストーリー

ピクサー初の長編アニメーション作品『トイ・ストーリー』。おもちゃの世界を描いた大人気シリーズですが、ファンタジックな世界観だけではなく厳しい現実もしっかりと描かれています。

アンディの誕生日にやってきた最新型のおもちゃスペースレンジャー、バズ・ライトイヤー。空を飛び、悪の皇帝ザーグを倒すことが使命だと疑いもしていませんでした。そんなバズも現実を知ることに...

トイ・ストーリー

シドに二階から落とされ、片腕が外れてしまったバズ、テレビCMで自分の本当の正体を知ることに。自身がまさか大量生産された中の一体だとは夢にも思っていませんでした。

教訓

”空も飛べない、正義の味方でもなければ、特別な存在でもない。これが現実!”

バズはCMを見た瞬間絶望しますが、それを乗り越えます。バズにとって幼児期から少年へと成長した瞬間だったのかもしれません。現実を見つめることで前へ。

2.この世に安全な場所なんてない!?『ファインディング・ニモ』

428108_v1

2003年公開『ファインディング・ニモ』はまさに現実の厳しさが描かれた作品です。

映画冒頭、オニカマスのバラクーダに襲われたマーリンは妻コーラルと多くの子ども(卵)を失います。その後、唯一生き残った息子ニモは人間に捕まり、囚われの身に。ニモを救出に向かうマーリンに待ち受けていたのはサメ、アンコウ、カモメなど危険な生物たち、マーリンは何度も命を落としそうになります。

ファインディング・ニモ

水槽にいる間は比較的安全なニモですが、歯科医の乱暴な姪の手に渡れば、それは死を意味します。キャラクターたちはいつも危険と隣り合わせ、生きるか死ぬか。

教訓

”誰にでも死は訪れる。毎秒、毎分、近づいてくる。この世に安全な場所など、どこにもない。安全だと疑わない我が家でさえ。”

マーリンとニモはドリーやタンクギャングなど仲間がいたからこそ再会出来ました。人生の一番の目的は生き抜くこと。それを達成するためには信頼できるパートナーや仲間が必要です。

3.あなたの代わりは......います!?『トイ・ストーリー3』

428114_v1

2010年公開『トイ・ストーリー3』に登場するロッツォからも現実の厳しさを学ぶことが出来ます。

デイジーのお気に入りだったピンクの熊のぬいぐるみロッツォ。ある日、ロッツォはデイジーと車でお出かけ、しかしロッツォは置き去りに。なんとか自力で家へと辿り着いたロッツォ、この時はまだデイジーを信じていました。その時彼が見た光景は.....

デイジーは全く同じピンクの熊のぬいぐるみをかわいがっていたのです。

教訓

”もしあなたが消えたとしても、あなたの代わりは存在するのです。”

これだけの心の傷を抱えれば、ロッツォの性格が歪んでしまうのも納得です。

4.男女平等!?『メリダとおそろしの森』

メリダ

2012年公開『メリダとおそろしの森』はピクサーで初めて女性を主人公とした作品です。

王女メリダ、王妃エリノア、2人の女性キャラクターを中心に物語は進みます。今作はほとんどの男性キャラクターが馬鹿として描かれていますが、王国を守るために誓約結婚を迫られるなど、結局女性キャラクターは男性中心の考えに従っています。中世スコットランドが舞台ということもあるでしょうが。

メリダはこの先、ラリー、カーリー、モーの中から夫を選ぶ意外に選択肢はないでしょう。

メリダ

教訓

”男女間における格差が縮まり平等になったのか?いや女性に平等な機会は与えられていない”

今作はブレンダ・チャップマンがピクサー初の女性監督として抜擢されましたが、途中で男性監督マーク・アンドリュースに替えられています。

5.いじめっ子の対応は大人に任せよう!?『バグズ・ライフ』

バグズライフ

1998年製作『バグズ・ライフ』からも人生の教訓を学ぶことが出来ます。

アリが一生懸命集めた食糧を毎年奪っていくバッタ。アリのフリックのドジのおかげで集めてきた食糧がパァになってしまいます。バッタのボス、ホッパーは絵に描いたような悪者、学校で言うならいじめっ子のような存在です。家族ドラマならいじめられっ子がいじめっ子を自ら懲らしめるパターンですが今作では違います。

偽物の鳥を作ってホッパーに対抗しようとするフリック、しかし上手く行かず、フリックはもうボロボロ。フリックは1人だったら確実に死んでいたでしょう。他のアリたちと鳥がホッパーを倒したようなもの、最後は本物の鳥がホッパーを生きたまま一飲み。これが現実です。

教訓

”いじめっ子はオトナに懲らしめてもらおう!”

いくらフリックがホッパーに立ち向かってもホッパーはフリックよりもデカく、強い存在です。強く大きないじめっ子を倒したいなら、そのいじめっ子よりも強く大きな人物のサポートが不可欠。大人にお灸をすえてもらい、その後はセラピーを受けてもらいましょう。

6.ヒーローなんていない!?『カールじいさんの空飛ぶ家』

カールじいさん

2009年公開、感動作として有名な『カールじいさんの空飛ぶ家』でも厳しい現実が語られています。

カールはエリーとの約束の場所パラダイスフォールを目指して、ラッセルと共に空飛ぶ家で旅に。パラダイスフォールで出逢った人物はチャールズ・マンツ。マンツは長年追い続けてきた怪鳥ケヴィンを奪うためにカールを始末することに。

そんなチャールズ・マンツはカールとエリーにとって子供の頃からのヒーローでした。憧れのヒーローに命まで狙われることになってしまったカール...

教訓

”ヒーローはあなたが思っているような人物ではない。”

トイ・ストーリー

人は自らのヒーローを理想で固め、嫌な部分を見ない傾向にあります。本当の姿は嘘つきで嫌な奴かもしれません。みんなの人気者ウッディでさえ、昔はとんでもなく嫌なキャラクターだったそう。

7.才能あるものが成功するとは限らない!?『レミーのおいしいレストラン』

レミーのおいしいレストラン

2007年公開『レミーのおいしいレストラン』でも私たちに厳しい現実を教えてくれています。

レミーは鋭い嗅覚と味覚を持ち、料理の才能に溢れるネズミです。一方、雑用として働くリングイ二は料理の才能が全くありません。レミーはリングイニの帽子の中に隠れ、リングイニを一流のシェフに。リングイニの評価はレミーによって急上昇、コレットとの恋も成就。しかし、レミーが正当な評価を受けることはありません。

レミー

教訓

”素晴らしい才能を持っていても、正当な評価を受けられないことがある。”

映画の幕が閉じる時、レミーが本当のシェフだと知る人物はわずかに3人だけです。

8.叶えられる夢と叶えられない夢がある!?『モンスターズ・ユニバーシティ』

モンスターズユニバーシティ

2013年公開『モンスターズ・ユニバーシティ』には現実の厳しさを語るエピソードが満載です。

サリーは努力が嫌いで怠けもの、だけど才能はピカイチのエリートモンスター。一方マイクは誰よりも怖がらせ屋になることを夢見るモンスター、努力も決して惜しみません。

しかし、マイクには重大な問題が...

マイクは全く恐ろしくないのです。スクラブル学長にも“あなたは怖くない”と決定的な言葉を言われてしまいます。

教訓

”どんなに努力しても叶わない夢がある。そこに到達出来るのはほんの一握り。”

身体能力、カリスマ性、才能、コネ、運など夢を叶えるための要素はある程度決まっているのかも。一番の夢が叶わなければ、次の夢を叶えましょう。