©Disney

実写映画『アラジン』の製作が決定!あらすじ・キャスト【ウィル・スミスが出演!?】

2017年10月24日更新

ディズニーが、ガイ・リッチーを監督に迎えあの名作アニメ『アラジン』を実写化?ウィル・スミスがあのランプの妖精ジーニーを演じると噂されています。

実写映画『アラジン』の製作が決定か!

1993年公開のディズニーアニメ『アラジン』の実写化計画が進行中であることが明らかになりました。 メガホンを取るのは『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』や『シャーロック・ホームズ』などで知られるガイリッチーです。 この記事では本作の気になる最新情報や噂をまとめてご紹介します。

実写版『アラジン』の気になるあらすじは?

2017年8月時点ではまだあらすじなどの詳細は明かされていません。 映画『ビッグ・フィッシュ』の脚本を担当したジョン・オーガストが1992年公開のディズニーオリジナルの『アラジン』のミュージカル要素を残しつつ脚本の執筆に取り組んでいます。 以前ディズニーでは『アラジン』の前日譚である映画『Genies(原題)』というジーニーがアラジンと出会う前のストーリーのプロジェクトが立ち上がっていましたが、そのプロジェクトが進行中なのか、白紙になってしまったのか、本作に関係してくるのかは分かっていません。

ランプの魔人ジーニーはウィル・スミス!

実写版『アラジン』の製作が決定し、キャストは誰になるのか注目されていました。2017年8月時点では、一部の主要キャストが発表されています。 ランプの魔人ジーニー役として発表されたのは、ラッパーとしても活躍する世界的スター、ウィル・スミスです。アニメーション版『アラジン』ではコメディアンであり俳優であるロビン・ウィリアムズが明るく陽気なジーニーの声優を務めていましたが、ウィル・スミスも『メン・イン・ブラック』シリーズなどではコミカルな演技を見せているため、ジーニー役には大きな期待が持てます! また、アニメーション版『アラジン』日本語版でジーニー役を演じたのは、『ルパン三世』シリーズの銭形警部や、『エヴァンゲリオン』シリーズの加持リョウジなどで知られる山寺宏一。個人的にはジーニー役は山寺さんの演技が印象的だったため、早くも吹き替え版のキャストも気になるところです!

アラジン役は新人メナ・マスード!

アラジン役として決定したのは、新人俳優のメナ・マスード。マスードはカナダ育ちですが、出身地はエジプトということで、アラジン役にはぴったりと言えるキャスティングではないでしょうか。

ジャスミン役は『パワーレンジャー』のナオミ・スコット

ヒロイン・ジャスミンを演じるのは歌手としても活躍するナオミ・スコット。彼女は2017年7月から公開されている映画『パワーレンジャー』にキンバリー・ハート(ピンク・レンジャー)役でも出演しており、今作を機に、さらなるブレイクが期待できます!

悪役ジャファーは『ザ・マミー 呪われた砂漠の王女』のマーワン・ケンザリに交渉中!

アラジンたちの住む国の国務大臣であり、悪の魔法使いであるジャファー。現在、実写版のジャファー役を『ザ・マミー 呪われた砂漠の王女』などへの出演で知られるオランダ人俳優・マーワン・ケンザリに交渉中だと報じられています。 ディズニー・ヴィランズの中でも特に人気の高いジャファーを誰が演じ、実写ではどう表現されるのか。魔法の表現と合わせて、映像の到着を楽しみに待ちたいと思います。

『イントゥ・ザ・ウッズ』のビリー・マグヌッセンが出演決定!

#pompeii #nomadcowboys

Billy Magnussenさん(@billymagnussen)がシェアした投稿 -

また、『イントゥ・ザ・ウッズ』の王子役を務めた俳優、ビリー・マグヌッセンの出演が決定しています。役柄は2017年10月末時点では未発表ですが、彼は『塔の上のラプンツェル』でも王子役を演じているので、そのような役に定評があります。今作でも正義感の強い、王子系キャラを演じるのか、それとも正反対のヴィランを演じるのか気になりますね。

実写版『アラジン』はミュージカル映画になるらしい

オリジナルの『アラジン』には多くの名曲が登場しています。アラジンとジャスミンが魔法の絨毯でデートしている時に歌っている主題歌でもある「ホール・ニュー・ワールド」は2人の運命的な出会いをさらにロマンチックに演出していました。 監督のガイ・リッチーのコメントによると、どうやら実写版もミュージカル要素の強い映画になりそうです。 2017年4月に公開した実写版『美女と野獣』ではアニメーション版にはなかったオリジナルの新曲が追加されていましたが、『アラジン』でも新曲は追加されるのか、アニメーション版の曲はアレンジされるのかなど、気になる情報がたくさんありますね。

監督はガイ・リッチー!

本作で監督としてメガホンをとるのは『シャーロック・ホームズ』シリーズや『コードネーム U.N.C.L.E.』を手掛けたガイ・リッチーです。 以前から「コソ泥がヒーローへと華麗な変身を遂げるディズニー映画『アラジン』を身近に感じていて製作に携わってみたかった」とこの作品への意欲を見せています。 彼は大学や専門学校で映画について学んだことがなく、実際に映画スタジオで雑用をしながら技術と知識を吸収し才能を開花させた映画監督。そして、あの世界的歌手マドンナとも結婚経験がある人物です。 スタイリッシュな映像に定評がある、ガイ・リッチーがあの名作『アラジン』をどのような作品に作り変えるのか?楽しみですね。