『東京PRウーマン』のあらすじ・キャスト【山本美月主演、働く女性への応援歌】

2017年7月6日更新

実在するPR会社ベクトルを舞台に、ちょっとドジで自分に自信のないヒロインが仕事に恋に奮闘する姿を描いた、山本美月映画初主演『東京PRウーマン』が2015年8月22日に公開となります。そのあらすじやキャスト、みどころなどの情報をまとめてお届けします。

『東京PRウーマン』予告編

実在するPR会社ベクトルを舞台に、ドジで自分に自信のない銀行員の女性が、合コンでついた軽い嘘をきっかけにPR会社に就職。上司に怒られ、失敗を重ねながらも成長していく姿を描く『東京PRウーマン』が2015年8月22日に公開となります。主演は、モデル・女優として活躍中の山本美月。本作が映画初主演となります。

銀行からPR会社へ転職! 『東京PRウーマン』のあらすじ

東京PRウーマン

銀行員の三崎玲奈は、高校時代からの友人でPR会社ベクトルで働く栗田美晴と合コンに参加。そこで酔った勢いで、自分は美晴と同じくPR会社に勤めていると嘘をついてしまいます。この嘘をきっかけに玲奈ベクトルの入社試験を受けますが、面接ではマニュアル通りの答えしか返せず大失敗。しかし社長の気まぐれで試験に合格!晴れてベクトルに転職することに。

1012756_03

新たに採用された職場で玲奈の上司となったのは、入社試験の面接官だった草壁亮平でした。商品PRの仕事に奔走するも、女性社員に人気がある彼の部下となったことで、他の社員からは冷たい態度をとられ、慣れない仕事に草壁からは怒られてばかり。しかし、ある斬新なアイデアを思いついたことで、彼女をとりまく環境は一変するのでした…

人気モデル山本美月と山本裕典が共演『東京PRウーマン』のキャスト

PR会社へ転職するヒロイン、三崎玲奈を演じるのは山本美月

山本美月

2009年、「東京スーパーモデルコンテスト」の初代グランプリを受賞したことをきっかけに、ファッション誌「CanCam」の専属モデルとしてデビュー。現在も「CanCam」を代表する人気モデルの一人として活躍中の山本美月。

2011年からは女優としても活動中。主な映画出演作には『黒執事』『東京難民』『小野寺の弟』『小野寺の姉』など。本作が映画初主演となります。

ヒロイン三崎玲奈の上司に山本裕典

山本裕典

2006年『仮面ライダーカブト』仮面ライダーサソード・神代剣役で俳優デビュー。以降、『花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス』『タンブリング』をはじめテレビドラマ、映画、舞台にて幅広く活躍中です。主な映画出演作には『ROOKIES-卒業-』『Paradise Kiss』『桜蘭高校ホスト部』『悼む人』など。

PRという仕事の仕組みが分かっちゃう、リアル・ファインド・ワーク・ドラマ

東京PRウーマン

出典: prtimes.jp

『東京PRウーマン』のストーリーの舞台となるPR会社ベクトル。実はこれ、実在するPR会社なのです。映画とはいえ、実在するよりリアルな環境の中で、ヒロインはPRに関わる様々な仕事を経験していきます。観客はその様子を観ている内に、PRという仕事の仕組みや流れを知ることができるのです。

ヒロインと同じように、社会で働く女性たちへの応援のメッセージでもある『東京PRウーマン』。2015年8月22日に公開です!