ドラゴンボール「フリーザ」声優、戦闘力まとめ!

2017年7月6日更新

ドラゴンボールの悪役で有名なフリーザの戦闘力を画像と一緒にまとめました。フリーザの声優情報についてもご紹介していきたいと思います。

まずはフリーザのプロフィールからチェック!

dora

ドラゴンボールの悪役代表として知られるフリーザは、宇宙の惑星を次々に破壊・占領を行う宇宙の帝王とも呼ばれ、元々サイヤ人を惑星占領の尖兵としていましたが、同時に、超サイヤ人の誕生を恐れてもいます。

また、普段は冷静沈着で、滅多に動揺や焦りも見せませんが、変化していく形態によって、戦闘力と共に、言葉遣いや性格自体も荒く見えることもあります。冷酷で残忍な性格で、最強であることにこだわり、自信の強いものを排除しようとする性質があり、戦いにおいては、自身の余裕と、自信から、サービスと称して相手にハンディキャップを与えることがあります。

フリーザの形態と、戦闘力

dora

出典: game8.jp

第一形態

dora

登場当初の姿です。性格は冷酷で残忍ですが、部下に対しても敬語を使うなど物腰が低い面もあります。

体はベジータよりも小さいですが、第一形態にして戦闘力は53万と、当時の登場人物の中では遥かに強く、絶望的な数字でした。戦いの場面において「わたしの戦闘力は530000です」というフリーザのセリフはあまりにも有名で衝撃的です。

第二形態

dora

その姿は、父・コルド大王に姿が似ており、ピッコロよりも体型は大きくなります。

第一形態との大きな違いは、牛のような角が生えているのと、口調が荒く攻撃的になる点です。戦闘力ははっきりと出ていませんが、フリーザいわく100万以上、第一形態の約2倍の強さです。また、パワーがありすぎるため自分でもうまくコントロールできないようです。

第三形態

dora

dora

出典: mmtre.com

容姿は、肩が尖り、頭部は後ろに長く伸びていて、フリーザの各変身形態の中でも、最も異様でエイリアンのような姿です。

フリーザいわく、戦いの場においてでこの姿を見せるのはピッコロたちが初めてだと発言しています。戦闘力は未知数ですが、今まで以上にパワーとスピードが向上しており、この形態になると今まで受けたダメージも0に戻るようです。

最終形態(第四形態)

dora

dora

今までの怪物的な容姿とは打って変わって、小柄でシャープな姿になっています。最終変身ですが、これがフリーザ個人の本来の姿でもあり、4形態の中では最も人型に近くなっており、性格も冷静さを取り戻しています 。

しかし戦闘力は今まで以上にレベルアップしており、わずか50%以下のパワーで、パワーアップを重ねたベジータを軽くあしらい、20倍界王拳状態の悟空が放った渾身のかめはめ波をも片手で受け止めるほどの強さを発揮しています。

フルパワー形態

dora

出典: ameblo.jp

dora

最終形態からさらに筋肉量を増大させ、戦闘力も遥かにアップしていますが、その反動によりエネルギーの消耗が著しくなり、気は徐々に低下していくという欠点があります。

また、最終形態(フルパワー形態)では戦闘力が最大で1億2000万に達すると言われており、今までとは比べ物にならないぐらいに強いことが分かります。

そんなフリーザの声優情報!

dora

フリーザの声を担当しているのは日本の声優、俳優、ナレーター、歌手であるマルチな才能の持ち主の中尾隆聖です。フリーザの他には、人気アニメ『それいけ!アンパンマン』の悪役で知られるバイキンマンの声も担当しています。

他にも、『遊☆戯☆王』や『聖闘士星矢』など数々のアニメに声で出演しており、洋画等の吹き替えでも活躍しています。