2017年7月6日更新

暗闇に生きる少女と牙。世界が認める、新時代の“古典”ヴァンパイア映画

イランのどこかにあるゴーストタウン、バッド・シティを舞台にモノクロで綴られる、ヴァンパイアの少女と孤独な青年の物語。ショートフィルム作品が数々の映画祭で絶賛されてきた気鋭の女性監督、アナ・リリ・アミリプールの長編映画初監督作品『ザ・ヴァンパイア 残酷な牙を持つ少女』が2015年9月19日に公開となります。

血塗られた闇の世界で生きる、残忍で美しい牙を持つ少女

イランのどこかにある街、バッド・シティ。ジャンキー、ポン引き、娼婦たちが溢れ、死と絶望が支配する夜の街を、一人スケートボードに乗り漂う黒衣の少女。彼女の正体はヴァンパイア、街の悪人に狙いを定めては、夜ごとその牙で彼らを手にかける日々を送っていました。

ハロウィンの夜、少女は孤独な青年と出会い、二人は一目で恋に落ちます。初対面の彼らでしたが、実は様々な人々を通して二人は繋がっていました。その人々の身に事件が起きたことをきっかけに、二人の運命は大きく動いていくことに。そこには血塗られた世界が待っていたのです…

新たな"鬼才"が描き出す、秀麗な映像による独特な世界観

アナ・リリ・アミリプール監督はイラン系移民を両親に持ち、イギリス出身。その後アメリカ、イランへと移り住みながら、12歳の頃よりショートムービーの製作を始めたといいます。これまでに手掛けてきたショートフィルム作品がベルリン国際映画祭を初め各国の映画祭で上映され、高評価を受けた後、本作は待望の長編初監督作品として早くから注目を集めてきました。

次回作にはキアヌ・リーブスジム・キャリー出演の映画が決定するなど、今後がますます期待されています。

イライジャ・ウッドが製作総指揮!

幼少期は子役として活躍、後に『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのフロド・バギンズ役で俳優として広く知られているイライジャ・ウッド。俳優業の傍ら、2012年に自身の映画製作会社を設立し製作を手掛けるように。本作では製作総指揮の一人に名を連ねています。

モノクロの世界観を“色鮮やか”に彩る俳優陣

主役のヴァンパイア“少女”役にはシェイラ・ヴァンド

ロサンゼルス出身、イラン系アメリカ人のシェイラ・ヴァンドはロサンゼルス、ニューヨークを拠点に女優・アーティストとして活動しています。アカデミー賞受賞作『アルゴ』で重要な役どころを演じたほか、ロビン・ウィリアムズと共にピューリッツァー賞ノミネート作品『バグダッド動物園のベンガルタイガー』でブロードウェイデビューを果たすなど、映画、舞台の各方面で活躍しています。

少女と恋に落ちる青年アラシュ役にアラシュ・マランディ

アラシュ・マランディはドイツ北部ハンブルクの出身。ハンブルク音楽演劇大学を卒業後、ドイツの映画や舞台に出演。2011年に主演した短編映画『Wie ein Fremder』はハンブルグ国際短編映画祭でベストショートフィルム賞を受賞。海外の映画祭も上映され、注目を集めました。

新時代のヴァンパイア映画"ネオ・ノワール"の幕開け

これまで数々の名作を生んできたホラー映画の伝統的ジャンルの一つ、ヴァンパイアを題にとりながら、舞台はイランで劇中のセリフは全編ペルシャ語。しかしその風景はどこかカリフォルニアを思わせる。イタリア発のマカロニ・ウェスタにアメリカのグラフィックノベル、イラン映画の新しいムーヴメントであるイラン・ニューウェイヴにイラン・ロックとテクノミュージック、実に多様な文化ジャンルを背景に生み出された、スタイリッシュな映像が見どころの一つです。

モノクロの映像で古典映画的なアプローチをしつつ、White Liesによる主題歌とキャラクターの内面とをリンクさせたり、ヴァンパイア・ウエスタンとイラン・ミュージックの融合など、ニューヴェイヴな切り口で完全に新しいものを作り上げているため、“21世紀の古典映画”という表現が出来るかもしれません。暗くも美しい世界観に、きっと圧倒されるはず。

各国のインディペンデント系映画祭で受賞、批評サイトでも高評価を獲得

『ザ・ヴァンパイア 残酷な牙を持つ少女』は2014年1月19日にアメリカで公開。サンダンス映画祭NEXT部門にてワールド・プレミアを飾った他、シッチェス国際映画祭で新人監督賞他を受賞。また各国のインディペンデント系映画祭にて高い評価を受け、数々の賞を受賞しました。

各有力紙の批評家の他、一般観客からの評価も高く、米映画批評サイトRotten Tomatoesでは96%という高評価となっています。

アナ・リリ・アミリプール監督自身の半生が、色濃く影響を与えているという『ザ・ヴァンパイア 残酷な牙を持つ少女』。予告編からもそのモノクロの映像と音楽には独特の雰囲気がうかがえ、引き込まれます。日本での公開は2015年9月19日です。