Snapshot/Tobias Seeliger/Future Image/WENN.com

ライアン・レイノルズ出演おすすめ映画19選

2018年5月16日更新

2016年マーベル映画最大の話題作『デッドプール』に主演する男、ライアン・レイノルズ。2010年には、ピープル誌が選ぶ「最もセクシーな男」に選出されたこともある肉体派イケメン俳優の出演作品の中からおすすめ作品を紹介します。

ライアン・レイノルズ出演のおすすめ映画!

ライアン・レイノルズは1976年10月23日生まれのカナダ人俳優、188cmの高身長と「カッコ良いカラダの男性俳優ランキング」で1位に選出された肉体美で人気を博しています。

初期は主に海外ドラマで活躍し、1998年から2001年にかけて放送された『ふたりの男とひとりの女』のバーグ役で知られていました。2000年代半ばからは映画での活動が中心となり、2009年の『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』のデッドプール役で世界的な知名度を得ます。2010年の映画『[リミット]』の一人芝居も話題になりました。

プライベートでは、2008年にスカーレット・ヨハンソンと結婚しますが、2010年に離婚。2012年にブレイク・ライブリーと再婚しています。

2016年には映画『X-MEN』シリーズのスピンオフ『デッドプール』に主演することが決定いるライアン・レイノルズのこれまでの出演作品から厳選してご紹介します。

1:肉体改造して挑んだバンパイア・ハンター【2004年】

マーベル・コミック『ブレイド』映画化シリーズの第3作目『ブレイド3』に、ヴァンパイア・ハンターのハンニバル・キング役で出演。体重を10キロ増やしてまで筋肉を増量し、初めての本格的アクション映画に挑みました。 ウェズリー・スナイプス主演のSFアクション映画で、ヴァンパイアとヴァンパイア・ハンターの戦いを描いています。レイノルズにとってはこれが初のアメコミ映画出演となり、その後もデッドプールやグリーンランタンなどアメコミ映画の常連になっていきます。

2:『悪魔の棲む家』で本格的ホラーに初主演【2005年】

1979年のホラー映画『悪魔の棲む家』をリメイクした作品で、主人公のジョージ・ラッツを演じています。ホラー映画出演はこれが初めてで、それまでとはまた違ったレイノルズを見ることができます。 1974年、ニューヨーク州ロングアイランドで起きた一家惨殺事件。その舞台となった「家」に一年後引っ越してきたラッツ夫妻に襲いかかる怪現象を描いています。まるで意志を持っているような「家」で、徐々に精神的に追い詰められていくジョージを鬼気迫る様子で演じました。

3:ライアン・レイノルズがFBI捜査官に【2007年】

zatsumu クリス・パイン好きの人にお勧めされて観た。 殺し合いの末最終的にみんな死んでものすごいカオスな空間の中に呆然と立ち尽くす蚊帳の外なベン・アフレック!パッケージに居なかった気がするけど彼が全部持っていったしキチガイ役のクリスパインが可愛かった。
momi_kuchan08 スカッとしますぜ★(笑)

マフィアのボス怒らせたマジシャンの暗殺に賞金がかけられ、殺し屋たちがラスベガスに集結して暴れまわる、というバイオレンス・アクションムービーな一作です。 ライアン・レイノルズは情報を掴んだFBI捜査官の一人を演じています。

4.ライアン・レイノルズ主演のコメディ映画!【2007年】

Enu_San めちゃくちゃ面白い!
zun96 2007年公開アメリカ Chaos Theory マルコス・シーガ監督作品(アンダーカバーコップ ほか) 日本劇場未公開 [Hulu視聴]87分 2013年に私が観た映画ベスト5位

自分の一日の行動をリストにし実行できなければ気が済まず、"能率専門家"を生業にする男フランクを、ライアン・レイノルズが好演しています。

リストのスケジュールが狂ってしまったことで、"カオス"に陥っていくフランクの姿をコミカルに演じています。

5:ライアン・レイノルズとアビゲイル・ブレスリンのやりとりが最高にキュート!【2008年】

skr_icj #eiga #movie 娘に母親との出会いを聞かれ、そのとき出会っていた3人の女性とのストーリーを、母親が誰なのかは秘密にして語る。 娘役の子とっても可愛い。反応も泣いてるとこも笑ってるところも。 普通のラブストーリーと違って、最終的にどうなるのか全く読めないところが斬新で面白かった。 タイミングがもし合わなかったとしても、大切なひとは変わらないのだから、こうやってまたいつか再会して笑い合えたら良いよね。
Yui__Azuma 子供に自分の恋愛話を名前を変えてお母さんがどの人かわからなくしてるのはすごい良かった。

離婚間近な父親ウィル(ライアン・レイノルズ)は、娘のマーヤに自分と妻との馴れ初めを話すが、同時に三人の女性との恋愛を語ります。マーヤは父の恋愛遍歴を聞くうち、何が真実なのかがわからなくなっていく、というストーリーです。 ミステリアスでロマンチックな一作。

6:二刀流を操る超人兵器デッドプール【2009年】

Junichi__Oba ストーリー、アクション共に面白い。肩の力を抜いて観れる映画。
ridokamo X-MENシリーズぜんぜん知らないで見たけど、十分におもしろかった(^o^)!

映画『デッドプール』公開の7年前に、本作でスクリーンに初登場したデッドプール。一度首を切断されてしまいますが、エンドロール後に蘇生します。 もうすでに、コミカルな強烈キャラ発揮しちゃっています。

7:ライアン・レイノルズ×サンドラ・ブロックのラブコメ!【2009年】

Anri_Yuasa この映画をきっかけにRyan Reynoldsのファンになった!この映画のあとRyanにはまり過ぎて彼の作品を殆どみた。

思わず笑ってしまうラブコメディ。 ラブコメディの分類やったらマイベスト5くらいには入りそうなやな〜

tophelos 2014/02/11 BS サンドラ・ブロック録画映画消化第二弾。先日見た「トゥー・ウィークス・ノーティス」同様、いわゆる出来るキャリアウーマンという設定は同じだが、本作では部下である年下の若い男性(ライアン・レイノルズ)に偽装結婚を持ちかけるというコメディ作品。いやもうヒュー・グラントいなくても全然面白い。もちろん何か特別な驚きがあるという訳でもないのだが、安心して観ていられる「予想を裏切らない」面白さとでも言うのだろうか。ベタベタした色恋沙汰も殆ど出て来ないし、ヒットしたのも納得である。こうなると同年の主演作でラジー賞を取った「ウルトラ I LOVE YOU!」も是非観てみたいw

社員から恐れられる40歳のやり手女性編集長マーガレット(サンドラ・ブロック)は、ビザの申請を怠って国外退去を命じられます。失業の窮地に陥った彼女は、ひとまわりも年下の部下アンドリュー(ライアン・レイノルズ)と偽装結婚し、アラスカへ向かおうとする__。 ドタバタな週末を描いたラブコメな本作。ライアンはこういうのがホント上手ですよね。

8.ライアン・レイノルズの軽薄なイケメン演技に注目の青春ドラマ【2009年】

1987年夏、大学院への進学を控えていたジェームズは、夏休みに学費稼ぎのために地元にある遊園地アドベンチャーランドでアルバイトすることにします。従業員にはエキセントリックなボビーやイケメンのコンネルといった個性的な面々がいる中、一際目立つ女性エムに、ジェームズは心ときめかせるのでした。 『スーパーバッド 童貞ウォーズ』、『宇宙人ポール』のグレッグ・モットーラ監督が、1980年代の若者たちのひと夏の恋を描いた青春ドラマ。主演のジェシー・アイゼンバーグとエム役のクリステン・スチュワートは、後年『エージェント・ウルトラ』で再共演しています。ライアン・レイノルズはイケメン従業員のコンネルを、いかにもチャラ男そうに演じています。

9:ライアン・レイノルズの一人芝居が圧巻!【2010年】

roto37 生き埋めにされた男。アイデア勝負の良作。すごいシニカル。。。
kenta 考えた人が天才過ぎる 低予算が伝わるのに傑作 登場場面人物一つと一名なのにこんなにスリルを演出できるなんてすごい、 最後のオチは絶妙すぎる

ひつぎに閉じ込められた人間が、どんな手を使ってそこから脱出するのか?を描いたシチュエーション・スリラーの本作。ライアンは閉じ込められた主人公ポールを演じました。 ほぼ暗闇のなかでストーリーテリングがなされる特殊な演出で、ライアンはほぼ独演状態の難しい役でしたが、圧巻の演技を披露しました。結末の意外性もあいまって傑作となった本作は、ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞 にてインディペンデント映画トップ10に選出されました。 低予算のインディーズ映画ながら、ライアンの代表作の一つと言っていい一作だと思います。

10:DCコミックが原作。後に結婚するブレイク・ライブリーと共演【2011年】

Masataka_Shimono もう三回目。あまり人気ないけど嫌いじゃない。
kumazen どちらかと言えば、おばか映画なのかもしれませんが、ヒーローものが好きなので楽しめました。

本作『グリーン・ランタン』は、宇宙の秩序を守るグリーン・ランタンの一員になった男の戦いを描いた壮大な世界観の映画です。

ライアンは、見習いパイロットからグリーン・ランタンの一員となる主人公ハルを演じています。後に、実際の奥さんとなるブレイク・ライブリーも恋人役で出演しています。

11:名優デンゼル・ワシントンと共演。ライアン・レイノルズが新米CIA職員に【2012年】

Risa_Ishiguro 超イケメンな映画! スパイ物ってだけで興奮するけど、この映画は視点がちょっと新しくて楽しかった。 あとはスパイらしく逃げ回ってて、あの単騎敵地に乗り込んでいく感じとか、自分の正義を信じるところとか、好きだったな。
skr_icj スニーク・プレビューにて。 いやー、DワシントンもRレイノルズも素敵。Rレイノルズは[リミット]のイメージが強くて、なんか巻き込まれちゃう系合ってる感じがする(笑) アクションがすごい。うるさいくらい。← アクション、カーチェイスがこんなにすごくて、演技も素晴らしいんだから、もうちょっと良いストーリーだったら完璧だったのにね。惜しい!

伝説のCIAエージェントと、新米エージェントコンビが、32時間逃げ続ける、というシンプルなプロット。 オスカー俳優デンゼル・ワシントンとライアン・レイノルズ共演の贅沢でかっこいい一本です。

12:ぶっ飛んだ映画を観たい方におすすめの首チョンパムービー♪【2014年】

tophelos 2015/09/19 シネマート心斎橋 「チキンとプラム 〜あるバイオリン弾き、最後の夢〜」ですっかりヤラレテしまったイラン出身のマルジャン・サトラピ監督作品。漫画家でもある監督によって、コミカルな表現に包まれてはいるが、物語は非常にヘビーであるので、ポップな雰囲気に惹かれて軽い気持ちで見ると結構ダメージを受けるかもしれない。主演のライアン・レイノルズって所謂イケメン俳優だと思うのだが、どこかマッチョ馬鹿っぽい印象(失礼!)が強い。ただ本作ではそんな彼のキャラクタを逆手に取ったかのように、統合失調症だと思われる主人公を見事に演じており、その役者としての確かなスキルを再確認できる。(ちなみに2015年のベスト10入り作品!)
Akimoto_Erika 普段観ないジャンルなので怖すぎて映画館で目をつぶりかけた…適度に切なく、可愛らしい。オチに持ってかれた。

イラン出身の女性監督マルジャン・サトラピが作り出した、シュールなトビ具合、そして気持ち悪くもポップな異色のスリラー映画です。全く自身の演じる役を選ばないライアンは男性ファンも多そうですね。あっぱれ。

13:ライアン・レイノルズ主演のスリラー映画【2014年】

hiroenag 数年間の出来事が時系列ではなく断片的に語られ、起きていることの全体像を知るのにしばらくかかります。いやむしろこの映画全てが、「起きたこと」を把握するためのものとも言えます。事態が理解できた時には、解決です。そのために一瞬も気が抜けず、全体としてはありがちな話を面白くしてると思いました。ナイアガラの滝の近くが舞台なのですが、その滝がちょこっとしか見えないのがまたなんとも。
nieve822 The Captive。雪深い田舎町で起こった誘拐事件。疑われる夫、崩壊する夫婦関係。なんだかゾワゾワする作品。真実は闇の中。トッリクかギミックか。怖い怖い。

またまたスリラーが続きます。

娘が失踪し、無情な時が過ぎた後、生存の証拠が次々と発見されます。父親は希望を見出しますが、そこには衝撃の事実が隠されていた__。

ライアンは失踪した娘の父親を演じました。

14:ライアン・レイノルズとヘレン・ミレンが素晴らしい!【2015年】

mongorichop ナチス批判の映画ではなく、オーストリアの在り方に対して、意見を述べる映画で新鮮だった。

ナチスの行為に対してのドイツの考え方は住んで現地と人と話した経験から、理解はしていたが、この映画を通して、オーストリアは自分達をどう考えているのか、とても気になった。

1人の女性の願いの為に、諦めず行動した人達が、周りの人達の心を動かし、考えさせた。また、それを映画を通して多くの人が見て、考える機会が出来る。とてもいい映画だと思う。

話的にはジミーなのに、見せ方で相当上手くやってて、すごい。

アデーレいつか見てみたい

whentheycry よく、第二次世界大戦下を舞台にした映画でナチスによる押収があるけど終戦後その後どうなったのかという事が描かれているのは初めて見た。 いくら国宝とはいえ、個人の、しかも形見となる物を手放さないという国の行動が普通に考えてありえないと思うのに今でもまだ本来の持ち主の元へと帰っていない物が沢山ある事について考えさせられます。

モノを通して現代と戦時下を行き来するストーリーは改めて戦争の悲惨さを現代に生きる人たちに伝えてくれました。

2000年、アメリカで暮らす82歳の女性マリアが、グスタフ・クリムトの絵画「黄金のアデーレ」の返還を求めてオーストリア政府を訴えます。彼女によると描かれているのは叔母アデーレの肖像画であり、第二次世界大戦中にナチスに没収されたのだといいます。マリアは弁護士のランディとともに立ち上がることに。 クリムトの絵画をめぐり実際に起こった裁判を、ヘレン・ミレン主演で映画化。ライアン・レイノルズは、彼女に協力する経験の浅い弁護士ランディを演じます。未熟ながらもまるで息子であるかのようにヘレン演じるマリアを支えるランディ役は、アクション作品出演が多いライアンの新境地となりました。

15.ライアン・レイノルズの新たなる代表作!【2016年】

2009年に出演した映画『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』でデッドプール役を演じたライアン・レイノルズは、スピンオフ作品として、2016年公開の『デッドプール』にデッドプール(ウェイド・ウィルソン)役で主演します。

このデッドプールというヒーローは、自己中心的で、根アカなおしゃべりでやんちゃ、適当かつ平和に興味がないという、ダーティヒーローの中でも相当に特殊なキャラクターとなっています。新作が次々に投下され、若干のマンネリ感も否めないマーベル映画のラインナップ。デッドプールが新風を巻きおこすことは間違いなさそうです。

デッドプールの特徴のひとつとして、「第四の壁」を破れるというものがあります。「第四の壁」とは、フィクションと現実世界を隔てている壁のことで、デッドプールは自分がフィクションのキャラクターであることを自覚しているという設定です。観客にむかって語りかけるようなシーンがあることが想定されており、ライアン・レイノルズがどう演じるのか期待が高まります。

モリーナ・バッカリンエド・スクレインなど、若手を代表する俳優が集結したマーベル映画『デッドプール』は、2016年2月12日全米公開予定、日本公開は2016年6月1日です。

16.進化する未知の生命体が宇宙飛行士たちを襲うSFスリラー【2017年】

火星で未知の生命体の細胞が発見されたことを受け、それぞれの分野に精通した6人の宇宙飛行士が国際宇宙ステーションで調査を開始します。ところが、短時間で進化・成長する生命体は、次第に宇宙飛行士たちに襲いかかります。 『デッドプール』で脚本を担当したポール・ワーニック&レット・リースのコンビが放った密室SFスリラー。監督は『デンジャラス・ラン』のダニエル・エスピノーサが担当しています。 本作でライアン・レイノルズは操縦士のローリーを演じますが、当初は彼がメイン主役の扱いでした。しかしスケジュールの都合がつかず、結局そのポジションをジェイク・ギレンホールが担うこととなったそうです。

17.ライアンが“説教番長”サミュエル・L・ジャクソンと共演のバディ・ムービー【2017年】

ボディガードのブライスは任務のミスから一線を退き、セレブの日雇い護衛業に転じていました。その一方で、伝説的ヒットマンのキンケイドは、服役中の妻の釈放を条件に独裁者デュコビッチの裁判での証言をすることに。どころがデュコビッチの手下の襲撃を受け、キンケイドを護送していた女性捜査官アメリアは、元恋人のブライスに助けを求めるのでした。 ライアンがブライス役を、キンケイド役をサミュエル・L・ジャクソンが演じたアクション・バディ・ムービー。アメリカでは2017年8月に公開されて3週連続1位を果たすヒットとなり、日本ではNetflixで観ることができます。 『デンジャラス・ラン』、『ゴースト・エージェント』といったバディ・ムービーに出演してきたライアン・レイノルズならではの持ち味が発揮されています。

18:また呼んだ?帰ってきちゃったアンチヒーロー!『デッドプール2』【2018年】

元傭兵ウェイド・ウィルソン/ミュータント・ヒーローのデッドプール役を、『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』以来再び演じた『デッドプール』。その続編が2年後の2018年、『デッドプール2』として帰ってきました!日本では6月1日公開です。 「X-MEN」シリーズの通算11作目にあたり、すでに今後シリーズのスピンオフとして『Xフォース(原題)』で再度デッドプール役を演じることが決まっています。 さらに第3弾『デッドプール』については噂に留まっていましたが、レイノルズによれば『デッドプール3』があるかどうかはまだわからないとのこと。今後アメコミ・ヒーローはデッドプールしか演じたくないと言うほどお気に入りのキャラクターのようなので、期待して待ちたいですね。

19.ライアン・レイノルズがポケモン初の実写映画化作品でまさかのピカチュウ役!?

長い歴史を持つ「ポケットモンスター」映画の中でも初となる実写版の製作が発表され、なんとピカチュウ役をライアン・レイノルズが演じると報じられました。すでに全米公開は2019年5月10日に決定しています。 ニンテンドー3DSのゲームソフト「名探偵ピカチュウ 〜新コンビ誕生〜」を元にした作品で、ジャスティス・スミス演じる主人公とコンビを組んで事件を解決していくストーリー。レイノルズはモーションキャプチャーでピカチュウの動きを演じ、声を担当するようです。 一体どんなピカチュウになるのか想像がつきませんが、きっとレイノルズならではのユーモアたっぷりのしゃべりでキレのあるアクションをつけてくれるのではないでしょうか?