【最強のふたり】の感動再び!親子の関係再生を描く『グレートデイズ!ー夢に挑んだ父と子ー』

2017年7月6日更新
フランス映画祭2014年オープニング作品に選ばれた本作『グレートデイズ!ー夢に挑んだ父と子ー』は、公開されるや否や、口コミで大ヒットを記録しました。監督は、大ヒットドキュメンタリー映画『エトワール』のニルス・タヴェルニエ。そして父親役には、フランスの名優、ジャック・ガンブラン。息子役には、オーディションで選ばれた、自身も車いす生活を送るファビアン・エローが演じています。今回は8月29日よりTOHOシネマズ日本橋、新宿武蔵野館ほかにて公開される本作のみどことろをまとめました!

障害を持つ息子と両親の、関係回復の物語

【あらすじ】 車いすの生活をおくる17歳のジュリアンは、失業して久しぶりに帰って来る父ポールとの再会を楽しみにしていた。だが、息子とどう接していいか分からないポールは、口をきこうともしない。そんな父にジュリアンは、とんでもない提案を突きつける。 「父さんと、アイアンマンレースに出たい。」 若い頃にトライアスロン出場の経験を持つポールだが、「ムリだ」のひと言で一蹴する。アイアンマンレースは、トライアスロンの中でも最難関。鍛え抜かれたスポーツマンでも過酷なレース。しかし、負けず嫌いのジュリアンは諦めない。様々な作戦を企て父を説得。さらには、心配性の母をも説き伏せ晴れてチーム結成となる。 「これまでの時間を取り戻す。」「もう子供じゃないことを、認めさせる。」ふたりの無謀すぎる挑戦は、やがて周囲の人々を巻き込んで、皆の夢へと変わっていく。そして迎えた運命の日、様々な困難を乗り越えたにゴールは来るのか―?