テイラー・スウィフトが映画『ザ・ギヴァー』に出演決定

2017年7月6日更新
人気歌手のテイラー・スウィフトが映画『ザ・ギヴァー(原題)』に出演することがわかりました。

尊敬する共演者、原作に惹かれて出演を決意

テイラー・スウィフト

引用: fujitaiju.com

今作『ザ・ギヴァー(原題)』はロイス・ローリーの児童小説「ザ・ギバー 記憶を伝える者」が原作。それを映画『ソルト』などで知られるフィリップ・ノイスが実写化します。ジェフ・ブリッジスという尊敬する共演者と、幼いころに読んだ原作が今も印象に残っていることから、出演を決めたとのこと。

愛や苦悩がなくなった平和な未来社会が舞台。その中で選ばれた者だけが過去を知ることが出来、人類の歴史が愛や苦悩で満ちていたことを知り、人類に感情を取り戻そうとする物語。

この作品を通して「ほんの一瞬の幸福を得るために人は何かに挑戦する価値があること」を伝えたい

テイラーは「原作では人類の歴史や芸術などを賛美していて、私はそれにとても共感しているの。私は日々ソーシャルメディアや手紙を通して多くの人達から喪失感や不安や人生の困難についてのメッセージを受け取っていて、私も彼らに一瞬の幸福のために何かに挑戦することはとても価値があるんだということを伝えたいと思ったの」と話しています。

日本での公開情報はまだ未定

今後明らかになり次第、続報をお伝えしていきます。