2017年7月6日更新

WINNERS OF TEEN CHOICE 2015 が発表!【ドラマ編】

WINNERS OF TEEN CHOICE 2015 が発表されました! 1999年から続く「ティーン・チョイス・アワード」では、13歳~19歳のティーン達の投票によって各賞が決定します。 こちらでは、受賞したドラマ作品をまとめました。

この記事の目次 [閉じる]

WINNERS OF TEEN CHOICE 2015 が発表!【ドラマ編】

2億5,000万人以上のティーンが、フェイスブック・ツイッター・インスタグラムで投票する「ティーン・チョイス・アワード」2015年の受賞者・受賞作が決定しました!

・ドラマ俳優賞 イアン・ハーディング『プリティ・リトル・ライアーズ』

・ドラマ女優賞 ルーシー・ヘイル『プリティ・リトル・ライアーズ』

・SF/ファンタジードラマ賞 『ヴァンパイア・ダイアリーズ』

・SF/ファンタジードラマ俳優賞 ジャレッド・パダレッキ『スーパーナチュラル』

・SF/ファンタジードラマ女優賞 ニーナ・ドブレフ『ヴァンパイア・ダイアリーズ』

・コメディドラマ賞 『ビッグバン★セオリー/ギークなボクらの恋愛法則』

・コメディドラマ俳優賞 ロス・リンチ『オースティン&アリー』

・コメディドラマ女優賞 リア・ミシェル『glee/グリー』

・アニメーション賞 『ファミリー・ガイ』

・リアリティ番組賞 『ザ・ヴォイス』

・テレビ悪役賞 A『プリティ・リトル・ライアーズ』

・テレビ助演賞 ディラン・オブライエン『Teen Wolf』

・テレビベストコンビ賞 ジェンセン・アクレス&ミーシャ・コリンズ『スーパーナチュラル』

・テレビベストキス賞 ニーナ・ドブレフ&イアン・サマーフォルダー『ヴァンパイア・ダイアリーズ』

・テレビ新人賞 グラント・ガスティン『フラッシュ』

・テレビ新番組賞 『Empire 成功の代償』

・サマーテレビ番組賞 『Teen Wolf』

・サマーテレビ俳優賞 タイラー・ブラックバーン『プリティ・リトル・ライアーズ』

・サマーテレビ女優賞 アシュレイ・ベンソン『プリティ・リトル・ライアーズ』

ドラマ賞:『プリティ・リトル・ライアーズ』

大人気テレビシリーズのシーズン6です。キャッチコピーは、「女の子は、嘘と秘密でできている。」

仲良し5人組の内の1人、アリソンの失踪から1年後、残りの4人に、「A」という謎の人物からメールが届き始めます。それは、誰も知るはずの無い4人の秘密のはずで・・・。

新感覚のガールズ・ミステリー作品です。出演陣が俳優賞・女優賞など最多6部門を受賞するなど、ティーンからの指示の高さが伺えます。

ドラマ俳優賞:イアン・ハーディング『プリティ・リトル・ライアーズ』

主人公達の学校の先生役で受賞。アリアと禁断の恋に落ちてしまう役でもあります。 イアンは、『アドベンチャーランドへようこそ』や『ラブ&ドラッグ』などの映画にも出演しています。

ドラマ女優賞:ルーシー・ヘイル『プリティ・リトル・ライアーズ』

このシリーズのアリア役で人気を博したルーシー。シリーズ開始当初の2010年から毎年、ティーン・チョイス・アワードで何らかの賞を獲得しており、アリアとしての受賞は、もはやおなじみと言えます。

SF/ファンタジードラマ賞:『ヴァンパイア・ダイアリーズ』

大人気シリーズのシーズン6です。美しいヴァンパイアの兄弟(ステファンとデイモン)と、美しくも心優しい高校生エレナの「運命の恋」の物語。今回の「ティーン・チョイス・アワード」では3つの賞を受賞しており、こちらも人気の高さが伺えます。

SF/ファンタジードラマ俳優賞:ジャレッド・パダレッキ『スーパーナチュラル』

ヴァンパイア兄弟の弟、サム役での受賞です。ジャレッドは、リメイク版映画『13日の金曜日』でも主役を務めました。

SF/ファンタジードラマ女優賞:ニーナ・ドブレフ『ヴァンパイア・ダイアリーズ』

『ヴァンパイア・ダイアリーズ』シリーズのエレナ役で、6年連続6度目の受賞となるニーナ。今回のシリーズで卒業が決まっており、最後の受賞となりました。

コメディドラマ賞:『ビッグバン★セオリー/ギークなボクらの恋愛法則』

全米No.1視聴率を獲得したこともある、大人気コメディシリーズです。仲良しオタク男子四人組と、個性的な女の子三人組が繰り広げる、ラブ・コメディ。全米のみならず、イギリス・フランス・ドイツなど世界各国でも人気を集めています。

コメディドラマ俳優賞:ロス・リンチ『オースティン&アリー』

『オースティン&アリー』の主人公、オースティン役での受賞です。ロスは、ディズニーチャンネルの『ティーン・ビーチ・ムービー』でも主演を務めており、注目を集めています。

コメディドラマ女優賞:リア・ミシェル『glee/グリー』

『glee/グリー』では、レイチェル・ベリー役で出演しています。リアは、女優業以外に歌手としても活躍しており、2014年にはファーストアルバム『Louder』を発売しています。

アニメーション賞:『ファミリー・ガイ』

1999年から続くアニメーション作品(一時中断あり)です。グリフィン一家が引き起こすドタバタコメディで、モラルやタブーを軽視した過激な内容が多いのも特徴の1つ。LINEのスタンプもあるので、キャラクターは見たことがある、という方もいるのでは?

リアリティ番組賞:『ザ・ヴォイス』

声だけで審査する、というブラインド・オーディション形式の人気リアリティ番組。 様々な人気アーティストが審査員を務める所も見どころです。

テレビ悪役賞:A『プリティ・リトル・ライアーズ』

アリア、スペンサー、ハンナ、エミリーのもとに謎のメッセージを送り続ける「A」。未だに正体不明の「A」ですが、次回のシリーズで正体は明かされるのでしょうか?

テレビ助演賞:ディラン・オブライエン『Teen Wolf』

『Teen Wolf』のスタイルズ・スティリンスキ役での受賞となりました。ディランは、映画『メイズ・ランナー』シリーズで主役のトーマスを演じています。『メイズ・ランナー2 砂漠の迷宮』は2015年10月23日に日本公開予定。

テレビベストコンビ賞:ジェンセン・アクレス&ミーシャ・コリンズ『スーパーナチュラル』

『スーパーナチュラル』は、悪霊ハンターの兄弟(ディーンとサム)が悪霊を狩る旅にでる、という人気シリーズです。兄ディーン役のジェンセン・アクレスと、兄弟の助っ人、天使カスティエル役のミシャ・コリンズの2人がベストコンビ賞を受賞しました。2人はイケメン俳優としても有名です。

テレビベストキス賞:ニーナ・ドブレフ&イアン・サマーホルダー『ヴァンパイア・ダイアリーズ』

プライベートでは元恋人同士というニーナとイアンが、ベストキス賞を受賞しました。ニーナは、「Lux」のCMの美女として日本でも人気がありますし、デイモン役のイアンは、テレビドラマ『LOST』に出演していたことでも有名です。

テレビ新人賞:グラント・ガスティン『フラッシュ』

『フラッシュ』は、ある事故で、超人的な治癒力とフラッシュのように超高速で移動できる能力を手に入れた青年が、「フラッシュ」として 悪と闘うドラマです。ガスティンは、主人公フラッシュ役で出演しています。また、『glee/グリー』では、準主役、セバスチャンを演じました。

テレビ新番組賞:『Empire 成功の代償』

大手レコード会社「エンパイア社」のCEO、ルシウス・ライオンは、ある日突然の余命宣告を受けます。そして、自社である「エンパイア社」のCEOの座を、3人の息子のうちの誰か1人に明け渡す決意をしたのですが…。そこに、17年の服役生活から出所した元妻クッキーが現れ、後継者争いに待ったをかけます。音楽業界を舞台とした、愛憎渦巻く物語です。

作中で使われる音楽にも注目が集まっており、今回の授賞式でも、出演者であるジャシー・スモレットとブライシャー・Y・グレイがパフォーマンスを披露しました。

サマーテレビ番組賞:『Teen Wolf』

狼男が主人公の作品で、出演者にイケメン俳優が多いのも特徴の1つです。

ごく普通の高校生スコット(タイラー・ポージー)は、狼男に噛まれたことをきっかけに、満月の夜や興奮状態になると狼男に変身する体質になってしまい、そのことがさまざまなトラブルを引き起こしていきます。

1985年公開の映画『ティーン・ウルフ』をテレビシリーズ化した作品です。

サマーテレビ俳優賞:タイラー・ブラックバーン『プリティ・リトル・ライアーズ』

『プリティ・リトル・ライアーズ』のハンナの恋人、ケイレブ・リバース役での受賞となりました。タイラーは、テレビドラマ『コールドケース6』にも出演しています。

サマーテレビ女優賞:アシュレイ・ベンソン『プリティ・リトル・ライアーズ』

『プリティ・リトル・ライアーズ』 の主要キャラクターの内の1人、ハンナ役での受賞です。ドラマのイメージが強いアシュレイですが、2015年9月12日、日本公開の映画『ピクセル』では、レディー・リサ役で出演しており、ドラマとはまた違ったアシュレイが見られるかもしれません。