2017年7月6日更新

中村義洋監督のおすすめ映画9選

『鴨とアヒルのコインロッカー』
大学在学中に「ぴあフィルムフェスティバル」で準グランプリを獲得し、早く才能を開花させた中村義洋監督。特に『アヒルと鴨のコインロッカー』や『ゴールデンスランバー』などの伊坂幸太郎作品や『チーム・バチスタの栄光』などの海堂尊作品といったミステリー作品に定評がある。また、ホラー映画も数多く監督・脚本しており『ほんとにあった! 呪いのビデオ』シリーズなども手がけている。他にもハートフルな作品を監督するなど、多彩な一面も持っている。

同名小説の映画化作品。どんでん返しがあるため、映像化不可能と言われた作品

AoiH 原作を読めずに映画に挑戦してみたが…。まんまと騙されました。笑 演技派な人たち多くて見がいあった!

バチスタ手術を担当する優秀なチームの手術中におきた術中死をテーマにした医療ミステリー

genyu_Jboy 原作を知らないのでスリリングに見れました。田中が怖かった。

前作ではバチスタチームの内部調査から、今回は救命救急センター長の「血まみれ将軍」の疑惑を解明する。前作よりスケールアップ

southpumpkin ドラマ版も見てましたが、竹内阿部の映画版の方が楽しいですね。堺雅人も加わった二作目は、前作に比べ迫力には欠けますが一作目を見た方は見た方がいいかもしれません。あー、ってなります。 山本太郎もでてます。クセのあり人をいらいらさせるのがうまい俳優さんなのに、クセのあり人をいらいらさせる政治家になってどうするんですかね、彼は。

ジャージ姿の父と子が山荘で暮らすスローライフと力が抜けるような脱力系の会話が観ていて楽しいコメディ

arma グラビアカメラマンの父と無職の息子が軽井沢の別荘でジャージを着てのんびりする話。 ずっとのんびりしてればいいのに、息子の奥さんに男の影が見え隠れしたり、『うわうわうわうわ〜』ってなる展開もあった。 お父さんが"及第点の父親"って感じでとても良かった。 こんなお父さん欲しいな〜。ファミコンの四人打ち麻雀やってるのを後ろでずっと見てたい。

パンクバンドのある1曲を中心にした奇想天外なストーリー。地球の滅亡まで発展する

haru3 本よりも時系列工夫してあっておもしろかった!!最後に全部まとめてくるとは…。短編小説をここまでの映画にするとはすごいなぁ。たぶん当分 あの曲頭から離れない(笑)

首相暗殺の濡れ衣を着せられてしまった宅配ドライバーは巨大な陰謀に巻き込まれてしまい、逃亡することになり……

Rina_007 一番最後までみたとき、あーーー!って思わず叫びました。こういうの好きです。面白かったです!

藤子不二雄Aの人気マンガの実写劇場版。テレビドラマ版よりもスケールアップしたストーリーと迫力ある映像が見所!

Yuko__Suga 家族で楽しめると思う。

不可能と言われたリンゴの無農薬栽培を成し遂げた実話を描いた感動作

Hiroshi_Kimura 10年は本当に長いと思う。それを乗り越えた木村さんのすごさ。とても感動した

湊かなえの原作を映画化。容疑者にしたてられたOLは、SNSやインターネット、マスコミの闇を描いたサスペンス

yupiberry 原作以上に、映像だからこそリアルにネットやマスコミの怖さが伝わってきて、薄ら寒い思いがした。みのもんた風の生瀬勝久さん秀逸!殺人という大きな事件が、好奇心の対象やマスコミの視聴率稼ぎにしかならないあたりが何とも。