2017年7月6日更新

気まずくなっちゃうかも…海外サイトが選ぶ“親と一緒に観てはいけない”映画9選

海外サイト“What Culture”が選んだ、よく映画を家族で観るという方は必見の『親と一緒に観てはいけない』9つの映画をご紹介します。この映画は一人かお友達と観たほうがいいかも…?!

暴力シーンが激しすぎて、日本版ではモザイクがかかるほど。

okdkstmp あの『なまいきシャルロット』のシャルロット・ゲンズブールの気狂い染みた演技意外に見所が無い、というか理解不能。観た後だから言えるが、暴力シーンに耐性の無い人は観るのには覚悟が要りますね…。 これ日本版では各所にボカシが入ってるけど、暴力的なシーンではボカシがあってよかったとすら思えるシーンがある。無修正を上映した映画祭では気絶した人が出たのも分かる気がする。 とにかく、『アンチクライスト』のタイトルからいろいろと宗教的なのを描きたいのは分かるけど、もう面白いとか面白くないとかそういう対称にならない。軽く動揺してる。性表現が映画の要素の一つでしかないのではなくて、この映画の場合、性表現が最重要要素なのは分かるけど、もう何でこうなるのかが理解不能。

親と見たらちょっと気まずくなっちゃうかも…家族と観るには不向きのコメディ映画

osakanamovie フツーの高校生たちによる脱童貞奮闘記 アホらしくて笑えるしそれぞれいろんな幸せ掴んでてよかった BLINK-182懐かしいなあ!

ナタリー・ポートマンの熱演が話題となった名作。台詞も映像も親と観ると気まずいところが…。

equal_mm 芸術のデモーニッシュ満載というかなんというか。すごい。 指がぞわぞわする。 父と一緒にリビングで観ると気まずい映画であった。

各国で上映禁止となった衝撃のバイオレンス問題作。

blueberry_98 WOWOWで鑑賞。殺人を繰り返す若いカップルの行動を描いた作品。好き嫌いが分かれるのでは?

カンヌで絶賛。性を越えた愛を描いた作品。

xxxmeso 少女が大人になる過程を3時間かけて見守る映画。エマとよりを戻せないと分かったあとの、ぼろ泣きしながら笑顔を作って別れるシーンはうっかりもらい泣きした。いい男と出会う運はあるのに幸せは逃がしてしまう、ちょっとかわいそうな子だったなアデル。常に口が半開きのゆるい感じでかわいかった。

恋をしたのは触れることができない人工知能。ロボットと一人の男性との恋を描く。

copparman ロボットやAIとの恋が生まれる日は そう遠くないのかもしれないと思った。 考えや感情がプログラムの一つに過ぎないのかもしれないけれど、それでも愛おしい。人間同士の恋愛よりも複雑で深くて純粋だなあ、と実感。

映像美が高く評価されたイギリス・イタリア合作映画。愛娘を水難事故で失ってしまった夫婦が主人公のサスペンス・スリラー

tophelos 2011/09/20 DVD 観終わった後にすぐもう一度観直したくなる作品。撮影と編集のテクニックが見事で、ストーリーをより幻想的に見せる事に成功している。ラストで「そうだったのか」思わされるのだが、釈然としない部分も残り、その辺りの受け止め方で評価が分かれそうではある。

どんどん人間が繋がっていく…異色のホラー映画。

misaki14yama あまり怖くなかったが見終わって最低の気分、後味悪い、二番目の女の人気の毒。人間をつなげてみたいという発想はおもしろいけどグロい描写が案外少なかった、映画なんだからやるならもっととことんやっちゃえばいいのに…とか言ったら非難されるかな?倫理の問題?日本人男性の台詞、「火事場の馬鹿力じゃー!」を2度続けて言ってたりしておもしろかった。

学歴・人脈ナシの主人公が大金持ちに成り上がり、欲に溺れていく。

yuta708 もー凄い下品w話が凄い難しかったけど転落していく場面が面白かった。乱交シーンやドラッグシーンは衝撃。正直ドン引きした。これが実話とかさすがアメリカ。
出典: WHAT CULTURE