2017年7月6日更新

ボンドガールがおばさんに...ボンドガールの現在まとめ

イギリス諜報局MI6のエージェントジェームズ・ボンドを主役とした大人気スパイアクション映画007シリーズ。007作品といえば、ボンドカー、様々なガジェット、そして欠かせないのがボンドガールです。今回はwww.hollywood.comよりボンドガールの現在を紹介します。

この記事の目次 [閉じる]

1.トレーシー『女王陛下の007』:ダイアナ・リグ

1938年7月22日生まれのイギリス人女優ダイアナ・リグ。   1969年007シリーズ第6作『女王陛下の007』でボンドの妻、トレーシー・ボンドを演じていました。2013年からHBOの大人気海外ドラマシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』に女王オレナ・レッドワイン役で出演しています。

2.ステイシー・サットン『007 美しき獲物たち』:タニア・ロバーツ

1955年10月15日生まれのアメリカ人女優タニア・ロバーツ。

1985年シリーズ第14作『007 美しき獲物たち』でボンドガール、ステイシー・サットンを演じていました。今作に出演以前は『チャーリーズ・エンジェル』のドラマシリーズ、ジュリア役として有名でした。

3.ソリテア『007 死ぬのは奴らだ』:ジェーン・シーモア

1951年2月15日生まれのイギリス人女優ジェーン・シーモア。

1973年、シリーズ第8作『007 死ぬのは奴らだ』ボンドガール、ソリテアを演じていました。今作以降、『エデンの東』などに出演、エミー賞を1度、ゴールデングローブ賞を2度受賞している大女優です。

4.パリス・カーヴァ―『007 トゥモロー・ネバー・ダイ』:テリー・ハッチャー

1964年12月8日生まれのアメリカ人女優テリー・ハッチャー。

1997年シリーズ第18作『007 トゥモロー・ネバー・ダイ』でボンドガール、パリス・カーヴァ―を演じていました。

現在はアメリカの大人気ドラマ『デスパレートな妻たち』スーザン・メイヤーとしてお馴染みの女優です。

5.ウェイ・リン『007 トゥモロー・ネバー・ダイ』:ミシェール・ヨー

1962年8月6日生まれのマレーシア人女優ミシェール・ヨー

1997年シリーズ第18作『007 トゥモロー・ネバー・ダイ』でボンドガール、ウェイ・リンを演じていました。

2000年公開、アカデミー賞外国語映画賞を受賞した『グリーン・デスティニー』、2006年公開の『サンシャイン2057』などに出演しています。

6.ドミノ・ぺタッチ『ネバーセイ・ネバーアゲイン』:キム・ベイジンガー

1953年12月8日生まれのアメリカ人女優キム・ベイジンガー。

シリーズ第4作『007 サンダーボール作戦』のリメイク『ネバーセイ・ネバーアゲイン』でボンドガール、ドミノ・ぺタッチを演じています。

1997年『LAコンフィデンシャル』でアカデミー賞助演女優賞を獲得するなどボンドガールを演じた女優の中で最も成功した女優の一人です。

7.ハニー・ライダー『ドクター・ノオ』:ウルスラ・アンドレス

1936年3月19日生まれのスイス人女優ウルスラ・アンドレス。

1963年007シリーズ記念すべき第1作『ドクター・ノオ』で初代ボンドガール、ハニー・ライダーを演じています。

1967年公開の007のパロディ映画『007 カジノロワイヤル』にも出演しています。

8.シルビア・トレンチ『ドクター・ノオ』『007 ロシアより愛をこめて』:ユーニス・ゲイソン

1931年3月17日生まれのイギリス人女優ユーニス・ゲイソン。

シリーズ第1作『ドクター・ノオ』と1963年シリーズ第2作『007 ロシアより愛をこめて』でボンドガール、シルビア・トレンチを演じています。ゲイソンは元々ミス・マネーペニーを演じる予定だったそうです。

ゲイソンの娘が『007 ゴールデンアイ』(1995)にカメオ出演しています。

9.プッシー・ガロア『007 ゴールデンフィンガー』:オナー・ブラックマン

1925年8月22日生まれのイギリス人女優オナー・ブラックマン。

1964年、シリーズ第3作『007 ゴールデンフィンガー』でボンドガールプッシー・ガロアを演じていました。

その後、映画を中心に活躍、2001年『ブリジッド・ジョーンズの日記』に出演しています。

10.ティファニー・ケース『007 ダイアモンドは永遠に』:ジル・セント・ジョン

1940年8月19日生まれのアメリカ人女優ジル・セント・ジョン。

1971年、シリーズ第7作『007 ダイアモンドは永遠に』でボンドガール、ティファニー・ケースを演じています。

80年代にABCのテレビ番組『グッド・モーニング・アメリカ』の一コーナーに出演、料理の先生を務め人気を博し、料理本まで出版していました。

11.ジル・マスターソン:『007 ゴールデンフィンガー』シャーリー・イートン

1936年1月12日生まれのイギリス人女優シャーリー・イートン。

1964年シリーズ第3作『007 ゴールデンフィンガー』でボンドガール、ジル・マスターソンを演じていました。今作に出演したわずか5年後、家庭に入るため女優を引退しています。

12.アマソワ『007 私を愛したスパイ』:バーバラ・バック

1947年8月27日生まれのアメリカ人女優バーバラ・バック。

1977年シリーズ第10作『007 私を愛したスパイ』でボンドガール、アマソワを演じています。1981年ビートルズのリンゴ・スターと結婚、女優業を引退しています。

13.グッドヘッド『007 ムーンレイカー』:ロイス・チャイルズ

1947年4月15日生まれのアメリカ人女優ロイス・チャイルズ。

1979年シリーズ第11作『007 ムーンレイカー』でボンドガール、グッドヘッドを演じています。その後、『クリープショー2 怨霊』『スピード2』などに出演しています。

14.メリナ・ハブロック『007 ユア・アイズ・オンリー』:キャロル・ブーケ

1957年8月18日生まれのフランス人女優キャロル・ブーケ。

1981年シリーズ第12作『007 ユア・アイズ・オンリー』でボンドガール、メリナ・ハブロックを演じています。

その後、『美しすぎて』でセザール賞(フランスの権威ある映画賞)主演女優賞を受賞しています。

15.アンドレア・アンダース&オクトパシー『007 黄金銃をもつ男』『007 オクトパシー』:モード・アダムス

1945年2月12日生まれのスウェーデン女優モード・アダムス。

1974年シリーズ第9作『007 黄金銃をもつ男』でアンドレア・アンダース、シリーズ第13作『007 オクトパシー』でオクトパシーと異なる役で2度ボンドガールを演じています。

『007 オクトパシー』でオクトパシーを演じた時、アダムスは38歳、当時は最高齢のボンドガールでした。

16.パメラ・ブービエ『007 消されたライセンス』:キャリー・ローウェル

1961年2月11日生まれのアメリカ人女優キャリー・ローウェル。

1989年、シリーズ第16作『007 消されたライセンス』でボンドガール、パメラ・ブービエを演じています。

アメリカの大人気ドラマ『ロー&オーダー』に出演、2002年リチャード・ギアと結婚しています。

17.ナターリア・シミョノヴァ『007 ゴールデンアイ』:イザベラ・スコルプコ

1970年6月4日生まれのポーランド人女優イザベラ・スコルプコ。

1995年シリーズ第17作『007 ゴールデンアイ』でボンドガール、ナターリア・シミョノヴァを演じています。

『バーティカル・リミット』『サラマンダー』『エクソシスト・ビギニング』など映画を中心に活躍していました。