人類は月へ行っていなかった!映画監督を巻き込む巨大な陰謀とは?

2017年7月6日更新

アポロ計画の月面着陸にまつわる都市伝説をベースに、『ハリー・ポッター』ロン役でお馴染みのルパート・グリントが主演するアクションコメディ『ムーン・ウォーカーズ』が2015年11月14日に公開となります。そのあらすじやキャスト、みどころなどの情報をまとめてお届けします。

アポロ計画は失敗していた!?

アポロ計画では実際に月へは着陸していない。着陸映像は、特撮で撮影されたものだ…今も根強くささやかれる都市伝説の一つ、「アポロ計画陰謀論」。実際に月面に着陸したことの証拠が数多く提示されているものの、今も疑問が残されているのだとか。

映画『ムーン・ウォーカーズ』はこの都市伝説を元に、月面着陸映像をなんとか捏造しようと大奮闘する男たちを描くアクションコメディ。随所に笑いどころを挟みながら、ストーリーはスピーディーに展開していきます。

スタンリー・キューブリックを巻き込む大プロジェクト

時は1969年。宇宙開発競争の中、なんとか月面着陸を成功させたいのに失敗続きのアメリカ。そこで政府は一計を案じます。実際に着陸できないのなら、着陸映像を作っちゃえばいいじゃないか…映画『2001年宇宙の旅』のスタンリー・キューブリック監督に映像製作を依頼すべく、CIA諜報員のキッドマンをロンドンへ派遣します。

ベトナム戦争を戦い抜いた実力を買われ一大重要任務を任されたキッドマン、しかし映画方面の知識は皆無。キューブリックのオフィスに偶然いた借金まみれの駄目プロデューサー、ジョニーをキューブリックの代理人だと勘違い、製作費のために用意した大金をだまし取られてしまいます。

金を取り返しに向かうも、何故かそのままジョニーと協力してオリジナルの月面着陸映像製作を進めることに。果たしてどうなるのでしょうか…?

ハリー・ポッターのロン役で有名なルパート・グリント主演!

借金まみれの駄目プロデューサー、ジョニー役にルパート・グリント

ハリー・ポッター』シリーズ全8作で主要キャラクターの一人、ロン・ウィーズリーを演じ、お馴染みのルパート・グリント。シリーズ終了後は『バレット・オブ・ラブ』『CBGB』等に出演。また2014年には舞台『It's Only a Play』でブロードウェイデビューを果たすなど、キャリアを積んでいます。

ベトナム帰りの強面CIA諜報員、キッドマンを演じるのはロン・パールマン

人気アメコミ作品の映画化『ヘルボーイ』での主演で知られるロン・パールマン。長身に特徴ある風貌で、どの出演作品にも強い印象を残す俳優です。近年では『ドライヴ』『パシフィック・リム』等に出演。ギレルモ・デル・トロ監督作品の常連としても知られています。

CM界からやってきた期待の新人監督

CM界の巨匠、アントワーヌ・バルドー=ジャケが映画初監督

本作が長編映画初監督作品となるアントワーヌ・バルドー=ジャケ。1996年にクリエイターチーム「H5」を結成、以降彼が世に送り出したCMの数々は受賞歴も多数あり、高い評価を得ています。現在はミシェル・ゴンドリーら才能溢れる映像作家が多数所属するプロダクション「パルチザン」に所属。

日本公開は11月14日!

『ムーン・ウォーカーズ』の公開は2015年11月14日(土)です!果たして月面着陸の映像は完成するのか?公開をお楽しみに!