意外とこんな歳いってたの?見た目より年齢が高めな海外女優8選!

2017年7月6日更新

ずっときれいでいるのは、女性の夢ですよね。そんな夢を現実にしているハリウッド女優はたくさんいますね。そのなかでも見た目が若く、意外と年齢が言っている8人を、2015年現在の年齢と共にご紹介したいと思います。

アナ・ケンドリック

アナ・ケンドリック

アナ・ケンドリックは、1985年8月9日生まれの31歳。

注目されたのは13歳の時、1998年のブロードウェイミュージカル『High Society』で史上3番目の若さでトニー賞にノミネートされました。

2003年公開の『キャンプ』でスクリーンデビューを果たし、2009年公開の『マイレージ、マイライフ』でナタリー・キーナーを演じ、アカデミー助演女優賞やゴールデングローブ賞助演女優賞にノミネートされ、数々の映画祭で評価されました。

『イントウ・ザ・ウッズ』でシンデレラの役を演じたり、『ピッチ・パーフェクト』で大学生役を演じたりしているので幼く見えてしまうのかもしれませんね。

エリザベス・バンクス

エリザベス・バンクス

エリザベス・バンクスは、1974年2月10日生まれの42歳。

サム・ライミ監督の映画『スパイダーマン』での秘書ベティ・ブラント役や、スティーヴン・スピルバーグ監督の『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』のルーシー・フォレスト役などの姿を覚えている人も多いのではないでしょうか。

コミカルな表現もできる女優なので、1988年にデビューして以降ほとんど休むことなく活動しています。また、2015年公開の『ピッチ・パーフェクト2』では、監督デビューも果たしました。

ナオミ・ワッツ

ナオミ・ワッツ

ナオミ・ワッツは、1968年9月28日生まれの48歳。

14歳の時から複数の演劇学校に入り、演技を磨いてきました。長い下積み生活を経て、2001年の33歳の時にデヴィッド・リンチ監督の『マルホランド・ドライブ』に主役として抜擢され、多くの映画賞を受賞しました。

そして翌年には日本の大ヒットホラーのリメイク『ザ・リング』に主演し、2003年公開の『21グラム』では、初めてアカデミー主演女優賞にノミネートされました。

2005年公開の『キング・コング』では37歳という年齢でヒロインに抜擢され大きな話題となりました。

2015年現在は2人の息子をもつ母親です。

ニコール・キッドマン

ニコール・キッドマン

ニコール・キッドマンは、1967年6月20日生まれの49歳。

4歳からバレエを始めてから演劇や発声をならい、15歳の時にはテレビやミュージックビデオ、地元のオーストラリア映画で実績を積んでいました。

ハリウッド入りしたのは、1988年に出演した『デッド・カーム/戦慄の航海』を観たトム・クルーズに招かれたのがきっかけで、1990年には彼と結婚しました。

2001年トム・クルーズと離婚、その年公開の『ムーラン・ルージュ』でゴールデングローブ賞受賞、2003年公開『めぐりあう時間たち』でアカデミー主演女優賞などを受賞し、アメリカを代表する女優になりました。

2006年に、カントリー歌手のキース・アーバンと結婚、2008年には待望の女の子を出産しました。

ブライス・ダラス・ハワード

ブライス・ダラス・ハワード

ブライス・ダラス・ハワードは、1981年3月2日生まれの35歳。

映画監督のロン・ハワードと、女優のシェリル・ハワードの間に生まれました。本格的な映画出演を果たしたのは、2004年公開の『ヴィレッジ』で主役に抜擢されました。

2006年には短編映画ではありますがアルフレッド・モリーナ主演の映画を監督しています。

2007年公開『スパイダーマン3』でもグウェン・ステイシー役を演じ、2009年公開『ターミネーター4』では、ケイト・コナーを演じました。

2006年6月17日に5年間の交際の後、俳優セス・ガベルと結婚し、2012年1月19日には長女を出産しました。

ペネロペ・クルス

ペネロペ・クルス

出典: jp.wsj.com

ペネロペ・クルスは、1974年4月28日生まれの42歳。

15歳の時には約300人の中からタレント・エージェンシーのオーディションで選ばれました。

映画デビューは、1992年公開のスペイン映画『ハモンハモン』。1998年航海の『美しき虜』では、ゴヤ賞主演女優賞を獲得しました。

1998年の映画『オール・アバウト・マイ・マザー』で一躍名前を知られるようになり、ハリウッドでも活躍するようになります。

2010年7月にハビエル・バルデムと結婚、2015年現在は2人の子どもがいます。

ミラ・ジョボビッチ

9759-milla-jovovich-1280×800-celebrity-wallpaper

出典: humanews6.com

1975年12月17日生まれの40歳。

11歳の時に、アメリカにわたりモデルからスタートし、あっという間にトップモデルになったミラ・ジョボビッチ

88年には『トゥー・ムーン』でスクリーンデビュー。91年公開の『ブルー・ラグーン』で注目を集め、リュック・ベッソン監督の『フィフス・エレメント』にヒロインとして出演、2002年から主演をつとめた『バイオハザード』シリーズは代表作となりました。

2015年現在は、『バイオハザード』シリーズのポール・W・S・アンダーソンと結婚しており、子どもがふたりいます。

レベッカ・ファーガソン

レベッカ・ファーガソン

レベッカ・ファーガソンは1983年10月31日生まれの32歳。

2004年『ポゼッション』でスクリーンデビュー後、2013年テレビドラマ『The White Queen』で主演のエドワード4世紀の王妃、エリザベス・ウッドビル役を務めブレイク。この作品で、第71回ゴールデングローブ賞ミニシリーズ・テレビ映画演技賞の主演女優賞にノミネートされました。

2014年の『ヘラクレス』でハリウッド進出をした後、2015年には、クリストファー・マッカリー監督の『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』にヒロインのイルサ役として出演しています。

『ミッション:インポッシブル』での若々しく激しいアクションからは想像できない人もいるかもしれませんが、元恋人との間に子どもがひとりいます。