『スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ』キャスト・公開日など【前作ネタバレ】

2017年5月18日更新 761662view

世界中に熱狂的ファンを抱える『スター・ウォーズ』シリーズの最新作『スター・ウォーズ エピソード8 /最後のジェダイ』が2017年12月15日にいよいよ公開されます。今回は気になるエピソード8について、最新情報をまとめてお届けします!

『スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ』はもう動き出している

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』の30年後を描いた『エピソード7/フォースの覚醒』は、ウォルト・ディズニーがルーカス・フィルムを買収して初となる『スター・ウォーズ』作品です。

その続編となる『スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ』の公開が早くも決定しています。2017年5月26日全米公開予定でしたが、12月15日に先送りされ、世界同時公開となることが発表されました。日本公開も2017年12月15日となります。

2016年2月に制作を開始!予告編も公開!

公開日延期など、不穏なムードが流れていたスター・ウォーズ8ですが、2016年の2月に制作が開始され、ここで最初の予告編が公開されました!

スター・ウォーズ7の際同様、少しずつ情報が流されるようで、今回の予告編からわかるのは、世界遺産に登録されているスケリッグ・マイケルで、レイがルーク・スカイウォーカーにライトセーバーを渡そうとしているシーンのみ。この予告編が公開された時点では、まだスター・ウォーズ7が公開されているため、あまり多くをネタバレできないという意図が含まれているものでもあると思います。

2017年4月、第2の特報(日本版)が公開

さらに続けて公開された予告では、伝説のジェダイであるルーク・スカイウォーカーからフォースの教えを受けるレイの姿が映し出されました。「落ち着け。心を鎮めるのだ」というジェダイマスターを思わせるセリフが。

そしてミレニアム・ファルコンやX-ウイングも登場する戦闘シーンが挿入されたのち、ルークの「ジェダイは滅びる」という意味深な言葉とともに第二弾予告編は締めくくられます。

監督はライアン・ジョンソン

『ルーパー』

エピソード8『スター・ウォーズ /最後のジェダイ』の脚本・監督を務めるのは、『LOOPER/ルーパー』や『BRICK ブリック』などで知られるライアン・ジョンソンです。長編映画デビュー作『BRICK ブリック』は2005年のサンダンス映画祭で審査員特別賞を受賞しており、早くから注目されていた映画監督です。

『エピソード7/フォースの覚醒』でメガホンを取ったJ.J.エイブラムスは、今作では製作総指揮を務めています。

『スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ』キャスト最新情報

デイジー・リドリー/レイ役

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でヒロイン・レイを演じ世界中を魅了したデイジー・リドリーはもちろん出演します。エピソード8では、ルーク・スカイウォーカーからジェダイの訓練を受けるということになるのでしょうか。

デイジー・リドリーは2016年に全米公開されるスタジオジブリアニメ『おもひでぽろぽろ』で主人公タエ子の英語版声優を担当することも決定しています。

オスカー・アイザック/ ポー・ダメロン役

ポー・ダメロン役のオスカー・アイザックの続投が決定しています。ポー・ダメロンは反乱軍の主力戦闘機X-ウィングを操縦する優秀なパイロットで、物語のカギを握るキャラクターです。

オスカー・アイザックは2016年8月日本公開の映画『X-MEN:アポカリプス(原題)』で、ヴィランのアポカリプスを演じることが決まっています。

ジョン・ボイエガ/フィン役

John Boyega was all smiles at the #StarWars: #TheForceAwakens #RedCarpet Event LIVE on StarWars.com

Star Warsさん(@starwars)がシェアした投稿 -

メインの3人のひとりであるフィンは『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のラストで重傷を負い結局目を覚ますことはありませんでしたがエピソード8に出演が決定しています。

ジョン・ボイエガは2016年全米公開予定の映画『ザ・サークル(原題)』で、エマ・ワトソン、トム・ハンクスと共演することが決定しています。

アダム・ドライバー/カイロ・レン役

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』にてハン・ソロ、レイア姫の息子であることが判明したカイロ・レンを演じるアダム・ドライバーも、もちろん出演します。

アダム・ドライバーは『スター・ウォーズ』シリーズのほかに、2012年から続く人気テレビドラマ『Girls』に2016年も引き続き出演、遠藤周作の小説が原作の映画『沈黙』をはじめとした映画3作に出演することも決定しています。

マーク・ハミル/ルーク・スカイウォーカー役

#ThrowbackThursday - Yet another example of the excellent jackets worn in #StarWars.

Star Warsさん(@starwars)がシェアした投稿 -

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のラストでついに姿を現したルーク・スカイウォーカーを演じるマーク・ハミルももちろんエピソード8に出演します。

キャリー・フィッシャー/レイア役

Leia Organa: Senator. Princess. General. Fashion Icon. #StarWars #FashionWeek

Star Warsさん(@starwars)がシェアした投稿 -

キャリー・フィッシャー演じるレイアも、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に引き続ぎレジスタンスの将軍として登場します。

ドーナル・グリーソン/ハックス将軍

『スターウォーズ』 ハックス将軍

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のラストで、カイロ・レンとともに脱出したであろうハックス将軍もエピソード8に登場します。

ドーナル・グリーソンは2016年に出演作3本が日本で公開されます。2月6日公開のアンジェリーナ・ジョリー監督作品『不屈の男 アンブロークン』、4月公開のレオナルド・ディカプリオ主演映画『レヴェナント 蘇えりし者』、7月公開のシアーシャ・ローナン主演のアカデミー賞有力候補『ブルックリン』どれも要注目の作品です。

グウェンドリン・クリスティー/キャプテン・ファズマ役

『スターウォーズ』キャプテン・ファズマ

ストーム・トルーパー隊を率いるキャプテン・ファズマを演じていたグウェンドリン・クリスティーの出演も決定しています。

ルピタ・ニョンゴ/マズ・カナタ

"I see your eyes... I know your eyes." Maz Kanata in #StarWars #TheForceAwakens.

Star Warsさん(@starwars)がシェアした投稿 -

伝説の海賊マズ・カナタを演じるルピタ・ニョンゴの出演も決定。『スター・ウォーズ フォースの覚醒』で古城を破壊されてしまいましたが、エピソード8ではどこを根城にしているのでしょう。もしかしたら、反乱軍と共同戦線を張るなんてことも?

アンディ・サーキス/スノーク

The Supreme Leader demands that you wish Andy Serkis a happy birthday! #StarWars #TheForceAwakens

Star Warsさん(@starwars)がシェアした投稿 -

『スター・ウォーズ フォースの覚醒』ではホログラムのみの出演だった最高指導者スノークももちろん登場。アンディ・サーキスは2017年に本作以外にも『猿の惑星』続編や『ジャングルブック:オリジンズ(原題)』などに出演することが決定しています。

マックス・フォン・シドー/ロア・サン・テッカ

『スター・ウォーズ フォースの覚醒』でルーク・スカイウォーカーの地図をポー・ダメロンに渡したロア・サン・テッカの登場も決定。演じているのが名優マックス・フォン・シドーということもあって、エピソード8では出番が増えるのではないかという噂もあります。

『スター・ウォーズ /最後のジェダイ』から登場するキャスト

ローラ・ダーン

『ジュラシック・パーク』『パーフェクト・ワールド』などで知られる女優ローラ・ダーンの出演も決定。役名は発表されていませんが、『わたしに会うまでの1600キロ』でアカデミー賞にノミネートされたことも記憶に新しい名女優ですので、今作でも重要な役どころを担う可能性があります。

新キャスト発表!ベニチオ・デル・トロが選ばれる!

ベニチオ・デル・トロ

ダース・ベイダーやダース・モールなど、『スター・ウォーズ』シリーズの悪役には主役にも勝るほどの人気キャラが勢揃いです。エピソード8では、そんな悪役をベニチオ・デル・トロが演じることに決定しました。

1967年2月19日、プエルトリコに生まれたベニチオ・デル・トロ。大学時代に演劇に熱中し、大学を中退して演劇の道を志し、テレビシリーズ『マイアミ・バイス』などに出演し、1988年の『ピーウィー・ハーマンの空飛ぶサーカス』で映画デビューを果たしました。

2014年『マイティ・ソー ダーク・ワールド』、同年の『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』に出演し、また2015年11月21日公開の『リトルプリンス 星の王子さまと私』では声優として出演しているベニチオは、どんな役もこなせる実力派です。

そして新人、ケリー・マリー・トランがキャストイン!

The Emperor commands it. #HappyHolidays #StarWars

Star Warsさん(@starwars)がシェアした投稿 -

新キャスト発表で最も周囲を賑わせることになったのはこの女優です。

2016年の2月に公式サイトにてケリー・マリー・トランという女優がスター・ウォーズ8に出演することが発表されました。主にテレビシリーズやインターネットコメディー番組を主戦場とする女優なようで、映画への出演はほとんどありません。またテレビ番組もコメディー系の番組が多く、インターネットにも様々なおもしろ動画を載せているようで、スター・ウォーズへの出演には、世界が驚かされています。

ケリー・マリー・トランがどういった役での出演になるかは決まっていませんが、スター・ウォーズにはジャージャービンクスやC3POなどコメディ要素を取り入れたキャラクターも存在するため、彼女もそういった路線で登場するのではないかとのいう憶測もあります。

女性キャストの候補も明らかに

2015年9月段階で、エピソード8の女性キャストの候補として3人の名前が上がっています。キャスティングはまだ始まったばかりですが、デイジー・リドリー同様新進気鋭の女優が登用される可能性も大です。

カナダの女優タチアナ・マスラ二ー

1人目はカナダの女優タチアナ・マスラ二ー。1985年9月22日生まれのマスラニーは、9歳のときにミュージカル『オリバー!』でデビューしました。2004年の『ウルフマン リターンズ』で長編映画デビューし、2010年には日本映画『トイレット』にも出演しています。

『スター・ウォーズ』シリーズ初となるスピンオフ作品『Rogue One(原題)』でも主人公の最終候補に残っており、エピソード8への出演も期待されます。

アメリカの女優ジーナ・ロドリゲス

候補の2人目に上がっているのが米女優のジーナ・ロドリゲス。ロドリゲスは1984年7月30日にアメリカのシカゴに生まれました。2014年のコメディドラマ『Jane the Virgin(原題)』では第72回ゴールデングローブ賞主演女優賞を受賞しており、今各方面から注目されています。

イギリスの女優オリヴィア・クック

『ぼくとアールと彼女のさよならぼくとアールと彼女のさよなら』

最後の候補はイギリスの女優オリヴィア・クックです。1993年12月27日、イギリスのマンチェスターに生まれました。

2014年『シグナル』や同年の『呪い襲い殺す』など、ホラー映画への出演が多いクック。2015年のサンダンス映画祭でグランプリと観客賞を受賞した『Me and Earl and the Dying Girl(原題)』ではヒロインを演じました。

最後のジェダイは一人じゃない!?

これまで『フォースの覚醒』に続く第8作のタイトルがどうなるのか、色々な憶測がファンの間で飛びかっていましたが、ついにシリーズ第8作のタイトルが『最後のジェダイ』であることが発表されました。

すると、ファンの興味が”最後のジェダイ”とは一体誰のことを指すのかということにシフト。

まだ、最後のジェダイが誰であるかは分かりませんが、どうやら1人ではないことは確かなようです。フランス語、イタリア語など多くのヨーロッパの言語では英語の"THE"にあたる定冠詞によって複数か単数かを判別することができます。

今回発表されたヨーロッパ版タイトルに男性複数を表す定冠詞が含まれていたため、最後のジェダイが複数である可能性が高くなりました。

音楽は前作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』も担当した作曲家ジョン・ウィリアムズ

Wishing the happiest of birthdays to the Maestro of the Movies, John Williams! #StarWars

Star Warsさん(@starwars)がシェアした投稿 -

オーケストラの指揮なども務める音楽界の巨匠が、音楽総指揮を務めます。前作の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でも担当しており、2019年7月に公開予定の『インディ・ジョーンズ』シリーズ最新作の映画の音楽も担当しています。これまでに数多くの作品を手がけていることもあり、本作でも壮大なものが期待できそうです。

2015年9月から撮影開始!

From our tribe to yours, #HappyHolidays. #StarWars

Star Warsさん(@starwars)がシェアした投稿 -

『スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ』の撮影は既に進められています。J.J.エイブラムス監督含むスタッフ一同は、2015年9月末にアイルランドのスケリッグ・マイケル島(上写真)で撮影を行うと発表しました。当初は『エピソード7/フォースの覚醒』の追加撮影と噂されていましたが、実はエピソード8の撮影だと分かり映画界はにわかに浮き足立ちました。

撮影地であるスケリッグ・マイケル島はユネスコ世界遺産に登録されており、厳重な監視のもとで撮影が行われるようです。

しかし、世界遺産として守られている場所であるからこそ、息を飲む映像が生まれ観客を異世界への旅に引き込んでくれるはず。

撮影現場写真が公開!

前作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』で初登場したマズカナタがスクリーンに写されている様子がおさめられています。今作ではどのように登場するのでしょうか。

撮影でキャストが使用すると思われるマントの一枚です。監督のライアン・ジョンソンが自身のtumblrで公開しました。撮影は順調に進んでいるようです。