『マッドメン』でトゥルーディーを演じたアリソン・ブリーが美しい!【画像】

2017年7月6日更新

カリフォルニア出身の女優アリソン・ブリー。大人気ドラマ『マッドメン』への抜擢で一気に注目を集めます。彼女のプロフィール、出演作品、またこれからの公開予定作品などをご紹介します。

アリソン・ブリーのプロフィール

アリソン・ブリーは1982年12月29日生まれ、カリフォルニア州出身の女優です。ロサンゼルス近郊のサウスパサディナで育ちました。

子供の頃から演技に興味を持ち、地元の劇場に出演していました。彼女が最初に演じたのはトトという「オズの魔法使い」の主役ドロシーの飼い犬の役でした。2001年に高校を卒業後、カリフォルニア芸術大学で演劇を専攻し、スコットランドの英国王立スコットランド音楽院でも演技を学びました。

卒業後は舞台、テレビ、映画など様々なメディアに出演。舞台ではシェイクスピア作ハムレットの悲劇の美少女オフィーリアを演じ、テレビではディズニーの『ハンナ・モンタナ』に出演、その他に2007年『ボーン(原題)』などのインディーズ映画に主役としてに出演しています。

2007年人気テレビドラマ『マッドメン』でトゥルーディー・キャンベルを演じ、注目を集めます。その後2011年『スクリーム4』、2012年の『憧れのウエディング・ベル』など映画、テレビを中心に活動をしています。

アリソン・ブリーの主な出演作

ドラマ『コミ・カレ!』(2009年~)

グリーンテールという名の架空のコミュニティカレッジでの人間ドラマを描いたコメディドラマです。アリソン・ブリーは完璧主義の秀才、アニー・エジソン役で出演しています。

映画『スクリーム4:ネクスト・ジェネレーション』(2011年)

カリフォルニアのとある田舎町ウッズボローを舞台に起こる連続殺人を題材にしたホラー映画『スクリーム』シリーズの第4作目。

アリソン・ブリーはレベッカ・ウォルターズという広報担当者を演じています。主人公のシドニーが本を出版し、その広報活動で舞台となったウッズボローを訪れます。

映画『憧れのウエディング・ベル』(2012年)

『ヴィクトリア女王 世紀の愛』、『オール・ユー・ニード・イズ・キル』などに出演のエミリー・ブラント主演のロマンティックコメディ。アリソン・ブリーは、エミリー・ブラント演じるヴァイオレット・バーンズの姉、スージー・バーンズを演じています。

『マッドメン』のトゥルーディー役でブレイク!

『マッドメン』は2007年から放映されている大人気ドラマで、ゴールデングローブ賞ドラマシリーズ部門作品賞を3年連続で受賞しています。

このドラマは1960年代のアメリカニューヨーク広告業界で働く人々を描いています。アリソン・ブリーはトゥルーディー・キャンベル役で出演しています。

トゥルーディーにはピート・キャンベルという出世欲の強い夫がいて、勤務先のスターリング・クーパーという広告会社でライバル達を手段を選ばず蹴落とそうとします。仕事優先のピートにも不満を持ち、結婚後もなかなか子供に恵まれなかったため、夫婦関係がぎくしゃくしてしまいます。

「最も理想的な女性99人」で第2位に!

男性向けのオンライン雑誌Askmenで2014年に発表された「最も理想的な女性99人」の第2位に選ばれたアリソン・ブリー。上品さとセクシーさのバランスが取れたルックスが男性たちの心を掴みました。

またAskmen以外にも2011年に男性誌Maximで「最もホットな女性100人」で49位に、2013年には国際的に出版されているFHM(男性向け生活雑誌)の「世界で最もセクシーな女性100人」で56位にも選ばれています。

アリソン・ブリーの今後

2015年『スリーピング・ウィズ・アザー・ピープル(原題)』

優しいけれど女たらしの男ジェイクと、浮気がやめられない女性ライニーとの恋を描いています。浮気者のふたりが肉体関係を持たない恋愛関係を通して自分自身を変えていこうとするロマンティックコメディです。

2016年『ハウ・トゥ・ビー・ア・シングル(原題)』

ニューヨークを舞台に6人の独身男女が運命的な出会いを求めて奮闘する姿を描いたロマンティックコメディ。アリソン・ブリーの役名は2015年10月現在まだ発表されていませんが、魅力的な彼女の役どころに期待です。