2017年7月6日更新

おすすめドキュメンタリー映画9選【洋画編】

これから公開のドキュメンタリー映画の中で、おすすめの洋画を9つ、選出しました!一言にドキュメンタリーといってもその幅は広く、恋愛物、歴史物、社会問題まで様々な作品があります。あなたのお気に入りの一本を見つけて、是非映画館に足を運んでみてください!

世界一長生きで幸せな島の住人に学ぶ、「幸福白書」

10月11日公開です。

【あらすじ】 エーゲ海にうかぶ、イカリア島。その島の人々は、世界一長生きで、幸せと言われます。「人生は美しい」そう語るイカリア島の住人たちからは、自分が忘れかけていた大切なことをを、思い出させてもらえます。

バレエを愛する全ての人に贈る本格ドキュメンタリー

11月8日公開です。

【あらすじ】 パリ・オペラ座の頂点 エトワールを16年間つとめたアニエス・ルテステュの2013年アデュー公演『椿姫』までの2年間を追いかけた、貴重なドキュメンタリーです。名場面の数々と、豪華な出演者のコメントは、バレエファン必見です!

マンガに革命を起こした「劇画」発明者の半生を描く

手塚治虫が嫉妬し、世界中から絶賛される、「マンガ」の生みの親・辰巳ヨシヒロの半生を描く。5つの自伝的な短編マンガが、最新の技術で動き出す。彼を知らずして現代のコミック、アニメーション、マンガは語れない。

タンゴと人への愛に満ち溢れた音楽ドキュメンタリー

11月22日よりロードショー

【あらすじ】 アルゼンチンの歴史にある多くの悲劇を、タンゴが反映している。ーーいや、タンゴの起源はフィンランドだ!果たしてどちらが本当なのか? タンゴのルーツはアルゼンチンと信じて疑わない3人のタンゴミュージシャンがタンゴのルーツを探るべく、フィンランドに旅に出る!タンゴと人への愛に満ちた、音楽ドキュメンタリー。

川の自由のを取り戻した者たちの感動ドキュメンタリー

11月22日より公開です。

【あらすじ】 アメリカには7万5千基のダムがある。ダムは川の流れを止め、魚を絶滅させる。そして期待されたはずのメリットはさほど生み出せていないーー。 「ダム取り壊し」は10年前なら「急進的」と、50年前なら「クレイジー」といわれた。川の自由のために挑戦者たちが挑んだ問題にクローズアップしたドキュメンタリー。

制作費3億3500万円!全編空撮の未体験ドキュメンタリー

日本版のナレーションを俳優・西島秀俊がつとめ、台湾を全編空撮で撮影された前代未聞の本作。美しいその風景は、予告編をみただけでも息をのむほどです。12月中旬公開です。

カメラが捉えた美術館ビジネスの裏側

original-3

アムステルダム国立美術館が再オープンに向け閉館され、再オープンに至るまでの物語。多くの困難を乗り越え、美術館に関わるすべての人々の姿を描く。普段みられない美術館の裏側を覗けるところも魅力的です。

1000ドルの薬より1曲の音楽を!音楽が認知症患者に起こした奇跡を捉えた感動のドキュメンタリー

personalsong_01

【あらすじ】 アメリカのソーシャル・ワーカー、ダン・コーエンが始めたipodを使った音楽療法プロジェクト。それは患者たちそれぞれに好きな音楽を聞かせて、オンんがクから多くの記憶を呼び戻そうとする画期的な実験。効果は絶大だった!3年間に及ぶ密着取材の中でカメラが捉えた奇跡の瞬間の数々。認知症やアルツハイマー病に苦しむ孤独な人々が、音楽によって記憶を呼び起こし、再び生きる喜びを得て涙を流し、希望に満ちた表情で歌い始めたのだ!

引き裂かれた韓国人と日本人の70年にわたる一途な愛

o0380026213068363457

遺された絵画は今や億の値がつくというイ・ジュンソプ。韓国で彼の名を知らない者はいないそうです。彼とその妻の愛についてのドキュメンタリーは12月より公開です。
【あらすじ】 第二次世界大戦のさなか、財閥令嬢・山本方子は朝鮮人留学生イ・ジュンソプと恋に落ちる。命懸けでイ・ジュンソプのいる韓国に嫁いだ方子だったが、幸せの日々は朝鮮戦争により失われていった。離ればなれになりながらも想い合う二人は、唯一の通信手段である手紙によって200通以上にわたるやり取りをかわす。
引用:u-picc.com