2017年12月14日更新

映画とともに心弾むハッピーなクリスマスを。クリスマスに家族で観たい映画8選

『恋人たちのクリスマス』絵本ページ

楽しいイベントも多いクリスマスに、家族で一緒に観たい、心が弾むおすすめ映画を8作品選出しました。名作から、意外と知らない作品まで…今年のクリスマスは、家族そろって映画鑑賞なんて、いかがでしょうか。

クリスマスの日、家族に置き去られた子供は……不朽の名作

saeko 名作!!! 毎年クリスマスシーズンに観たくなってTSUTAYA行くと高確率で全部貸し出し中になってるから争奪戦 教会のシーンではボロ泣き つかの間の一人暮らしをエンジョイするところは可愛くて 泥棒撃退の過程は楽しくて 最後にまたボロ泣き とにかく主人公が可愛すぎる

少年ケビンの家族が、ケビンを残しパリに行ってしまいます。クリスマスのうきうきした気分に浸りつつ、ひとりで家にいられることではしゃいでいるケビン。しかし、家に誰もいないと思った泥棒が、なんとケビンの家に侵入してしまいます。 クリスマスのムードと、泥棒を撃退するハラハラ、そしてケビンのいたずらがマッチしたホーム・コメディの代表作です。

サンタを信じない子供の元に現れたのは、夢の汽車だった!

namizumishi 本当映像がきれい。クリスマスのワクワク感がすべてつまってる。みんなに観てほしいと思う作品。

サンタなんかいない。そう思い込んだ少年が、クリスマス・イブの夜、早々とベットに潜り込んでしまいます。しかし、日付が変わるまさにそのとき、外から轟音が聞こえ始め、そこには蒸気機関車が現れ……。 有名な絵本をCG映画化、トム・ハンクスの大活躍が見もの。さらにエアロスミスのスティーヴン・タイラーの出演も押さえておきたい作品です。

ブラックな雰囲気も抜群! ティム・バートンの代表作

kaname_ibuki ちょっぴりダークな世界観。 本当なら気味悪いデザインも、 クレイの丸さで柔らかく可愛く感じられる。

ハロウィンタウンの住人たちひとりひとり ちゃんとした設定があってデザインがある。 そんな彼らに音楽がしっくりくる。 そりゃそうだ。 最初に音楽が出来ていて、 それに合わせてつくったらしいのだ。

ジャックもサリーも素敵だが、 博士も小鬼たちも、そしてブギーも! とにかく魅力的なので飽きない。

ハロウィンの国の王・ジャック。彼は自分の国には存在しないクリスマスの世界を覗いたことがきっかけで、クリスマスを実行しようと計画します。しかし、ハロウィン風にアレンジされたクリスマスは、あまりにもおどろおどろしいものでした。 ジャックと恋人のサリーの恋と、ブギーマンとの戦い、そしてクリスマスを描いた、ティム・バートン渾身の人形アニメです。

冷たい男の元に大切なものを教えに現れたのは、3人の幽霊だった

skr_icj 大好きなクリスマスキャロルの現代版アレンジ。過去、現在、未来を見つめて大切なことに気付く。月日が流れると忘れてしまいがちなことを思い出させてくれる素敵なストーリーで、ラストシーンで号泣。ゴーストが現れるときの音楽が好き。

社内外問わず嫌われている、テレビ局の社長・フランク。嫌われている理由は、お金へのがめつさと傲慢な性格のため。そんな彼はあるクリスマス・イヴに、3人のゴーストと出会います。ゴーストたちが見せるのは、フランクの過去・現在・未来の姿です。 ディケンズの描いた「クリスマス・キャロル」の世界観を、リチャード・ドナー監督の手を加えた、珠玉の作品です。

聖夜に赤ん坊を拾ったのは、3人の浮浪者!?

namizumishi すべての出会いは運命なのかもしれない。そう思うと周りの人が愛しくなる。不器用な人たちが支えあって、切なさありつつ疾走感もあり本当におもしろかった。毎クリスマスぜひ観たい。

新宿の片隅でホームレスをしている、ギンちゃんとハナちゃん、そしてミユキ。年齢も性別のバラバラな3人はクリスマスのある日、赤ちゃんを拾います。子どもに憧れるハナちゃんに引っ張られ、少ない手がかりの中、力を合わせて赤ちゃんの親を探します。 原作・監督を今敏が務めた、友情と愛情の詰まった作品です。

夢や希望を信じることの大切さを教えてくれる

whentheycry 人に信じてもらうことの大切さ、純粋な子供をちゃんと導く大人の大切さ、信じることの大切さを教えてくれる映画だった! 少し小難しく感じるところもあったけど家族で見たら1番いいと思う!

妖精のジャックがサンタに言い渡されたのは、悪夢を見せる精霊・ピッチを止めること。ピッチの企みは、子どもたちに悪夢を見せることで、闇に包まれた世界に変えることでした。この企みを止めるため、ジャックと妖精たちが力を合わせ、ピッチに向かっていきます。 絵本作家ウィルアム・ジョイスが描いた世界観を、3Dで映像化。家族で見たいファンタジー作品です。

クリスマスに贈られたものは、奇妙な生き物だった。ブラックジョークもふんだんな1本

taichimachima 色んな要素が十分に詰め込まれたファミリー映画の傑作。ギズモのかわいさといったらもうたまらん。

クリスマスの夜、ペルツァーが息子・ビリーへのプレゼントとして選んだのは、「モグワイ」という動物。モグワイは「ギズモ」と名付けられ可愛がられます。 しかし、実はこの動物には、3つの守らなければならないことが存在します。この約束事はビリーによって破られてしまい、町は悪夢へと変貌してしまうのです。モグワイの身体から生産されたグレムリンと、ビリーたちの戦いにヒヤヒヤする1本です。

お嬢様犬と野良犬のロマンス!ディズニーが贈る、ハートフルアニメーション

1231 お嬢様レディと野良で風来坊のトランプがおくる最高にロマンチックな映画。王道といえば王道だけどやっぱり最高だね。特にスパゲッティのシーンは本作の代名詞ともいえるほどのもので、一番好きなシーンだ。保健所のシーンは怖かったけれどそれらを乗り越えて育んだ愛は感動もの。

コッカースパニエルの血統書付きのレディ。しかし、レディの飼い主である夫婦に子どもができたことで、レディは寂しさを募らせていきます。 そんな中で彼女が出会ったのは、自由気ままに生きる野良犬・トランプ。 家の中で生きてきたレディは、自分で生きる道を切り開いていくトランプに徐々に惹かれていき……。レストランでレディとトランプがスパゲティを一緒に食べるシーンが印象的な、ディズニー珠玉のアニメです。